Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/313-b64c4d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

?循環農法見聞記


こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり心より感謝申し上げます!

 先日も触れましたが、五月の連休の合間を利用して念願の赤峰農場を訪れました。独自の循環農法で作られた有機野菜を季節ごとに送っていただき、おいしくいただいているのですが、いつも、どうしたらこんなにおいしい野菜ができるんだろう、どんな育て方をすればこんなおいしい野菜ができるのだろうと不思議に思いながらいただいてました。前々からそのおいしい野菜を作っている畑を見たいと思いながら、忙しさに紛れてなかなか実現しませんでした。
また、赤峰農場のある大分県臼杵市の後藤市長からも、「農業、漁業の振興には林業が欠かせない、今、臼杵市では森の再生に取り組んでいますから、一度見に来てください。」とお誘いをいただいていたので、この機会にとお邪魔させていただきました。地元から朝一番のリムジンバスで伊丹空港へ行き、伊丹から大分空港へ、大分空港からレンタカーで1時間半ほど。朝六時半に姫路を出て、お昼前に到着しました。赤峰さんは合気道の稽古を終えた直後で、道着姿で迎えてくださいました。「どうも、遠いところから!お昼まだでしょう、一緒にどうぞ。」挨拶もそこそこに合宿施設に移動し、お昼ご飯をご馳走になりました。赤峰農場では、年に数回、多くの皆さんに循環農法に触れてもらおうと二泊三日の百姓塾を開催されているようで、今回はその生徒さんとご一緒させていただきました。この日の百姓塾には、鹿児島県の本田志布志市長も参加されており、食事の準備中に意見交換をさせていただいた。

 お昼ご飯は、農場でとれたばかりの野菜と玄米ご飯とお味噌汁。うまいものが食えるぞと無理やり引っ張ってきた息子の顔をみると心なしか不満そうな表情をしている。ところが食べ始めると、どれもこれもうまい!「料理のおいしさ」ではなく「素材のおいしさ」とでもいうのだろうか、野菜もご飯も甘い!息子の顔から不満そうな表情が消え、びっくりしたような顔で「ここのご飯は、噛めば噛むほど味が出て、ウマい。」と言っていた。赤峰さんに聞くと「イセヒカリ」という伊勢神宮でご神前にお供えするお米らしく、貴重な種籾を伊勢神宮のご神田からいただいてきたものを増やし育てたものだそうだ。

 食事を終え、お昼から、後藤國利臼杵市長自ら自慢の森を案内して頂きました。広大な山林が不採算から放置され荒れ放題になっているのを見かねて、針広混交、草木共生の森づくりを進めておられます。安価な外材の輸入が進むに連れて、国内の林業は廃れ、多くの森が手つかずのままとなっておりますが、森の整備の必要性は、林業や防災の観点だけではありません。森を手入れすることで、山に養分が蓄えられ、雨水にそのミネラル分と養分が溶けて川に流れ出る、その川の水で田畑を潤し、残りの水も川と海の生物を豊かにする。牡蠣の名産地は、海はもちろん山も大切にすると聞いたことがあるが、同じ理由だろう。案内していただいている途中でも荒れ放題の森があちこちにありました。市長は、健全な森がどんなものか全く知らない私達に、事細かに解説してくださり、素人の私達にもその違いがよく理解できました。こうした健全な森を生み出すには、気の遠くなるような時間が必要なことを考えると慄然とさせられます。しかし、解決の方法は、ただひとつ、こつこつとやるべきことを黙々と積み上げる事それ以外にありません。日本の国土の7割が山林であることや山林の整備が林業はもちろん、農業、漁業、そして我々の生活にまで影響することを考えると、山林の荒廃の阻止は国を挙げて行って行かなければならない課題だと感じました。

戸井田とおる


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。





コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/313-b64c4d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。