Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/517-dd93e015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南京祭りに参加しよう!!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 水間政憲さんの水間条項で「七士の名誉回復と南京祭り」がアップされています。日本人に自虐史観が刷り込まれたのは、東京裁判が原点であります。南京問題が言われだしたのも東京裁判であります。爾来「パール判事の日本無罪論」や「『南京事件』の総括」の著者である田中正明先生は渾身の想いで次の世代に南京の真実を伝えるべくこれらの著作を残されました。
 また、「『南京事件』日本人48人の証言」の著者阿羅健一氏は「我々の父や祖父の世代が世に言われる『南京問題』を起こす訳は無い!」と言う強い信念から南京問題の研究家に転進され、日本全国に関係者を訪ね歩き本書を纏められたと伺っております。
 水間さんも田中先生の書生として南京問題に取り組み、田中先生亡き後、師の業績を引き継ぎ今日まで活動してこられました。「南京の実相」は水間氏と私の共闘の成果として、外務省とのやり取りの中から当時の国際連盟の会議録の中で中国のプロパガンダの原点と見られる資料を見つけ出し、世に問うものとして自民党歴史議連の名前で出版したものでした。
 いわば南京問題のほとんどは田中正明先生の著書の中に網羅されていると言っても過言ではないと思います。願わくば「南京祭り」を通じて田中正明先生の流れを汲む水間政憲さんや阿羅健一さんに光が当たってくれる事を願っています。
水間条項に「南京攻略戦とは、参謀本部から正式に「南京追撃」が下命された1937年11月28日から、南京が陥落した同12月13日までの期間を指すことになります。」と有ります。この期間を目前にして、新しい世代にアピールする意味を込めて、この期間は特に関連のコメントを歓迎いたします!

戸井田とおる


第2回「丸坊主サロン」
日時  12月12日(土) 14時~16時
場所  戸井田とおる事務所2F会議室
講師  阿比留瑠比 先生 (産経新聞記者首相官邸キャップ)
会費  2,000円
※注  会場が狭いので(150席程度)出席ご希望の方は、事前に電話か葉書にてご一報をお願いいたします。



楽天政治 LOVE JAPAN


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/517-dd93e015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。