Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/19-e0ebd6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

卒園式


 3月は卒業のシーズン、姫路の様々な教育機関で卒業式、卒園式が行われています。様々なところよりご招待いただいており、大変ありがとうございます。出来る限り参加させていただき、お祝いさせていただいておりますが、どうしても都合がつかずに代理での出席、祝電でのお祝いとさせていただいているところもございます。この場を借りてお詫び申し上げます。
 今日は、保育園、幼稚園の卒業式にお招きいただき、参加させていただきました。私の子ども達が保育園児だった頃とは大違い、父兄の皆さんがカメラマンとなり、我が子の晴れ姿をカメラに納めんと奮闘されておりました。やはり、時代が変わったということを実感いたします。しかし、いくら時代が変わろうと親が子に愛情を注ぎ、守り育てることに変わりはありません。最近ではよく言われることですが、物心ついてからの教育よりも物心つくまでに、いかに多くの愛情を注ぐかが子どもの将来に大きな影響を及ぼします。物心がつけば人間は徐々に自立し、自分で学んで行くものですが、物心がつく3歳くらいまでは何もできない訳ですし、手を放してしまうと命を落としてしまうことすらあります。両親共働きの家庭も増え、0歳から保育園に預ける事も珍しくない時代となり、親が子に割く時間も減少しております。何も話せない乳児を育てる期間は、育てる側にとっても「親の直感力」を磨く大切な時間でもあります。その直感力がないと、子どもが育ち、何か問題を抱えていて親に助けを求めるシグナルを送っていても気付かずに見過ごしてしまい、良くない結果を招くこともあるのではないでしょうか?
 今の時代、自分たちの生活水準を維持するために共働きとなるのは致し方ないのかもしれませんが、育児の根幹は両親の愛情にあることを忘れず子ども達を育んでいってほしいと切に願います。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/19-e0ebd6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。