Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/444-ec306926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

給付金で「日本無罪論」を買おう!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 『パール判事の日本無罪論』を、日本が主権回復した4月28日にアマゾンに予約(投票)して、「日本無罪論」に支持を表明しようとのイベント企画が進行している事を耳にしました。4月末なら給付金も出ているところが多いでしょうから、皆さん是非参加して下さい。


(引用開始)
4・28:東京裁判賛否国民投票

 1952年4月28日、日本が主権回復したその日に出版された『パール判事の日本無罪論』(田中正明著・小学館文庫)を、東京裁判否定の意思表明の「錦の御旗」にして、4月28日にインターネットは「アマゾン」、書店は「紀ノ国屋」をメインに予約(投票)を開始して下さい。

インターネットユーザーと保守系団体が、一致団結すれば、パール博士の「その時こそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するだろう」との、予言を実現することが出来るのです。

決行日は、2009年4月28日から1ヶ月間です。

ポスティング用チラシなど、あらゆる国民層に告知できるように、自由に転載して下さい。

【東京裁判賛否国民投票実行委員会】

戦後初のイベントですので、老若男女こぞって参加して頂けば、靖国神社参拝問題・ 「A級」戦犯合祀問題・ 村山談話・ 田母神空幕僚長更迭問題など、まとめて封じ込めることが出来るのです。歴史に刻まれる日本の分岐点になることでしょう。

自由に転載して下さい。

ジャーナリスト・近現代史研究家・水間政憲

『パール判事の日本無罪論』(田中正明著・小学館文庫)
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065

(引用終わり)


 東京裁判の日本側弁護団副団長の清瀬一郎先生は、私の亡父が13歳の時から書生として清瀬法律事務所に入所、途中応召、中国抑留を挟み、復員後に秘書として復帰させていただき、文部大臣秘書官、衆議院議長秘書と清瀬先生が昭和42年6月27日に亡くなられるまでお仕え、その後、清瀬先生の選挙地盤を引き継いで代議士に当選させていただきました。
 清瀬先生は、明治41年京都帝國大学独法科を主席卒業、京都帝國大学史上初の恩賜の銀時計を下賜されました。京都帝國大学の卒業生に恩賜の銀時計が下賜されたのは清瀬一郎先生が、初めてだと聞いております。 

 東京裁判では、実質上の弁護団長として、日本の名誉を護るため、「罪刑法定主義、法の不遡及」に違反していると開廷早々動議を提出した。その動議を全面的に認めた「判決」を出したのが、パール判事だったのです。当時、清瀬先生は『キーナンごとき田舎検事に法律論でこの清瀬が負けると思うかね。』と言っていたそうです。終戦後の六法全書さえ満足に無いときに、法廷の準備は大変だったと思います。その資料も一昨年まで、「法務省」から「国立公文書館」に移管されたまま、埃を被ってその存在も確認できていませんでした。生前、父から清瀬先生が亡くなられた時、法務省に全部寄付されたことを聞いていましたので、当時の日本の立場を明らかにするためにも確認し、公文書館にて整理公開するように国会質問で要求致しました、その後、公開されることとなり、現在、研究がなされていることと思います。

 最近、「パール判決書」に関する書物も幾つか出版されているようです。まず、全文は法学者以外は、読破するには一苦労されると思います。個人的には、東京裁判入門編として、小林よしのり氏の「パール真論」も一緒に読まれることをオススメします。漫画ですので、若い世代にも読みやすく、解りやすいと思います。そして解説本の中でも、最初に出版されたのが田中正明先生の「パール判事の日本無罪論」でした。清瀬一郎先生は、『日本が主権を回復するまで公にしない』との約束で内密に田中先生に「パール判決全文」を提供したと聞いております。その後、吉田茂首席全権により講和条約締結され、約束どおり全翻訳文が出版されました。当時、父が大事そうに抱えて帰ってきたのを覚えております。パール博士が田中正明先生を「日本の息子」と呼び信頼しておられた事を知っていたからこそ、清瀬先生は「パール判決書」を田中先生に託されたのだと思います。

「4・28」が、戦後初の東京裁判の評価に対する国民投票になるのであれば、パール博士の「時が熱狂と偏見をやわらげ、また理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、その時こそ、正義の女神はその秤を平行に保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するだろう」と、予言した「その時」がひょっとしたら来ているのかも知れません。そうだとすれば、こんな嬉しい事はありません。

 日本人として、東京裁判に対する意思表明として、4月28日に「パール判事の日本無罪論」を購入していただいて、ひとりでも多くの皆さんに読んでもらい、ひとりでも多くの国民に東京裁判がなんだったかを知っていただけることを願います。このイベントに大勢の方々に参加いただけるよう、皆さんも呼びかけにご協力下さい。

 戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/444-ec306926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。