Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/176-61a85500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

参議院選挙とその後の政局


こんにちは!戸井田とおるです!

参議院選挙が終わりました。我が自由民主党にとっては、大変残念な結果に終わりましたが、地元の兵庫選挙区では鴻池祥肇候補をこの逆風のなか、前回の選挙の得票より若干減らしたものの、ほぼ同じ得票数で当選させていただきました。お手伝い、ご協力いただいた皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。

さて、自民党の歴史的大敗が伝えられる中、安倍総理の続投が伝えられましたが、疑問を抱いたのは私だけでしょうか?決して、総理の続投に反対するわけではありません。本人がこの苦境を乗り越え、再チャレンジされるというなら同じ党の議員として支えることにやぶさかではありません。しかし、日本国の総理であると同時に自由民主党の総裁でもあります。今回の参院選で多くの仲間が議席を失ったことの責任はとらなければなりません。

もちろん、続投というのも責任の取り方のひとつです。しかし、参院選が終わり、大敗が伝えられる中で誰にも相談することなく続投を宣言されたことは残念極まりない。総理の座を掴んだ時も一人で掴まれたわけではないし、今までも仲間に支えられて国政を担っていたはずです。そんな事でリーダーとして一人ひとりの心を掴む事が出来るのでしょうか?

かつての自民党では、派閥のトップに根回しをして、お膳立てが出来たところで、両院議員総会を開かれる。そして、責任を取るべき人が頭を下げ、一部の不満分子にガス抜きさせて、シャンシャンでお開きとなり、後は人事に目の色を変えていると言った具合ですが、そんな事で挙党体制が出来るのでしょうか?また、今はそんな時代でしょうか?

私は、ここは、小手先の策を弄することより、続投するなら続投するで、一度、両院議員総会を早急に開催すべきだと思います。正々堂々全自民党議員の前で頭を下げ、挙党体制を訴えるべきであります。今こそ、安倍総裁の姿勢を全議員が注目しています。時間が経てば経つほど、求心力が落ちていくと思います。

片草履片下駄の陣笠の心を掴まずして、どうして国民の心を掴む事が出来るのでしょうか?こそこそ密談を交わすことより、総裁ひとりで全議員を説得させる気概を持って欲しいものです。精神の張りが有れば、おのずと人が集まります!どん底まで落ちた私が言うのだから間違いない!
戸井田とおる

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/176-61a85500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。