Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/609-9da29cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新党乱立!

こんにちは、戸井田とおるです! 元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

※「カチッ」とクリックを宜しくお願いいたします。

「国民新党」→「みんなの党」→「たちあがれ日本」→「日本創新党」新政党が目白押しだ。
一瞥して、一回で覚えられる政党名は、何と言っても「みんなの党」だろう。
うちの事務所に来る人で、いまだに「民主党」と「民社党」を同じように考えている人がいる。何遍教えても「民社党」と言って直さない。その人でも「みんなの党」は始めから間違えなかった。年寄りには、しっくり来ないのかもしれないが、ネーミングが悪いと言う言葉を聴いたことがない。
「たちあがれ日本」は石原慎太郎都知事が命名されたのだが、日中国交正常化の頃、タカ派の若手議員で結成された「青嵐会」も石原知事の命名である事はしれている。血判で一世を風靡した「青嵐会」も時代の波にかき消されようとしている。
あの頃、保守的な青年層はこぞって青嵐会を話題にしていた。派閥横断的に出来た「青嵐会」であったが、事が起きるたびに派閥からの横槍に崩れていった。あの時代の派閥は、三角大福中の時代で締め付けの強さは、今とでは天と地の開きがある。
その時代に出来た「青嵐会」の趣意書を見てみると以下の通りだ。

★★★★  ★★★★  ★★★★  ★★★★  ★★★★

「青嵐会趣旨」

『※自由社会を守り、外交は自由主義国家群との緊密なる連携を堅持する。
※国民道義の高揚を図るため、物質万能の風潮を改め、教育の正常化を断行する。
※勤労を尊び、恵まれぬ人々をいたわり、新しい社会正義を確立するために、富の偏在を是正  し、不労所得を排除する。
※平和国家建設のため、平和は自ら備えることによってのみ獲ち得られるとの自覚に則り、国民 に国防と治安の必要性を訴え、この問題と積極的に取り組む。
※新しい歴史における日本民族の真の自由、安全、繁栄を期するために自主独立の憲法を制定す る。
※党の運営は安易な妥協、官僚化、日和見化の旧来の弊習を打破する。』

「過去現在未来塾」の趣意書と比べて見て欲しい。

★★★★  ★★★★   ★★★★   ★★★★

「過去現在未来塾」設立の趣旨

『●我々は日本人としての誇りを持ち、優れた伝統と文化を紡いできた先人に感謝し、
より良い国にして次世代に引き継ぐ責任を果たすことを目指して活動する。

●1人1人が日本民族の長い歴史の中の一存在であることを自覚し、激動する世界の
中で日本の進むべき途を考えていく。

●国権の最高機関である国会においては、日本の末永い安寧を願い、国民の安全と繁
栄を確保することを基本として立法する環境を整える。
尚、日本の根幹を破壊する、「外国人参政権付与法案」「夫婦別姓制度法案」「戸籍
制度廃止法案」「偽装人権擁護関連法案」「1000万人移民推進法案」「二重・三
重国籍(重国籍)法案」や〈日本に居住していない外国人の子供にも「子供手当」を支
給する法案〉など、日本国の解体につながる法案を断固阻止する活動を実施する。

●国際化の時代における日本の在りかたとして、日米同盟を機軸とし、国連など国際
機関の趣旨を尊重しながら、日本の国益を損ねることのないよう国民の合意を優先で
きる環境を整える。

●資源の乏しい日本は科学技術の振興により、経済力を高め、環境、少子高齢化等の
制約を克服して、国民福祉の向上を図っていく。

●ゆとり教育を見直し、学力、体力を鍛え、情操豊かな子供を育てる教育改革を推進
する。教員を「労働者」から本来の崇高な「教育者」の立場に戻す。

●先祖の崇拝は我が国の美風であり、英霊の追悼は、靖国神社並びに全国の護国神社
で国民が日常生活の中で感謝と哀悼の意を表することができる環境を整える。
尚、未帰還の御遺骨115万柱は、最後の「1柱」までの御帰還を目指し、緊急に収
集事業環境を整える。

●拉致被害者帰還事業は、総理官邸に直轄の「拉致被害者帰国推進本部」を設置し
て、日本国の威信をかけて推進する。

●御皇室の弥栄を祈り、継承者問題に関しては、「過去現在未来」の国民の声に耳を
傾け「皇室の伝統」を尊重できる環境を整える。』

以上の主旨に則して当塾は運営されます。


★★★★★★  ★★★★★  ★★★★  ★★★★

「日本創新党の基本理念」

『わが国は長い歴史を通して、国の象徴たる天皇のもと、豊かな文明を築き上げてきた。
先祖を敬い、家族を大切にし、自然を畏れ、清く明るく正しく直い心を重んじた先人たちの歩みにより、日本ならではの自然観、倫理観、宗教観が形づくられてきた。また、いにしえより「言霊の幸う国」と語り継がれてきたことが示すように、豊かな言葉と感性によって多様で優れた文化芸術が生み出され、守り伝えられてきた。
さらにわが国は、諸外国の優れた文物を積極的に受け入れ、広く世界の衆知を集めることにより、つねに自らを高める努力を積み重ねてきた。

わたしたちの願いは、この歴史と文明を受け継ぐものとして、物心両面で豊かな国を築き、自らの知恵と力でこれを守り、美しく豊かで平和な日本を幾久しく次代へ受け渡し、そして、この日本の力を世界の安寧のために役立てていくことにある。

わたしたちは「ひとの幸う国」をめざす
わが国の力の源は、ここに住まう「ひとの力」にこそあった。道義が栄え、教育が栄え、諸々の技芸が栄え、智恵が豊かにあふれる国。人びとが自由のうちに自らの天分を追求し、実現させていくことができる国。万機を公論に決する民主主義の伝統を堅持し、国民がお互いの知恵を持ち寄って進むべき道を切り拓いてゆく国。それが、わが国のあるべき姿である。
またわたしたちは、これらの諸価値を重んずる諸国民と手を携え、より広く「ひとの幸う世界」をつくりあげることに貢献していきたい。

わたしたちは「いのちの幸う国」をめざす
日本人は、この豊かな自然の生きとし生けるものと共に生きる精神を培ってきた。この叡智を生かし、わたしたち各々のいのちを相互に尊重するとともに、かけがえのない地球のいのちを守っていくことこそ、わたしたちの崇高なる使命である。

わたしたちは「和の幸う国」をめざす
日本書紀がいまに伝える「憲法十七条」が、「和を以て貴しとなす」の一文からはじまるように、いにしえより、わたしたちは「和」の精神を重んじてきた。わたしたちは、これからも和を貴ぶ国であることを誓い、また、この精神のもと、和の先導者として国際平和の実現に力を尽くすことを誓う。
これらの願いを、日本の基本理念としてここに提唱したい。』

 これを読み進めるうちに、鳩山総理の施政方針演説「命を守りたい」と似たようなトーンを感ずる。こうした、趣意書は時代と共に変化して当然である。しかし、総理の施政方針演説や「日本創新党」の基本理念に共通するものは、枠の外から眺めた覚めた目である。第2民主党ではないのか?と思えてならない。

中共「対日政策綱領」を読んでいるとじわじわと追い詰められていく日本の姿が見えてくる。

戸井田とおる







水間条項と連携しています。

※第5回「丸坊主サロン」の講師は「万田酵素の会長松浦新吾郎氏」です!

    「醗酵を研究し尽くした松浦新吾郎氏の言葉に目から鱗の落ちる思いにさせられる」

  日時 5月15日(土)14:00~16:00

  場所 戸井田事務所2階会議室 (079-281-7700)
     姫路市本町68番地大手前ビル
  会費 2,000円
 *席に限りがありますので、早めのお申し込みをお願いいたします。

鳩山首相南京訪問阻止祭り
 南京訪問阻止祭りにご参加下さい!


楽天政治 LOVE JAPAN

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします


コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/609-9da29cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。