Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/235-869aa256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

30年

こんにちは!戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

一日で二つのブログを投稿することになりますが、ご容赦いただきたいと思います。今日、11月15日で横田めぐみさんが北朝鮮に拉致され30年が過ぎました。
北朝鮮の国家による非道な犯罪は未だ解決しておりません。

私の両親は、戦後、捕虜として中国に残留を余儀なくされました。兄と私は抑留生活の間に中国で生まれました。私が物心つく前に両親は復員し、私には当時の記憶はありません。ただ、幼いころの思い出話を家族でした時に当時の苦労を両親が問わず語りに話してくれたことは未だに思い出します。

一度、一番辛かった事は何かを聞いた時に、返ってきた答えは「遠い異国の土地でいつ祖国に帰れるかわからない思い」でした。結果は8年で帰ることになるのですが、帰る2~3日前まで帰れるとは分からなかったと父は言っていた。子どもの頃には理解できませんでしたが、母方の祖母がいつ戻るかわからない行方知れずの娘がどこかで誰かに世話になりながら生きているだろうと思って日々を送っていたと言っていた祖母の言い方に涙を流した。

父も母も当時いかに心細くとも、幼いながらも兄と私が居た事がどんなに心の支えになっていたか子供を持つ身になって両親の気持ちが良く分かる。まして成人にもなっていない、お父さんお母さんに甘えたい盛りの女の子がある日突然、拉致され見ず知らずの国交のない近くて遠い国に連れ去られた恐怖は想像もつきません。連れ去られた時の恐怖、全く言葉も通じず事情も分からない心細さを思うとき、北朝鮮の非道さが許せない!年老いた横田ご夫妻をテレビで見る時、改めて残された時間の少ない事が気になる。早く何とかしなければと強く強く思う!

戸井田とおる

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/235-869aa256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。