Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/571-09a26b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんな日本人がいた。

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

共同ニュースの記事で「占守島の日本軍戦車展示へ」と言う記事を見つけた。

 = 以下一部引用 =
「太平洋戦争で日本の降伏後にソ連軍と日本軍が交戦し、双方に多数の死傷者が出た千島列島最北端のシュムシュ島(占守島)に残る旧日本軍の戦車を、ロシア極東サハリン州が「歴史的な文化遺産」として今年9月を目標に州都ユジノサハリンスクの州立郷土史博物館で展示する計画を立てていることが27日、分かった。 
シュムシュ島では日本が降伏後の1945年8月18日未明、ソ連軍が上陸し奇襲攻撃。武装解除を進めていた日本軍守備隊と戦闘になり、日本側の調査などによると、5日後の停戦協定までに日本側約350人、ソ連側約3千人が死亡し、「終戦後の悲劇の島」として知られる。
ソ連側は招集直後の若年兵で構成した部隊だったため、島での訓練を重ねていた日本側よりも多くの犠牲者が出たという。
サハリン州によると、シュムシュ島には現在、10両以上の旧日本軍戦車が残るが、保存状態が良い1両を今年6月にサハリン州へ移送する予定。同州文化局のサベリエワ文化遺産保護部長は「シュムシュ島に残る戦車は文化遺産。日本にも残っていない型式で、展示を決めた」と話している。」

 = 引用終わり =

 当時、ソビエトもどんな意図があるのか解らないが、終戦後の8月18日未明に日本も降伏して、簡単に占領できると思って、奇襲作戦に出たのであろうが、「おっとどっこい」当時、日本軍には優秀な司令官がいた。その司令官は、第5方面司令官の「樋口季一郎中将」だ。

樋口司令官は、ポツダム宣言受諾後、ソビエトは間違いなく、占領する為に攻撃を仕掛けてくる事を予測していた。その時は、この戦いは自衛の為の戦いだから、躊躇することなく迎え撃てと指示を出していた。他の参謀達の意見は、「まさか日本軍は降伏しているのに責めてくることは無いだろう」
と言うものだった。しかし、樋口司令官は、「間違いなく攻めてくる。長年ロシアを研究してきた専門家としての結論だ。」結果は、樋口司令官の読みどうりに攻撃してきた。

旧日本軍は、終戦三日後に行われた、この防衛の為の戦いに勝利した。ソビエトは、北海道まで占領するつもりだったのです。もし、この時ソビエトの侵攻を食い止めていなければ、日本もドイツや朝鮮半島、ベトナムと同じく南北に別れていたのかもしれない。

以前、水間政憲氏から、スターリンから北方司令官のワシレフスキーに打電された北海道北東部を占領せよとの命令が書かれた電文とワシレフスキーからスターリンに対する返信文と二通を見せてもらったことがあります。手書きの文章だったのが印象に残っている。(ロシア語が解ったのかって?当時、青山学院大学のロシア問題研究の教授に見て頂きました。)

 因みに、この樋口季一郎中将は、1938年春、満州で陸軍の特務機関長の職にあった時に「満州里」と「オトポール」の国境地帯で、ドイツから逃れてきたユダヤ人が凍え死に寸前でユダヤ人協会の会長からの要請で、満鉄の総裁に連絡を取り、10両建ての列車13本(もしかしたら13両建ての列車10本だったかも?)を手配して2万人からのユダヤ人を救出したのである。その後、ドイツのリッペントロップ外相から本国に「満州でユダヤ人に協力している不届きな軍人がいる」と抗議電文が届いた。樋口特務機関長の上司は東條英機第2部長だった。東條の質問に樋口は、「目の前で、困っている人がいたら助けるのは日本人として当たり前の事だ。」「ドイツの内政の失敗を棚に上げて、日本に抗議をするとは見当違いも甚だしい。」「ドイツは同盟国とは言え、日本はドイツの属国ではない。」と答えたと言う。それを聞いた、東條英機第2部長は「そりゃそうだ!」と言って、それっきりその問題は終わってしまったと言う事だった。

なかなか、取り上げられないが、当時の軍人の中には、樋口季一郎中将のような方もおられ、また何かというと大東亜戦争の責任を押し付けられ、すべての原因が氏にあるかのように槍玉にあげられる東條英機元総理もこうしたエピソードから、日本人として軍人として誇りを持って仕事をされていたことが伝わってくる。我々は、戦勝国に隠された当時の真実を探し出し知り伝えていかなかればなららない、戦後の価値観に塗れた戦勝国に都合のいい作り話を真実にはしたくない。

戸井田とおる


鳩山首相南京訪問阻止祭り
 南京訪問阻止祭りにご参加下さい!


楽天政治 LOVE JAPAN


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/571-09a26b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。