Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/533-0d4aa89e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「侍」には「侍」の踏むべき道がある!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 鳩山由起夫首相の偽装献金問題の「決着?」について、挨拶回りをしながら考えていました。東京地検も考えに考えた末に「上申書提出」と言う落し所を考えたようですが、ある意味で総理に判断を委ねたのだと思います。武士の世界で言うなら自ら裁定する機会を与えたのだと思います。国民が納得する決着を自分で付けなさいということです。自ら切腹するチャンスを与えたのだと思います。
 話は跳びますが、池宮彰一郎という小説家の書いた「四十七人の刺客」という小説がある。忠臣蔵を新たな切り口で書いたものですが、その中で大石内蔵助が次のように語るくだりがあります。
 『侍には侍の踏むべき道がある。なさねばならぬ事と、為してはならぬ事がある自らかえりみて道にそむいたと思うたときは、法を俟たず自裁しておわる、それが侍の矜持と言うものだ・・・。』
 「侍」の文字を「国会議員」と読み替えても実にしっくりくると思うのは私だけではないはずです。地検の幹部と言うか検察庁の幹部は「日本国総理大臣」には「侍」であることを望んであのような判断がなされたのではないだろうか?ところが鳩山総理は「侍」どころか足軽以下であろうとしている事は戴けません。

 ところで、赤穂藩には兵法学者山鹿素行が仕えていたため、大石内蔵助も山鹿流の軍学を収めていた。山鹿素行は、こう言っている。『武士は民の師表であり、指針であらねばならない。日常身をつつしみ、廉恥を忘れず、いついかなることがあろうとも国(藩)の安泰を保ち、民の平安を守る。泰山富岳の重さと、北斗の星が示すたしかな方向を民に感じさせてこそ、武士の尊厳は保たれる』
国民は、足軽以下の総理大臣など見たくない。せめて「侍」であろうとする姿勢を見せて欲しいものです。日本国民であれば今回の鳩山首相と同じ事をすれば脱税で逮捕されるのではないだろうか?その事を国民はよく知っているから今回の「決着?」に7割以上の人が納得していないのだと思う。
 私は、邦夫先生にも「侍」である事を願っています。

戸井田とおる


* 水間条項の南京祭に参加しよう!
デイリーランキングに再び2,3,7位ゲット。2位「南京事件」日本人48人の証言、3位「南京事件」の総括、7位パール判事の日本無罪論。有難うございました。引き続き頑張りましょう!



楽天政治 LOVE JAPAN


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/533-0d4aa89e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。