Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/174-1371d504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発想は歴史問題と同じ中国の毒入り食品

こんにちは!戸井田とおるです!

 「ダンボール肉まん」は、ヤラセだったことが判明したが、だからといって中国産の食品は安全だと判断し、食べようとは思わない。そこまで、中国産の食品に対する信頼は失われている。私だけではない、普段は日本を貶めてまで中国の味方をするか、中国にとって都合の悪い報道は黙殺するマスコミですら、この問題に関しては、連日、中国産食品が危険だと報道している。

 先日、ある人が言っていた言葉に妙に納得してしまった、
「自分がある人から心底憎まれているとして、その人が出した食べ物を食べる気になる?」

 中国は、現在の市場開放が進む現状を見ると忘れがちになるが、中国共産党による一党独裁の国家である。日本のように、「気に入らないから政権交代!」とはいかない。そのため、外部に囮を立てて国内の不満を外にそらし、体制を維持してきた、我が国は、長きに渡りその囮役を務めてきた。中国では小さい頃から、徹底して「誇張された反日」が刷り込まれる。報道の自由も言論の自由もない国では、一方的な情報しか流されず、悲しいことに我が国の中にもそれを援護する勢力がいて、さらに「反日」はエスカレートし、作られた憎しみは増す一方だ。騙す人間よりも、騙される人間のほうが悪いと豪語する中国人が「商売、経済だけは別!」と言って、まともな取引をしてくれるだろうか。
 
 何も日本だけにとんでもない品を輸出している訳ではない。中国内でも、環境汚染が進み奇形や奇病が発生しているという。国内でこの有様だとすれば、わざわざ国内でとれる安全な品だけを日本に輸出していると考えるほうがどうかしているだろう。以前から言い続けているように、中国はしたたかな国だ、利用できるものはなんでも利用する。日本などいいカモにされ続けている。南京、慰安婦、化学兵器と歴史問題を通じて、そのことを訴えてきたがメディアはほとんどとりあげてくれなかった。今回のこの「毒野菜」「毒製品」問題で少しでも我が国と中国とのこれからの関係のあり方を考えるキッカケになればと思う。私も、次の国会でこの問題にも取り組んでいきたいと思っている。

戸井田 とおる

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/174-1371d504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。