Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/565-b9e1cc04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ご遠慮なさらずに」

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

今日は、平成22年2月22日で2並びの何となく良い事がありそうな日です。
2時22分に今日の日記がアップできたら…、なんて暢気な事を考えてます。
先日、中山恭子先生に御著書を頂きました。駐ウズベキスタン大使をされていた時の事を日記風に書いておられたもので、まだ全部読み終えた訳ではないですが、所々拾い読みしてて、ウズベキスタンの人々が日本人とよく似ていると言う事でした。日本人が持つ謙虚な遠慮深さを挙げておられました。日本でよく使う「ご遠慮なさらずに」と言う言葉がありますが、他のどんな国に言ってもほとんど使うことは無いが、ウズベキスタンでは「ご遠慮なさらずに」を多用したと書かれていた。それが心地よいとの事でした。

今日更新の水間条項に最近の「トヨタ」の問題を取り上げて、国際政治の厳しい現状を訴えておられました。

=引用開始=
< 国境線を一歩外に出ると、ビジネスの世界も常在戦場の情報戦との認識で挑まないと、トヨタのようなことはいつ起きても驚くことではない。

 2007年3月、米国誌が発表した消費者が選んだ、新車ベスト10ランキングはトヨタとホンダの車が独占していました。

 この事実を踏まえて、トヨタと米国政府の対応から、国際政治の現状を学んでいただきたいのです。
国際政治に於いては、必ずしも正義がすべてではない非情な現実を見定め、悪魔のように細心に天使のように大胆に振舞える訓練が、外国と直接拘わる日本人に必要なのです。>
=引用終わり=

日本人は、得てして相手も同じように考えるだろうと思いがちだが、中山恭子先生の話のように「ご遠慮なさらずに」なんて言葉は、国際社会では死語なのである。ましてや国家の生き死にが掛かっているような今のような時は猶更だ。米国議会の「公聴会」に招請された豊田章男社長も口が裂けても謝罪じみた言葉は使わないようにすべきだ。そもそも「トヨタ」の名前は語っても問題の「ブレーキペダル」現地調達ではないか。
先日新聞を読んでいて、街の熟練技術者の言葉で「仕事は魂を込めてするものだ。」と言うのに出くわした。何度も何度も頭で反芻してしまった。「トヨタ」の技術者もこんな気持ちを常に持ちながら自動車の開発に当たって来たに違いない。だからこそ米国の罠に嵌ってほしくない。「ご遠慮なさらずに」の日本人的な慎ましやかさが顔を覗かせないようにしなければ、国際社会は乗り切っていけないとは言うものの「いまの日本の技術者は大丈夫か?」の思いも脳裏に浮かんでこない訳ではない。どちらにしても気のもめる話である。
しかし、間違いなく言えることは、今の日本の政府は米国政府にやられることは間違いないだろう。

戸井田とおる



*3月13日(土)14時~16時の「丸坊主サロン」で、50年日教組と戦ってきた反日教組の闘士「伊藤玲子女史」が講師です。是非お聞きください。


*水間条項との連携をしています。

※「外国人地方参政権」に対する反対の意志を拡散しよう!

鳩山首相南京訪問阻止祭り
 南京訪問阻止祭りにご参加下さい!


楽天政治 LOVE JAPAN


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/565-b9e1cc04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。