Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/72-3fdfe2b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

津島派に再チャレンジ?

総裁選が終わり、安倍内閣がスタートしました。新聞等でご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私もこのたび古巣の津島派に再チャレンジする事になりました。私としては今回の総裁選挙で派閥を離れた総裁選挙が実現するかと思い、かなり期待したのですが、残念ながら、まだまだ派閥の括りは強いように思いました。私が昨年の選挙で当選させていただいた後、長年お世話になった平成研究会を離脱し、無派閥となったのも小泉改革が派閥政治を無意味なものとし、これからは派閥の論理で動く時代ではなく、政治家ひとりひとりが独自の考えをもって行動していく時代だと確信したからであります。今回の総裁選もそのように動くものだと思っておりました。しかし、結果は冒頭述べたとおりでした。「無派閥」も一つの派閥になってしまい、ポスト狙いの動きが凄まじいものである事も実感しました。私は今回の総裁選、当初、鳩山邦夫代議士の自然との共生プログラムに共感を覚え、鳩山邦夫代議士と行動を共にするつもりでありました。しかし、鳩山邦夫代議士が立候補を断念せざるを得なくなったため、麻生太郎外務大臣と鳩山邦夫代議士との間を取り持ち、連携を図りました。それなりに成果はあったのですが、総裁選後に麻生支持に引き込んだ鳩山邦夫代議士から、逆に津島派復帰を要請されました。大変悩み、内心忸怩たるものもありますが、派閥政治がしばらく続く事が明らかになった今となっては、自分の我を通したところでどうにもなりませんし、どこかの派閥に所属したほうが活動しやすいことは言うまでもありません。以前から地元の皆さんからも、どこかの派閥に入ったほうがいいという声もいただいておりました。自分の務めは国の事を考え、地元と国のパイプ役を果たすことであります。昔からの仲間が多く、先代からの人脈が生かせる津島派であれば地元から要請された仕事もよりし易いに違いありません。幸い、昔の仲間たちも温かく迎えてくれました。無派閥でいた一年は大変勉強になりました。将来をしっかりしたものにする為にも、この経験を生かし、足元を見据えて、頑張ってまいります。地元の皆さんには事後報告となってしまったことを心よりお詫び申し上げ、今後も変わらぬご支援賜りますようお願い申し上げます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/72-3fdfe2b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。