Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/26-a9bf7bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北朝鮮問題

今朝、日課の靖国神社参拝に行こうと5時に起床し、テレビのスイッチを点けたところ、北朝鮮が複数発のミサイルを発射したとのニュースが報道されていた。元々、まともに話の通じる相手ではないことはわかっていたが、こうした暴挙に出たことに大変憤りを感じる。こんな行動を起こしたからには、日本政府としても何らかの制裁に出ることは確実だろうし、国連からも何かしらアクションが起きるだろう。北朝鮮にしてみれば、このまま退いてしまうとなし崩し的に崩壊してしまうという危機感があったのかもしれないが、今回の行動は自分で自分の首を絞める結果にしかならないだろう。
 日本は、第二次世界大戦後、戦争とは無縁の国家であり、いつの間にか「安全と水と空気はタダ。」と思いこむようになってしまった。マスコミも防衛力の議論になると過去の戦争や福祉優先を引き合いに出し、暗に批判的な論調に終始してきた。今回、日本政府が北朝鮮に対してとった行動に「まだ甘い。」という声が聞こえてくる。しかし、戦前の日本と現在の北朝鮮の状況にも雲泥の差はあるが、かつて日本はABCD包囲網を敷かれ、否応なく戦争に突入せざるを得なかった事を私たちは知っている。戦後、日本人が毅然とした態度を取らずに曖昧な対応を続けてきたことにも責任の一端はあろうかと思う。北朝鮮に対して甘い対応をしろと言うつもりは毛頭ないが、これから政府は追いつめない程度に毅然とした態度をとるという難しい舵取りを政府はとっていかなければならない。そして、国民もひとりひとりが国に関心を持ち、考えていかなければならない時代になったのだと改めて思う。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/26-a9bf7bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。