Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/376-3c821895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「南京の実相」発売へ

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝いたしております!


10月29日に産経新聞が報道してくれました。記事は「南京陥落直後の1938(昭和13)年2月中国国民党政府の顧維釣代表が国際連盟理事会で『南京で2万人が虐殺された』と演説した議事録や、それに基づく対日制裁案が英仏に拒絶された事情を記した外務省機密文書などが収録されている。」と資料本としての価値を評価しています。
現在の我が国の閉塞状況の根本に「歴史認識問題」が影響しているのは事実です。それゆえ、我々が「南京の実相」を国民の前に提示したのであります。昨年6月19日の「南京問題の総括」を発表した記者会見にはAP、ロイター、AFP、中国の通信社、朝日、読売など国内外の記者が取材して、その後、歴史専門家の検証もされたでしょうが、反日メディアから批判はされませんでした。
それは、客観的一次資料を解説する形式を取り、主観的判断をさけたことによります。あくまでも読者本人が考えて判断できるようにしたからです。
「南京の実相」は、溶解する日本を止める一書として、保守思想の再集結の象徴として一票を投じるように手元に置いていただければと思っております。マスメディアには無視され、ジュンク堂や紀伊国屋書店など大手書店以外に配本されないでしょうから、アマゾンなどを利用したネットでの購入されることをお勧めいたします。
また、中川財務大臣、平沼赳夫先生、島村宜伸先生の推薦文と中山成彬先生のまえがきも掲載されており、ネット上の保守思想が形として国民の前に表出する象徴になることを願っております。

戸井田とおる




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。







コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/376-3c821895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。