Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/12-87f657f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

皇室典範改正

ここ三ヶ月ほど、毎日のように同じような内容のメールが大量に届く、皇室典範改正に関するメールである。私個人宛のものから、全国会議員に一斉に送られているものまで様々だ、どうやら私が内閣委員会の理事に名前を連ねている事も無関係ではないらしい、とにかく膨大な量なので、ひとつひとつに返事を出すこともできないため、このブログで私の考えを簡単に述べておきたいと思う。
 まず届くメールの内容を見ると、今回の改正に反対の意見がほとんどを占めている。先の選挙の争点となった郵政民営化法案にしても、賛成意見には及ばないまでも反対のメールは少なからず頂戴した。不思議なことに賛成の内容を書いたメールが全くと言ってもいいほどない。しかしマスコミの世論調査では、7割近くの人が女系天皇に賛成していると報道している。これは一体なんなのだろうか?
 おそらく、女系天皇に賛意を示している人のほとんどが女系天皇の危険性を認識しないまま、関心を持たないまま世論調査に答えているのではないだろうか?そして、女系天皇とは何なのか、なぜ皇室は男系でなければならないのかを理解し、危機感を募らせている人たちが焦燥感に駆られて、意見を送ってくるのだと思う。
 今回の皇室典範改正を行うかどうかで、皇室の存廃につながっていくのは明白である。神話の時代も含めて125代、2666年続いてきた男系継承を仮に廃止するならば、存続させてきた時間と同等の時間をかけて議論してもおかしくないし、少なくともたった30時間、しかも誰がどういう選抜方法で選んできたかも定かではない有識者会議とやらの意見に左右されるものでは決してない。国民不在のまま結論を出そうとする今の内閣のやり方には賛同できない。
 今日、皇室典範改正に反対する緊急集会に参加し、より一層その思いが強くなった。今後、どういう展開になるのかはわからないが、この問題に関しての拙速な対応には断固として反対していきたい。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/12-87f657f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。