Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/218-2d0574c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歴史を捨てた国になるのか日本!


こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

日本は歴史を捨ててしまったのだろうか?
慰安婦問題の時も南京問題の時もそうだった。自分たちの知らない時代の我々の先祖の歴史をその資料を確認する事も無く、「やった」「やらない」、「あった」「無かった」と右や左にふらふら大騒ぎ、なんとも悲しくなってくる。自らの国の歴史も調べることなく外国の言い分にいとも簡単に振り回される政治家達がそこにいる。

マスコミも何を考えているんだか。自らの先輩が報道してきた事を調べもせず、揚げ足取りばかりの報道に終始している。ちょっと時間を掛けて調べさえすれば確認できる事なのに確認しようともしない。戦後占領軍によって、ずたずたにされた歴史の大切な資料をほったらかしにしていると言っても過言ではないと思う。

日本の公文書館の現状を少しづつお知らせして、皆さんのご意見をお聞かせいただきたいと思います。以前に一度書かせて頂いたと思いますが、今日本の公文書館は独立行政法人であります。いま行政組織の見直しが進んでいます。いずれ公文書館は民営化という事になるかもしれません。公文書館が民営化に馴染むはずがありません。

いまお隣の韓国は170億円の予算を掛けて世界に例の無い公文書館を作ろうとしています。人員も133人から倍以上に増員して、290人以上にしようとしています。人口4700万ほどの韓国が歴史文書の重要性を理解しているから、お金を掛けて整備しようとしているのだ。それに引き換え、日本と言う国は民営化の俎上に載せて公文書館を解体しようとしている。公文書館の人員を常勤者42人から3人減らして世界中の笑いものになろうとしている。公文書の重要性を国家に携わる公務員も政治家も全く解っていないと世界に公言しようとしているのだ。

人には命より大切なものがある。今日、自分がこの世界に存在するために多くの命の営みがあり、魂の叫びがあったことを思う時、その叫びに命の営みに思いを馳せる事の出来ない国家は、滅びたも同然であると思う。
(添付のグラフは各国の公文書館の人員を一覧にしたものです。左端が日本、右端がアメリカです。)

戸井田とおる

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/218-2d0574c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。