Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/327-875912f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

責任はどこに?

こんにちは!戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

コメント欄でも話題になっておりましたが、福田総理がメルケル独首相に4月21日に起きたイエメン沖での日本郵船襲撃事件に対し、謝辞を述べなかったことを産経ニュースのコラムが取り上げていた。

明治時代にエルトゥールル号遭難事件という事件があった、これは遭難、沈没したトルコ軍艦の乗組員を日本人が救助し、犠牲者を手厚く埋葬し、他にも様々な支援をしたことで、我が国とトルコの今日までの親密な関係のキッカケとなった。今回は逆に我が国がドイツに助けてもらったが、こうしたことをキッカケに友好関係を築くのも外交策の一つだろう。
今回の会談で、せっかくのキッカケを逃してしまったことは残念だが、これは総理一人が責められて終わる話ではないと思う。本来、外務省がそういった情報を総理に上げ、会談の中で触れるようにしていなければならないはずで、どんな小さなニュースでも外交上プラスになる要素があり、国益に繋がることならば、会談前に総理に伝えておくのが外交のプロだろう。

もう一つ、私は恥ずかしながら、このコラムで初めて4月21日の事件があったことを知りました。事件の詳細を知ろうとネットで検索してみたが、どのメディアも大きく取り上げている気配はないし、コラムで取り上げた産経ニュースでは報じられていたが「日本のタンカーが襲われた」程度に触れられているだけで、ドイツの駆逐艦に助けられたとは一言も触れられていない。もちろんコラムニストと記者は別であって、コラムで書かれていることも正鵠を得ているが、ニュースとして報ずべきことを報じてから批判なり評価なりをするべきではないかと思う。

外務省もマスコミも基準を「国益」に合わして行動していただきたい。そして、それを指し示すのも、その行動の責任も総理にある。

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/327-875912f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。