Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフトに思う

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!




 ここのところ、プロ野球のドラフトのニュースが各局で特集を組んで報道していた。

夫々をぶつ切りのように見ていたので、目玉の何人かは知っていた。

既に報道されているように、無事決まったようである。

最近では、昔のようにゴタゴタがなくなった。

将に、ルールが定着して来たのだと思う。

昔は、巨人一強で、セントラルリーグのみがプロ野球という雰囲気の時代が続いた。

「江川問題」もそんな中で起きたことだ。

世代がぐるりと巡ると見える景色も変わってくるのだろう。

子供達の心の中も変わり、目指しているものも大きく変わってきた。

ドラフトの話題に上る選手のコメントも随分と変わってきた。

あの「楽天」のマー君と甲子園の決勝戦で、死闘を演じた「ハンカチ王子」の斉藤投手もドラフトの目玉として報道されていた。

その時のコメントが印象に残っている。

『毎年、甲子園の決勝戦で優勝投手は、たった一人で、それが自分だと言う「責任感」がある。』

おおよそそんな意味のコメントだったと思うが、毎年、甲子園での優勝を目指している高等学校が何校あるのか知らないが、そんな中で、優勝する選手はそんな責任感を背負って野球を続けている事に、いたく感動した。

斉藤投手だけでなく、甲子園では活躍できなかった、他のドラフトの目玉選手にドラフト一位指名の「責任感」を持って頑張ってほしいと思う。


戸井田とおる


※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!



 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※ 姫路に田母神俊雄氏が来られます。詳細は下記をご覧ください。
   
    姫路田母神塾←こちらをクリック!  


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)
スポンサーサイト

西田昌司先生勉強会

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 先日のブログで3ヶ月は無茶しないでとお医者さんから止められたと書いたのだが、実は、退院したその日に京都へ遠征してしまった。実は、以前から親しくさせていただいていて、私も現職の時に講師として伺ったこともある団体が関西で勉強会を開催され、講師として西田昌司参議院議員を呼ばれるということで、参加させていただいた。

 入院中は退院できるかどうかわからず、もしかすると間に合わないかもしれないと思っていたのだが、退院日が近づくにつれ、体調もいいし、何度かの仮退院で手ごたえも感じていたので、退院当日だけども多少は無理できると判断して参加しました。

西田議員

 国会で切れ味鋭い小沢追及を見せた迫力は健在で、尖閣の中国漁船追突問題や民主党の政権運営批判、政治とカネの問題で小沢、鳩山追及の裏側などを聞かせていただいた。一時間の講演の後、メンバーの方々と意見交換をさせていただき、私も病院で思いを溜め込んでいたのと、西田先生の熱気に中てられてつい声が大きくなってしまった。メンバーの人達にも「ホントに今日退院してきたんですか?」と訝られてしまうほどでした。

退院早々、無理してよかったと思えた一日でした。元気をいただけたいい機会でした。


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!



 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※ 姫路に田母神俊雄氏が来られます。詳細は下記をご覧ください。
   
    姫路田母神塾←こちらをクリック!  


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

お蔭様で無事退院!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 入院中にブログ更新できたのは5回、パソコン環境にない状況で携帯で事務所に原稿を送って、それを更新していたのだが、キーボードで打つのと携帯のボタンで打つのは訳が違う。自分でも5回の更新はよく頑張ったほうだと思っているのだが、ランキングは正直です、いつのまにか50位を切ってしまった。また、今日からブログ更新頑張りますので、応援よろしくお願い致します。

 お蔭様で、10月23日に晴れて退院させていただきました。励ましのコメント、応援のメールをいただき、皆様にご心配をおかけ致しました。

 実は「心筋梗塞」で入院していました。こういうと皆さん絶句されるのですが、結果的にそんな深刻なものではありませんでした。半年ほど前から体力が落ちたなと感じることが多くなり、今まで休むことなく働き続けてきたのが、時折体調を崩したりするようになりました。還暦を目の前にして、歳のせいかなと思い、体力をつけようと朝にウォーキングをしたり、飲食を節制したりしていたのですが、思えばそれが兆候だったのかもしれません。

 最初に循環器専門の病院に紹介状を書いてもらい、すぐに行って診てもらうように言われました。到着するとスタッフの方に手際よく検査機械をつけられたかと思うとすぐに検査が始まり、その後、先生から「心筋梗塞をおこしていますので、すぐに手術が必要になります!ご家族の方はいらっしゃいますか?」と言われ、心筋梗塞というと発作を起こし、のた打ち回りながら救急車で病院に運ばれる場面ばかりが頭にあるので、普通に自分で病院にきた私には信じることができなかった。

 結局、今後のことも考えれば、きちんとした心臓バイパス手術を受けて治療した方が良いとのことで、お願い致しました。手術後に執刀医の先生から「ラッキーでしたね。心臓の機能は、95%は回復しますよ。」と言われ、後々、説明を受けたところによると、私の場合、梗塞を起こした場所を迂回するように毛細血管が発達して自力でバイパスを作り、詰まった部分の先に少ないながらも血液を送っていたので、大きな発作が起きなかったそうだ。手術しても、後遺症等で再起不能の病気かと思い、自分なりに覚悟していたので、将に「『戸井田とおる』は、まだ必要とされている。」そう思いました。

「ICU(集中治療室)」から「一般病棟」に変わった時、鏡に映る自分の顔を見て、「死人の顔だ!」と思ったものでしたが「毎日一歩づつ」と思い、出される食事は完食、リハビリににも前向きに対応し頑張りました。本人の頑張りをあざ笑うかのように、夜になると必ず37度ほどの微熱が出てがっくりした時期もありましたが、不思議にびっしょり汗をかくと、熱は下がり、体は少しづつ機能し始めていることに気付き、主治医の先生にも、「子供の知恵熱のように、熱が出る度に体の細胞が活性化される感じがします。」と言うと、「熱は、悪い熱ではないので問題ないです。知恵熱ねぇー?」と笑っていました。

 入院中は、焦りと思うようにならない自分の体に、イラつく事もありましたが、「神様」から頂いた心身の休養と熟慮の時間と思い、体を休ませ、夢うつつの中で、多くの閃きやヒントも湧いてきました。退院する頃には、普通に歩いても胸の圧迫感はなく、快調そのものでした。退院の翌朝には、入院前に日課としていた「播磨国総社」と「護国神社」に参拝して、姫路城を一回りしても違和感はなく入院前より明らかに元気になったように思います。主治医からは、「胸骨を切ってますから、骨折と同じで、完全にくっ付くまでは、3ヶ月は無茶しないでください。」との事でした。

 昨今の新聞を見ていると、「人の命は、すぐに消えてなくなる、はかないものだ。」そう感じます。

 しかし、御身大切で健康診断の数字に一喜一憂してて何が人生か?とも思います。人の命の不思議さを感じます。詰まりそうになる冠動脈を補うように必死に伸び、太くなる自身の血管に命そのものを感じた。「生きろ!生きて世の中の役に立て!」そう言われているような気がする。


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!



 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※ 姫路に田母神俊雄氏が来られます。詳細は下記をご覧ください。
   
    姫路田母神塾←こちらをクリック!  


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

全國戦没学徒追悼祭

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 兵庫県の淡路島の南端、鳴門海峡を望む風光明媚な山の頂に「若人の広場」という施設がある。阪神淡路大震災で大きな被害を受け、それ以降、訪れる人もほとんどなく閉鎖されてしまった施設です。

 ここは、大東亜戦争中に召集令状を受け、戦地に赴いて学業半ばにして亡くなられた戦没学徒を慰霊する施設です。大きな慰霊碑は学生を現す「ペン先」の形をしており、毎年、英霊を偲んで昭和19年、学徒出陣壮行会が行われた10月21日に有志の方々が追悼祭を行っておられます。毎年、ご案内をいただきながら、なかなか参加できず心苦しく思っていた。今年は参加できそうだったので予定を空けて心づもりをしていましたが、入院のため、病院のベッドの上で追悼することになってしまった。

 私も機会があれば、一度参拝に訪れたいと思っているが、式には代理で長男を行かせ、戻ってきてから、現地の話を聞くと思っていた以上に酷い状態で、施設も閉鎖どころか廃墟のようになっており、落ち着いて慰霊できるような雰囲気ではなく、心霊スポットとして有名になって、若者が慰霊ではなく肝試しに来るような有様だと言っていた。(詳細は近日小坊主日記に掲載中です。)

 慰霊施設というものは、支える人たちの思いが形となって現れると思う。そして、支えるべき人は、有志の方でもボランティアの方でも財団でも国でも県でも市でもない。戦争で国家の礎となられた方々が祀られている施設を支えなければならないのは、今、その礎の上で平和を享受している我々日本人ひとりひとりのはずだ。

 若人の広場に慰霊されている御霊は、自分が打ち込んでいた学業、研究、そして自分の夢を捨てて、出征して戦場に散られた方々です。その無念はいかばかりだろうか。彼らがなぜそんな後ろ髪ひかれるような思いを抱えながらも戦場に赴いたのか、それは、国を護らずして学業も研究も夢も成り立たないことを知っていたからだ!

 この平和で豊かな時代に、夢を諦めて国に殉じることなど想像もつかないことだが、ほんの70年前に今の学生から言えば、おじいさんやひいおじいさんの時代にそんなことがあったということを知り、そうした人々の上に今の自分があることを解ってもらいたい。そして、自分達と同じ年齢、同じ立場で志半ばで命を散らさなければならなかった英霊に感謝の念を持ち、願わくば、そうした若者達の手でこの施設を甦らせて欲しいとも思う。

 この若人の広場は、南あわじ市が取得し、今後、整備される方向で話が進んでいるということです。後にこの若人の広場が日本の将来を背負って立つ若人が感謝の念を捧げに訪れる地となることを願ってやまない。


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!



 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※ 姫路に田母神俊雄氏が来られます。詳細は下記をご覧ください。
   
    姫路田母神塾←こちらをクリック!  


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

内憂!外患?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 中国で反日デモがおき、日本でもメディアが騒いでいる。ここ十年ほど、クレーマーだとか、モンスターピアレンツだとか弱い立場の人間に居丈高になってタカったり、ストレスを発散したりする輩が増えていると聞く、いろいろな本や販売業をしている人の話を読んだり聞いてみると、クレーマーにもいろいろあり、「クレームは宝の山」の言葉通り、相手の為を思ってのクレームから最初から嵌めてやろうとクレームをつけてくる悪質なものまであるということです。中国は、国家規模の悪質なクレーマーと言ったところでしょうか。

 中国が反日デモを起こすと思い出すのが北朝鮮のミサイル騒動だ。ホンネはお金頂戴、食べ物頂戴!なのだが、頭を下げて、どうか助けて下さいというなら可愛いげもあるが、暴力をちらつかせてこちらを脅しにかかる。中国の反日デモも似たようなものだろう。どちらも本気で日本をどうにかしてやろうなどとは思っていないのだ。その証拠に反日デモが起きてそのデモの周りで日本のメディアが取材し、アナウンサーが声を張り上げて報道している。デモが起きるほど反日感情が強まっているのならその周辺で日本語などとてもじゃないけど話せないはずだろう。デモの群集が暴徒化して日本企業の店を襲ったというが、ショーウィンドーが割られて、看板を壊されている程度。本当に暴徒化しているのなら火をつけられている店があってもおかしくない。デモの様子を見ていても「日本製品を買うな!」の声はあるが、不思議と「日本企業は出て行け!」という声は聞こえない。もし出て行けと言うのなら出て行けばいい、もう中国に進出する魅力は薄れつつある。

 いずれにせよ、日本の十倍以上の人口を抱える国で一万人、二万人の「おとなしい」デモが起きたからといって大騒ぎする必要はない。日本のメディアも中国に取材させて「いただいている」のかもしれないが、粛々と真実を伝えればいい。誤った報道、過剰な報道は国益を損なうし、中国が海外向けに発信する情報など、自国に都合の良いものばかりで、それを鵜呑みにして報道するなど「やらせ」と言われてもおかしくない!中国が日本の外患とすれば、間違った方向へ国を誘導するメディアは大きな内憂だ。

 中国ではデモなどという言葉では収まらないような暴動が全土で年間何万件も起きている。おもしろいことに学生の反日デモには警察は何も手出しをしないが、そうでない暴動には警察が介入し負傷者まで出している。今回も日本をスケープゴートにして国内の不満をガス抜きさせ、更には日本への圧力になればと思って官製デモを学生を使って行ったのかもしれないが、それが大きく膨れ上がり中国共産党への不満を口にしてデモを行い一部は暴徒と化している。まさに身から出たサビだろう。

 中国という国は特殊な国だ、おそらく民主化など夢のまた夢だろうし、一党独裁でなければまとめることもできない。日本やアメリカ、台湾といった仮想敵国を作って外に不満を逸らすことをしなければ、崩壊してしまう国です。中国に変われといっても無理な話で、変わった途端に国が崩壊してしまう。そう考えると、降りかかる火の粉には対処しなければならないが、まず、我が国がすべきは内憂を取り除くことだろう。

戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!



 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※ 姫路に田母神俊雄氏が来られます。詳細は下記をご覧ください。
   
    姫路田母神塾←こちらをクリック!  


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

愛国心あふれる救出劇

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 久しぶりに病院の外の空気を吸う事ができました。昨日は、毎月企画している「丸坊主サロン」の日でした。産婦人科医の池川明先生をお招きして胎内記憶についてお話をいただくようにお願いしておりました。しかし、急遽私が入院してしまったので、当日に私がいなくても開催できるよう事務所で準備は整えていたのですが、主治医の先生からも「外出しても問題ありませんよ。」とのお墨付きを頂き、晴れて「仮出所」となりました。
 今回のサロンは、若いお母さん方がたくさん来られて、池川先生のお話を真剣に聞かれておられました。サロンの詳細は近々、小坊主日記に報告されると思いますので、お楽しみに。

 入院している間、退屈しのぎにテレビを見ていると、この一週間はチリ落盤事故の救出劇一色でした。33人が一人づつ地上にあがってくる度に歓声があがり、国名を叫び、国旗を振り、国家を歌う、家族も被災者も救援隊も大統領も一緒になって!被災者が重傷者ばかりなら、こんな大騒ぎはしていられないが、不幸中の幸い、みんな元気で地上に生還できた。日本の報道をみていると、国の鉱山の管理体制を批判したり、責任論が必ず挟み込まれる。もちろん、この後、議論されなければならないし、今、鉱山で働いておられる方々の安全を考えると早いうちに対策もとらなければならない、家族や被災者の気持ちにも「国がしっかりと安全管理をしていれば、こんなことにはならない。」という思いがあるかもしれない。しかし、現場にいる被災者も家族も国が大掛かりな救出作戦を組み、実行してくれていることに素直に感謝している。その気持ちは国名の連呼と国家の大合唱にこもっていると思う。国名も国旗も国歌も国民が1つになるための大切な「印」だということを改めて考えさせられた。
 
今、仮に日本で同じことがあった時、どんな救出劇となるだろうか、現場で国旗国歌嫌いの首相がパフォーマンスに終始する姿が目に浮かぶ。不思議なものでチリで奇跡の救出劇が終った後、中国で同じような炭鉱での事故が発生したとテレビが報じている。21人死亡、16人が閉じ込められているという。

戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!



 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※ 姫路に田母神俊雄氏が来られます。詳細は下記をご覧ください。
   
    姫路田母神塾←こちらをクリック!  


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

劉暁波氏をどう評価するか?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 退屈な病院の生活の中でうれしいニュースが飛び込んできた!鈴木章、根岸英一氏のノーベル化学賞受賞を心からお祝い申し上げます。

 まさに我が国の科学技術力の結晶だろう、ノーベル賞(特に自然科学部門)というのはタイムリーに受賞できるものではなく、様々な発明、発見がなされた後に、それらの功績が大きく世間に貢献して初めて授賞される。今回の両氏の受賞も70年代後半に発表された研究に対して為されたものだということです。人が評価を得ることの難しさを改めて感じさせられました。

 そう考えると、ここしばらく日本人の受賞者が多いのも日本の国力が絶頂期だった時の成果を評価されているのだろう。もちろん個人の努力は言う間でもないが、そのサポートという点を考えると、国力というものを無視するわけにはいかない。今回、鈴木氏も某仕訳人の「2番じゃダメなんですか?」という発言をバッサリと切り捨てていたが、この冬の時代だからこそ、国家が技術力の発展に注力しなければならない。2番に甘んじるような風潮が日本を覆えば、この先、日本人のノーベル賞受賞者は現れないだろう。

 ノーベル賞には自然科学部門だけでなく文学賞、平和賞、経済学賞という賞がある。中でも平和賞というのが、「平和」という言葉自体が曖昧なためか与えられる規準も曖昧で、歴代の受賞者を見ても、個人的に納得のいかない人選もあります。

「平和」を定義することは難しい。片や平和だと感じていても、一方はそうでないことなどよくある。そして「平和」は崩れやすいものだ。世界情勢などいつひっくり返るかわからない、平和を追求していた人間がある日、平和を壊す側にまわる事だってある。ノーベル賞の科学技術部門は、受賞するための評価を得るのに時間がかかると書いたが、この平和賞こそもっと時間をかけて評価されて与えられるべき賞ではないのだろうか、ノーベル平和賞の選考最短記録は、オバマ大統領の9ヶ月だそうだ。

 今回、ノーベル平和賞は、中国民主化運動の指導者、劉暁波氏が受賞された。この受賞が中国にどういう影響を与えるのかはわからないが、こうして賞を与えて世界中の注目を集めたことはよかったと思う。しかし、恐いのはこの後だ、今現在も劉氏は政治犯として実刑判決を受けて服役中だ。今後、世界が彼を見守っていかなければ、中国共産党がどのような動きにでるかわからない。

 特に、普段「人権擁護」だとか「弱者の権利」を騒ぎたてておられる我が国の市民運動家や団体の皆さんには中国共産党が人権侵害を行わないように、運動に力を入れてもらいたい。反核運動においては、米軍の核や日本の核武装には喧しいが北朝鮮や中国の核には何も言わないというのが常だが、彼らがこの度の劉氏の受賞についてどう感じているかコメントを聞きたいものだ。

戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※ 姫路に田母神俊雄氏が来られます。詳細は下記をご覧ください。
   
    姫路田母神塾←こちらをクリック!  


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

更新について

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 民主党、小沢元幹事長に対し検察審査会が二度目の起訴相当の議決を出し、これにより本人は強制起訴されることに決定した。今後は裁判の過程で明らかになるだろうが、度重なる検察の不祥事が起きて、それが審査会にも少なからず影響するのではないかと思ったが、杞憂に終りました。

「天網恢恢、疎にして漏らさず!」鳩山脱税問題に対する処置。尖閣諸島における中国の横暴に対する処置。民主党政権になって一年余りの間に、いろんな政治的配慮がなされてきたが、これ以上おかしなことがまかり通ってはならない。

 特に忘れてはならないのが尖閣諸島だ!小沢元幹事長起訴の陰に隠れて、民主党が何をするか、中国がどんな動きに出るかわからない。今週の週間ポストに水間政憲氏が中国に対して「動かぬ証拠」を突きつけている。

 中国が発行した地図のうち1968年以前のものを見ると尖閣諸島などに目もくれてないことがよくわかる、が1968年以降の地図を見ると急に自国の領地だということをアピールする地図に変わっている。1968年はアジア極東経済委員会が尖閣諸島周辺に大量の資源が眠っている可能性を指摘した年だ!是非、週間ポスト10月15日号を読んで、そのページを保管して欲しいと思います!

 ここ数日、風邪を引いていてなかなか更新できませんでした。半年前にもズルズルと風邪を引きずってしまい、更新が滞ったことがありました。この歳まで、大きな病気1つしたことなかったが、季節の変わり目、気候の変化に体が対応できていないとなると、やはり今年の猛暑が応えたのかもしれない。

 体が少し休憩した方がいいと信号を送っているのかもしれません、医師の友人に相談したところ、一度、治療を兼ねて人間ドックをしたらとの提案をしてくれた。さすがにパソコンを病院には持ち込めないので、しばらく、更新が滞りがちになりますが、よろしくお願い致します。


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

お金の意味

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



やっと召集された「臨時国会」ですが、何を聞いても空疎に感じられます。

「尖閣問題」については、散々書いてきましたので、一呼吸置いて補正予算について一言言っておこうと思います。

菅総理は、「一に雇用、二に雇用、三にも雇用」と言ってましたが、経済が上向いて、先が見えるようにならないと雇用なんて創出されるはずがないではないですか?

今厳しい状況の中で、人知れずため息付いて悶々としているのは、「コンクリートから人へ」のキャッチフレーズで切り捨てられた人たちではないか。

これからの時代土木も建築も仕事がなくなるわけではないが、公共事業は、ピーク時の17兆円から7兆円に半減以上に減った。

田舎に行ば行くほど、雇用対策になるようなことは、昔から行われている「公共事業」が一番手っ取り早い。

田舎では、若い新しい事を考えるような人は殆ど、都会に出てしまい若手の一部と年寄りで頑張っているのが現実だ。

土木建築業と言うのは裾野の広い産業だ。老若男女だけでなく、単純労働者からそこそこの技術者まで仕事にありつける。

其処にいきなり水が届かなくなってしまった。

子供手当てで、「5兆3000億円」を何としても実行しようとするなら、せめて半分くらい単純労働しか出来ない田舎の若者に仕事を与えたらと思うのは私だけではないだろう。

本当のことは、田舎の事は田舎の人間にしか分からない。

農家の所得保障で「1兆円」撒くならもっと賢いやり方があると思う人はたくさんいるのではないだろうか。

専業農家の平均年齢が70歳に手が届こうかと言う時代にいつまでたっても本格的に農業に参戦する若い世代が少ない。

もっと海外に攻めて出る「攻めの農業」と松岡農水大臣時代に言っていたが、このままでは何時になったら打って出られるのであろうか。

悲しい事に有機有機と言いながら、農薬や化学肥料なしに農業が出来なくなっているのが実態だ。

消費者が求める安全で安心して食べられる農業は何時になったら、実現するのだろうか。

何をやっても、先行きに不安が去らないのは、本業の先行きが霧の覆われているからだ。

補正予算の規模は3,7兆円と言う事だ。

需給ギャップが30兆以上と言われているのに本当にそれで良いのか?

麻生内閣で作った景気対策に待ったを掛けて、戻りかけた景気にストップを掛けたのは、鳩山内閣だ。

総理が1年でころころ変わると批判していたが、自分達は1年も持たせられずに8ヶ月で変わり、危うく1年で3人の総理が誕生しそうになった。

景気対策と言いながら、本心は自分たちの面子を立てることしか考えていない。

「尖閣問題」の対応でそのことが良く分かった。

民主党政権も馬脚を現した。

「丸坊主サロン」に呼ぶ講師は、上記の問題にヒントを与えてくれる講師を人選しているつもりだ。

人の喜びは、金で満たされるだけが、全てではない。

何で満足を得られるのか?ひとつひとつにそのヒントが溢れていると私は思っている。

それに付いて来るお金でないと意味がない。


戸井田とおる









※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。