Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/10-7b5bd7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初夢→正夢?


昨日の産経新聞の読者投稿欄に次のような投書が掲載されていた。
~引用~
新婚の地へ行き姫路城に上りたい 渡邊敏昭(73) 千葉県柏市
私は初夢を見た。「夫婦で新婚の地、兵庫の姫路に行き(世界遺産の)姫路城に上る」が実現したのだ。私は七年前、脳梗塞にかかり、以来、足腰が冷え、足がしびれる。妻は四年前から肺炎で、毎年、入退院を繰り返している。だが、二人は新婚時代を過ごした姫路に行き、姫路城へ上ることを夢見ている。結婚した昭和33年前後は「昭和の大修理」で城へは入れなかった。三年後転勤になり、姫路を去った。以来、48年がたつが、病のため旅に出られない。二人は近くのスポーツジムに通い、温水プールで水中ウォーキングをして、体を鍛えている。秀吉が改城の時、老女が自分の家の臼を持参し、それが城壁にあるそうだ。女中のお菊が家宝の皿を隠されて死んだ「お菊の井戸」も見たい。今年こそ、初夢が実現できるように、水中ウォーキングに通う二人である。(以上、1/24付産経新聞、ウェーブ産経より)
~引用おわり~
 私たちが何気なく、毎日目にする姫路城にこんなにも熱い思いを抱いておられる方がいらっしゃる事に感激させられた。この記事を読んで、是非、渡邊ご夫妻の夢を実現して差し上げたい、叶えてあげたいと思った。めぐり合わせとでもいうのか、24日の晩、東京で「ふるさと姫路を語る会」が開かれた。そこでお会いした石見市長に「姫路城に登ることを夢に描いておられる老夫婦がおられるんですが、市でご招待されたらどうでしょうか?」と提案してみた。公式招待することに問題があるなら、有志のポケットマネーを募ってでもいい。夢というものはきっかけがないと叶わないものである。このことがご夫妻の夢の実現のきっかけになればと思う。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/tb.php/10-7b5bd7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。