Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/450-e778542d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女子差別撤廃条約選択議定書について

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心から感謝致しております!

 「またかよ!」「自民党しっかりして下さい!」コメント欄、メール、FAXで女子差別撤廃条約選択議定書の批准について、たくさんのご批判をいただきました。中には、人権擁護法から時間が経っていないせいか、自民党が手を変え品を変え、自由を制限する法案を検討しているように誤解されている方もおられますが、人権擁護法案は、国内法の問題でした、今回は、国際連合下で採択された条約の問題です。現在、与党自民党内でこの条約に批准すべきかどうか、委員会でヒアリングをしたり、議論を重ねているところです。
 私は、この女子差別撤廃条約の趣旨に賛成です。というと袋叩きに会いそうですが、世界を見渡すと宗教的、文化的背景もあるのでしょうが、女性の学ぶ機会を奪ったり、罪を犯した場合に男性に比べ格段に罪が重くなったり、女性に割礼を強要したりと、わが国では考えられないような女性差別が現在も行われているのが現状です。わが国を基準として考えるならば、こうした女性に対する人権侵害に対し、国連主導でなんらかのアクションを起こしていくことは必要であると思いますし、国連で1979年に採択され、現にわが国は、1985年に批准しております。
 しかし、30年経った今なお、まだまだ女性の人権が制限されている国がたくさんあります。今回問題となっている女性差別撤廃条約の選択議定書というのは、これまで批准国に各国の女性差別の実態を報告する程度だったものを国内で差別をうけた個人が国連に通報できるなど、内容をより進めたものになります。なかなか、女性の地位向上が浸透しない地域に対して、国連がより強い態度に出たということだと思います。未だ、女性がまともに守られず、政府の力が弱く女性への人権意識を啓蒙する力が無いような国にとれば、こうした条約も意味を成すと思いますが、だからといって、わが国が批准するかどうかは全く別の問題です。弱った体に薬を与えることは、当然ですが、病気でもないのに薬を飲めば、却って体調を損ねます。若者の間では「草食男子、肉食女子」なんて言葉が流行るほど、日本の女性はたくましい!
 以前、日本の高校生が「私服登校の自由」を国連に訴え出て、世界には服を着ることもできない子ども達がたくさんいる、制服を着られるだけ幸せだと他国から呆れられたという話を思い出しました。わが国がこの議定書に批准するよう推進するより前に、もっと世界の恵まれていない女性達に目を向けるべきではないだろうか。4月21日、しっかり自分の思いを伝えて参ります。

戸井田とおる


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/450-e778542d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。