Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別請廣學豎義

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


いつの間にか、カウンターが100万を突破していた!カウンターを設置したのは以前のgooブログの後半になってからなので、実際はもっと多くのアクセス数に達しているとは思いますし、またブログランキングをみても、100万なんて数字は上位のブログだと1ヶ月ほどで達成してしまうようですが、こんな拙いブログを長きに渡ってご愛読いただき、落選後も、こうしてたくさんご訪問いただいていることに改めて感謝申し上げます。たくさんのコメントとアクセス数に励まされて、頑張ってこれたものと思っております。ありがとうございます。


比叡山延暦寺

今日は、朝から比叡山延暦寺へ向かいました。というのも、昔からお世話になっている地元の書写山圓教寺の大樹孝啓住職が「別請廣學豎義」の一之問の問者としてお勤めされ、最高法階である「探題」に補任されて、その披露宴である満散清振舞が行われるので、是非ともお祝いさせていただきたいと思い、参加致しました。

法要自体は、昨日の午後から本日の未明まで行われており、我々は二日目の早朝に出発し比叡山にむかいました。
そもそも「別請廣學豎義」とは、リンク先で詳しく説明して下さってますが、延暦寺において行われる論議・問答の法要で、平たく言えば「お坊さんの試験」と言ったところでしょうか。

また、試験されるほうだけでなく、問題を出す側も天台宗における最高法階である「探題」に上がるための関門でもあるそうです。探題は三名おられ、そのうちの一人が座主という天台宗の最高位につく事になります。座主は空位が許されず、様々な理由で引退されたり、万が一の時には残りの探題から指名され座主の座に着かれるとのこと。かつて、第232代山田惠諦座主は姫路の隣太子町出身でしたが、地元姫路から仏教会でも活躍される方がおられることを誇りに思います。

半田孝淳座主、森川宏映探題共に九十歳を超えておられ、大樹孝啓住職も八十六歳だというのに元気そのもの、日々、ご自身を律した生活と精進料理が健康の秘訣なのだろぇか。とにかく元気、歩くスピードもお酒のペースも我々と変わらない!!貴重な体験をさせて?$A4ただいた一日でした。

延暦寺から戻ってみると、国会では予算委員会がスタートしたようだ。今回の尖閣諸島における中国の蛮行に、野党は徹底して追及してもらいたい。中国も四人の人質(敢えて言わせて貰う)のうち、三人だけを釈放したというが、一人は、我が国の出方を伺うための保険だろう。今回の一件で中国という国がどういう国かが日本国民にもよくわかっただろう。生半可な気持ちで付き合いができる国ではない。付き合いをするなとは言わないし、拒否する必要もない、ただ相手を知り、己を知った上でなければヤケドをしてしまう。国民は気付きつつあるかもしれないが、政府はどうだろうか?


戸井田とおる






※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)
スポンサーサイト

故中川昭一元財務大臣の一周忌

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



朝から北朝鮮の金正日総書記の後継者問題の報道が溢れている。

拉致問題を考えると隣国とは言いながら、関わりたくない国であることは間違いない。

出来ることなら、混乱することなく代わってくれることが好ましい事かもしれない。

混乱して、難民が続出なんてことになれば、嫌でも日本に様々な対処を国際社会から期待される。

人口「2200万人」の1%の難民が日本に逃れてきたとしても「20万人」に日本はどのような対処をするのだろうか?

そんな難民を受け入れる余裕が日本にあるだろうか?

仮定の話をしても仕方がないが、気の重くなる話である。

ところで、昨日は、故中川昭一元財務大臣の一周忌の「偲ぶ会」が開かれた。

立錐の余地のない会場に、中川昭一生きておればの期待と落胆の雰囲気があふれていた。

今の政府の体たらくを思えば、保守の安定した政治が求められているように思える。

麻生太郎元総理から、財務大臣時代のIMFに対する「10兆円」の融資の話を披露され、マスコミが評価する報道をしなかったが、IMFのストロス・カーン専務理事が最大級の称賛をした事を紹介され会場の拍手を浴びた。

中川昭一氏と言えば、「酩酊会見」ばかりが、話題になるが、私は、と言うか、ネット上では、仕掛けられた事は自明のことになっている。

あの読売の「越前屋」とか言う女仕掛け人はアメリカに渡って「ほとぼり」が覚めるのを待っているようです。

こんな卑怯者は天罰が下るだろう。(神様は寝ているのだろうか?)

麻生御大の後に「ナベツネ」が挨拶に上がったが、誰がこんなことしたんだろう?

そう思ったら、腹が立ってきた。

見え透いた話は聞きたくないので、会場を後にした。

保守の結束を願ってやまない!


戸井田とおる






※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

日本人は「卑怯者」が大嫌い

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



 アメリカの大リーグで「シアトルマリナーズ」の「イチロー」が前人未到の「十年連続200本安打」を達成した。

 一方、日本では、モンゴル出身の横綱「白鵬」が「4連続全勝優勝」と連勝記録を「62連勝」に伸ばした。このまま行けば、来場所の中日には、大相撲史上破られる事のなかった、双葉山の「69連勝」を更新する可能性は高いだろう。

イチローも大リーグの歴史的な記録を次々更新してきた。そんな中で、いやな思いもしてきたに違いない。

 アメリカにおける「ベースボール」と日本における「大相撲」共に国を代表するスポーツだ。

かつて、王貞治選手が記録した年間最多本塁打の「55本」をバースが越える可能性が出てきたときバースは敬遠され、記録達成は出来なかった。

たとえ勝負していたとしてもバースはホームランを打てなかったかもしれないが、「正々堂々」の真っ向勝負
でなかったことが悔やまれる。敬遠も作戦の一つと言ってしまえばそれまでだが…。

敬遠と言えば、高校野球で「松井秀喜」選手が5連続敬遠された事があった。作戦とは言え、誰の目にも卑怯な行為と映って、批判された。

話をイチローと白鵬の話に戻すが、共に外国でその国の国技と言えるスポーツで歴史的な記録を塗り替えられ、面白いはずがない。

しかし、イチローにしても、白鵬にしても、比較的すんなり受け入れられ、拍手を送られるのは、2人の夫々の競技に対する姿勢にあるのではないかと思う。

共に、その国の選手以上に真摯な姿勢を普段から陰日向なく、誰もが納得するからだろう。

白鵬の天皇賜杯に対する姿勢を知ることによって、また、帰化して日本人「白鵬翔」としてひたむきに
相撲に精進する姿に、出身や国籍に関係なく心打たれるのだろう。

ところで、政治の世界はスポーツの世界と違って、何でもありの世界だが、人としての生き方を外した事には、国民も敏感だ。

言うまでもないが、尖閣問題の一連の流れの中で、一地方組織である、那覇地検の判断と言う事にして、政府が逃げた(ハッキリしてないが)事に、国民の多くは「卑怯者」と思っているだろう。

何よりも、民主党の参議院議長の西岡武夫氏が以下の通り読売新聞のインタビューで言っている。

「政府首脳に何の連絡もなく、釈放するはずがない。(釈放は)仙石官房長官が判断したと思わざるを得ない。」

「那覇地検に責任を負わせると言う形は姑息だ。領土主権への認識不足で、官房長官たる資格はない。」と斬って捨てた。

更に、「なぜこうなったのか立法府にきちんと説明してもらいたい。」と述べ、臨時国会で菅総理らが説明する必要があるとの認識を示した。

「卑怯者の末路は決まっている!」

日本人は、卑怯者が大嫌いだ!


戸井田とおる


※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

保守の☆になれるか?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 民主党の一部議員が一地方検察幹部に異議を唱えている旨のニュースが配信されている。

保守の☆「松原仁」議員らである。

昨日も書いたが、こんな大事なことを検察と言えども、勝手に判断できるわけがない。

「菅総理・仙石官房長官」が連携して、やらせたに違いないと想像する。

昨日、ブログに与党議員にも意思表明をして、「離党すべし」と申し上げたのは、この「松原仁」氏の留守電に録音しておいたのです。

このことが、聞いたわけではないだろうが、「地元の反発の嵐」の大きさに怖気づいたのか?

集団で記者会見をして来た。内容はその通りだが、検察が外交問題に首を突っ込むわけがないのにしているのは、裏から指示があったとするのが常識だ。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」ではないが、集団で「遠吠え」は意味がない。

集団で行動して意味が在るのは、「離党」だけである。

「松原仁」先生!そんなに不本意なら集団離党すれば、いっぺんに時の人になりますよ!

政界再編の主導権を握れるし、あの卑怯者の「仙石官房長官」に煮え湯を飲ませる事になるし、「一石二鳥」ではないでしょうか?

どうせ、与党民主党にいても「保守」を標榜してては、「日陰の茄子」でしょう。

73人が離党すれば、一気に「革命政権」の息の根をとめることが出来るではないですか。

それこそ、心ある日本人が今望んでいることです。

そして、しっかりとした「国家観・歴史観」を持った議員で、「保守新党」を結成すべきです。

今の状態が続くのであれば、それこそ国益を損ねる事が続出すること間違いありません。

保守の☆?「松原仁」議員が多くの仲間と共に、腹を括った行動を取られる事を期待いたします!


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

歴史に学べ!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 今日も売国政権への怒りはおさまらない!

「政治主導」を標榜する民主党があろうことか一地方検察庁に責任をなすりつけた。

どこが「政治主導」なのだ。

自分たちに都合の良いことは「政治主導」で進め、都合が悪いことは全て官僚任せで頬かむり。

「卑怯者!」

これが口先だけの民主党政治の正体だ。

さらに呆れるのは、どう考えてもこの事件の報復として邦人が中国で拘束されているというのに、彼らを放置して中国漁船の船長を釈放をしてしまった。

如何に民主党という政党が国民の生命よりも中国の命令を大切にしているかがよくわかる!

今日、ある会合の懇親会でも、多くの人が怒り心頭といった風で声を掛けてきた。

みんな腹に据えかねているようだった。

菅総理は、ニューヨークでの記者会見で、以下のように言っている。

 「検察当局が事件の性質等を総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だと承知している。日本と中国は国際社会に責任を持つ重要な隣国であり、戦略的互恵関係を深めるため、冷静に日中双方が努力をしていくことが必要だ。」

ピンボケもいいところだ!

相手は中国という共産党一党独裁の国である。

「法治国家」ではない!

「人治」の国である。

「温家宝」とホットラインがあるといっていた鳩山由起夫前総理!ホットラインがあることを自慢するだけで何をした。政治はお遊びではない!

今後、常識では理解できない無理難題を次々と浴びせてくるだろう。

相手が弱いとなると「可哀想」と思うのが日本人だが、中国人は違う。

弱いものが野垂れ死にしようが、哀願しようが、徹底的に死ぬまで叩くのが中国人だ。

歴史が証明している。

参考までに、南京攻略戦にでるまでの経過を振り返ってみれば分かる。

「通州事件」を覚えているだろうか?

日本では歴史の授業でも殆ど教えないが、日本人を口で言い表せないほどの残虐な殺し方をした「虐殺事件」だ。

上海で起きた「大山中尉惨殺事件」も同じだ。

記憶に新しい「天安門事件」は、自国民を戦車でひき殺したと言う信じられない事件だ。

ここは、「政治家」も「経済人」も腹を括って、掛からないととことん潰される。

中国に進出した企業は設備も何もかも一切合切なかったものと思わなければ仕方ないだろう。

命があれば儲けものと思ったほうが良いだろう。

弱いものには、強く、強いものには、弱いのが中国人です。



 ところで、与野党問わず、何人か知己の現職議員に電話を掛けてみた。

みんな留守電だったので野党議員には「戸井田とおるです!今回の尖閣諸島における問題は、しっかりと追及お願いします!」

与党議員には「戸井田とおるです。もし今回の尖閣の問題で納得いかないと思われるなら、離党して行動で示すべきです!」と伝言しておいた。

 しばらくして西田昌司参議院議員から折り返し電話がかかってきて、ひと仕切り話しをさせていただいた後、「とにかく、参議院で徹底的に追及して下さい。一番期待できるのは先生なんだから!」と言うと「解ってます。徹底的にやりますよ。」と頼もしい返事をいただいた。

 また、参議院に那覇地検の検察官を呼んで、証人喚問するよう、動いてもらいたいとお願いしておきました。鳩山、小沢を政治とカネの問題で追い込んだ手腕で極左政権を徹底的に追い込んでもらいたい、そう思います。

信頼している同志が国会で動いてくれることほど勇気付けられることはありません。

遅すぎる臨時国会の召集ですが、10月1日から始まります。

皆さんも、西田議員の応援をどうぞよろしくお願い致します。


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

こら!菅!卑怯者!こら!仙石!逃げるな!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



「こら!菅!」「こら!仙石!」「こら!前原!」

「これがお前らの言う政治指導か!」

「船長は指でVサインをしてチャーター機に乗り込んだの見たやろ!」


情けないやら呆れ果てるやらでブログを更新する気も起きませんでした。国を売るようなマネは幾度となく見せられてきたが、まさか本当に売るところまでくるとは・・・。

折しも、イチローが10年連続200本安打を達成した快挙を耳にした後だっただけに、素晴らしい日本人が海外で活躍しているというのに、その母国は、こんな情けない国に成り下がってしまった。

ここ数日、素人目にも疑問だらけの検察不祥事が降って湧いたように起き、民主党にしてはやけに中国に対し強気な態度を貫いているなと思っていたら、総理の外遊中に地方の一検察官の判断で、釈放。ここまで不自然なことづくめで、売国官房長官は無関係だと国民が考えるとでも思ったのか。

「卑怯者!!ナメるのも大概にしておけ!」

むしろ、この決着をつけるために、検察の不祥事をでっち上げたと考えてもおかしくない。

釈放したからといって、これで終わりと思ったら大間違いだ!

中国はもう仕上げにかかるだろう!

それだけの自信を持たせるような態度を我が国はとってしまったのだ。

かつて、李鵬元首相が日本はいずれ無くなるという趣旨の発言をしたと言われている。

本当ならば予言の実現が刻々と近づいている。

同時に、民主党によって日本の中華献上計画は順調に進んでいる。内憂外患とはまさに今の日本を表している。このまま、残り三年間も任せることなどできない!

民主党内の心ある議員は売国奴の汚名を着たくなければ、口先だけでなく態度で示せ!

唯一の救いは釈放のニュースが流れた後、怒りと情けなさのあまり、何人かの知人から電話があったことだ。

野に下り、一国民となった私ができることはそうした声を結集し、多くの人に伝えることだと思う。今こそ、声を挙げたるぞ!

こんなことを書いているうちに、早速中国がつけこんできた。

今回の一件の「謝罪と賠償」を要求だそうだ。

尖閣諸島の次は「沖縄か?」それとも「沖ノ鳥島か?」

ここまでやられても国民は目が醒めないのか?

売国政治主導の政務三役は腹を切れ!



戸井田とおる



※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

外交姿勢

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



中国の「温家宝首相」が国連に来ていて、在米中国人との会合で、尖閣諸島沖の日本領海内で起きた中国漁船による衝突事故(衝突と言っているが、事実は当て逃げだ。)について、

「日本側が船長を釈放せず、国内外の中国人の怒りを巻き起こした」

「日本が独断専行で(司法手続きを)進めるなら、中国は一層の行動を取る」

と述べた。

国連での全世界にむけて華々しくアピールする、中国政権ナンバー3の発言に世界はどう見ているのだろうか。

また中国のプロパガンダが始まったと取るのか。

それとも、真剣に耳を傾けるのか?

日本の外交は何しているのだろうか?

「南京問題」の時にも当時、中国外交官の顔とも言うべき「ウエリントン・クー」(顧維均)という外交官が国連「第100回国際連盟理事会」で華々しく、捲し立てていたと記録に残っている。

何でもアピールすれば良いと言うものでもないが、片一方が次々騒ぎ立てるのに、此方は何もしないのでは、「市に虎をなす」事に成りかねない。

かつて、日本は日露戦争の戦費を調達するのに、どこも引き受け手のない「国債」を高橋是清がユダヤ人の「ヤコブ・シフ商会」に買ってもらい、日露戦争を戦い抜いた。

その後巡り巡って、「鉄道王のハリマン」から、南満州鉄道の経営権の半分を求められた時、当時の「桂太郎総理」が一度了解したものを、ポーツマスから帰った「小村寿太郎」が慌てて拒否。その義理を欠いた結果がハル・ノートにつながり、アメリカの対日参戦に繋がったという。

この時に、心ならずも受けていれば、「第2次世界大戦」にはなっていなかったのではないか。
という、「たら、れば」の話を聞いた事がある。

ユダヤ資本の繋がりを知る由もないが、一説に言われるように、もし尖閣諸島周辺に1000億バーレルを越える資源の埋蔵量があるとすれば、何処だって、何某かの形でそれを抑えたいと思うのが、当たり前の事に思える。

世界平和などと甘いことが通じるのは日本だけで、目の前に莫大な資源があれば、隣国の領内であっても自分のものだと主張するのが世界基準、いや中華基準だろう。

因縁をつけてちょっと強く出れば、黙るか、謝るかだと思われているから尚更だ。

残念ながら現実を見ても、我が国が単独で中国と張り合えるかと言われても到底無理だろう。

今更ながら、尖閣諸島周辺の埋蔵資源の共同開発を、もっと早い時期に(中国が経済力をつける前に、アメリカが衰退する前に)アメリカとでも進めていたほうが良かったのではないかと思ってしまう。

中国の「温家宝首相」は地質測量・探鉱が専門だ。

「超伝導体」がブームの時に、「超伝導体技術が応用段階に入れば、超伝導体資源の豊富な国が、世界経済の主導的地位に立つにちがいない。」と考え、中国のレアアース(稀有土)資源の生産・管理・輸出を強化することをいち早く提案した人物だ。

また、胡耀邦の総書記時代に44歳の若さで、中央弁公庁主任に抜擢されている。

この「温家宝」が首相として、訪日した時、日本人には、ぎこちない格好で「子供の頃に良くやった」というものの、とてもキャッチボールをやった事があるとは思えない投球フォームが印象的だったが、この「温家宝」がしたたかに、そして、強引に要求を日本に突きつけてくるだろう。

今後、アメリカとの連携を視野に毅然と対処しなければならないが、鳩山前総理がかき回してくれたアメリカとの関係を菅総理はどのように修復し、連携していくのだろうか。世界のパワーバランスなど、いつどうなるかわからない、我が国のように常に世界情勢に左右される国家は、誇りを持ってあらゆる国と友好的且つ適度な距離を保ち生き延びていくしかない。それは決して媚びることとは違う。したたかでしなやかな外交が求められている。


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

目先の事に囚われるな!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


「国想う在野議員の会」の総会、故中村粲獨協大学名誉教授を偲ぶ会、そして、昨日、急逝されました故竹下登元総理の奥様の葬儀と東京での日程が重なり、久しぶりに上京しております。

連日、様々な事件が報じられる、尖閣列島を巡っては、中国がこれでもかと恫喝を繰り返している。中国企業の日本への旅行の取り止め、日中間の閣僚級以上の交流停止、「日本青年上海万博訪問団」の上海訪問の延期と次々に対抗措置を打ち出してくる。まるで、日本と揉めた時はこうした手順で圧力をかければ、そのうち折れるからとマニュアル化されているんじゃないかと思うくらい鮮やかだ。これらの対抗措置をひとつひとつ検証してみても、日中間の仲が決定的に壊れるような内容のものはない。これが、日本のマスコミを通すと、まるで明日にでも日中戦争が始まるかのような報道になるのだろうが、いくら、中国がバブルに沸いていようと、どれほど、軍備を拡張していようと、今のところはまだ日本の方が立場は強い、だから中国も小手先の対抗措置しかとれないのですが、もしここで我が国が「政治的判断」を下して法治国家としての原則を踏みにじるようなマネをすれば、日本自治区か日本省のどちらかへの道を歩みはじめる。今後、日本が強い態度に出続ければ、中国は様々なカードを切って我が国を揺さぶってくるだろう。中国に進出している日系企業に無理難題を押し付けてくるかもしれない、それなら、我が国は国を挙げて、日系企業の中国からの移転を奨励すればいい、賃金が徐々に高騰し始めた中国にもはや魅力などない。その上、国家のワガママで経済活動が邪魔されるような環境で商売などできないのだから。例え、日本と中国のチキンレースになろうとも、退いてはならない。喧嘩を売られたら買ってやるくらいの気持ちで外交に臨んで欲しい。この争い、大義は我が国にある。尖閣列島は、間違いなく日本領だ。領土問題など元々存在しない!

戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

「小皇帝」が指導者に

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


今日は、「敬老の日」でした。

第三月曜日になってから、何かピンと来ないのですが、今日は良い事が在りました。

朝一番で、祝日には「日の丸」をあげるのですが、家を出掛けに気付いたのですが、近所の「Åさん宅」の門に小ぶりなと言うか、個人の家には丁度よい「日の丸」が掲げられていました。

また、今まで掲げられていなかった他の家でもう一軒「日の丸」を見ました。

この調子で、「日の丸」を掲げる家が増え続ける事を願っております。

65歳以上の年寄りが2944万人になったと新聞は伝えています。

来年か再来年には、65歳以上の人が3000万人を越える事になります。

将に、2人で1人の年寄りを支える時代に突入したわけです。

日本も高齢化社会で苦しい時代に突入するのですが、お隣の中国はもっと強烈な高齢化社会を目前にしているのではないでしょうか?

中国の「一人っ子政策」が話題になって久しいのですが、「一人っ子政策」が始まったのが確か、「1979」年だったと思います。「30年」続いているんですね。

よく言われるように、「男の子」が15%~20%多いと言う統計があるようです。

嫁不足が深刻な問題になっているようです。

「小皇帝」とか言われて、両親と二組の祖父母の寵愛を独り占めするということで、一人っ子はひ弱にそだって、肥満児が多いと言う事である。

特に都市部において一人っ子があまりにも大事にされるあまり、軟弱になっていると言われる。欲しいものが何でも手に入るので精神面が脆弱になり、受験やイジメなどを原因とした自殺が増えているらしい。

同時に肥満児も増え、若年性成人病も広がっている。現在、世界の製薬会社が中国に進出しているのはそのためだという声がある。

中国の次世代が軟弱に育ってくれるのは、かまわないのだが、それでもその子供たちが、年数がたてば自動的に実権を握ってくるのであれば、「我儘」で「ひ弱」で「自分勝手」な「すぐ切れる」国家指導者が実権を握るとなると何か恐ろしい事に感じてならない。

多くの「兄弟姉妹」に揉まれて生きる中に様々な人間の素養を作り上げてきているのに、画一的に一人っ子だけで構成される社会って考えただけでも少々気味が悪い。

どんな影響がどんなところに出て来るのか他国の事ながら心配している。

日本も大都市では中国と何も変わらない状況が起きている。

我が家の娘の所も「小皇帝」状態に近いが、どうなる事やら…!


戸井田とおる





※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

政治家の責任

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 尖閣問題について、水間氏が「水間条項―国益最前線」でここまで来た責任は自民党の政治家にあると厳しい指摘をされておられます。

将に、そのとおりであると思います。私自身忸怩たるものがあります。

 日々の予算関連の議論ばかりが自民党内で行われ、国益に関した議論を腰をすえて行われる事がなかったのもその一因かと思います。我々の参加できる議論の場は、「部会」で、ほとんどが1時間と言う短い時間しかありませんでした。本当の議論は、30分もなかったかもしれません。

いきなり問題が提起され、分厚い資料も読む時間などありません。

これで、議論しろと言うのが無理だと思いながら、気になる部分の意見を言うと結論は決まっていたかのように「部会」は閉められてしまう。不完全燃焼の毎日でした。

しかし、それくらいでないと進まないのも現実でありました。

その繰り返しの中にいつの間にか惰性に流されていたように思います。

また、情報そのものが、役所からのものに対抗するだけの信憑性のあるものを入手する術がなかった。

情報をが集約されるのは、間違いなく総理官邸なのですが、総理官邸との距離は陣笠議員には遠すぎた。



 私自身、水間氏と遺棄化学兵器問題で知り合うまで、中国に対する見方は、田中内閣の日中国交回復以来の流れに乗せられていたと思います。

中国にも何度も足を運び、中国の政府要人と出会う中で、自分なりに疑問に思うことが、水間氏と意見交換するうちに歴史問題に目覚め、公文書の持つ力を体験的に知ることが出来ました。

当時から、多くの政治家が外務官僚に振り回される姿は目にしても、本当に国益を重視した姿に接する事は少なかったように思います。

 日中航空協定の時は、秘書として見ておりましたが、張り詰めた緊張感の中で刃を突きつけるような議論がなされていたように思います。

国内の政治の流れが、中国寄りに少しづつシフトチェンジされるようになって、改めて自虐史観に骨の髄まで侵されていた事に気付かされます。

日本が解体される中にあって、「偽人権擁護法」「国籍法」「外国人参政権付与法」等の問題で闘って来たのですが、共産党、社民党は言うまでもないが、民主党はもとより、公明党、自民党までもが半数の議員が疑問を持つことなく、唯々諾々と賛成する中にあって、無念の思いでいたことが胸によみがえります。

改めて、中国共産党「対日対策要領」を見ていただきたい。

真偽はともかく、中身の流れと今の日本のおかれた状況を重ねあわす時、背筋に冷たいものが流れます。

今後、菅内閣が推し進める施策は、目に見えております。

ただ、「ネット社会」の急速な進展は、作戦次第では、ギリギリながらも潰す事が出来るのではないかと思っております。

左翼勢力と長年闘って来た水間氏の経験は大きな財産のように思います。

選挙の度に、三分の一は新人議員に取って代わられます。新人は頼りないと思われるかもしれませんが、

その代わり、特定の色に染まってもいない。(中には真っ赤に染まって入ってくる議員もいますが)

この新人議員に、おかしさに気付いてもらい、素直に動いてもらうしかない。

そして、新人議員は、瞬間を逃さず、思ったとおりを主張してもらいたい。議員にとって一番大切なことで

あり、やらなければならないことです。

議席があり、議員であるということは限りなく大きな力を持っていることであり、議席を失う度に強く感じ

ます。政治に携わる多くの人達が、日本の国益を守るために動いて欲しい!

共産革命の足音がヒタヒタと近づいてくる。自分が今、国政の場に立てていないことを心底残念に思う。

そして、日本を解体させてはならないと強く思う今日この頃である。


戸井田とおる






※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

丹羽大使を呼び出し何を伝えたのか?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


「インテリジェンスの90%は公開情報から得られる。」

前CIA長官マイケル・ハイデン米空軍大将の言葉である。

国内外に氾濫している情報をどう捉えるかの問題なのだと思うが、ともすると見逃してしまう情報の中にも大切なインテリジェンスが含まれていると言う事なのだろう。

日本のマスコミは、肝心な事を報道しない。

ネット上で、下記のような情報が流れていた。

=一部引用=

「11日の夜に、南米から帰国した梁光烈国防部長がその日の夜、緊急作戦会議
を開催しました。」

「その会議で、中央政府尖閣諸島を強制的に奪う方針を決定したため、深夜にも
かかわらず、国務大臣に命じて、日本大使へ最後通牒を告げました。」


「現時点では既に、例え日本が人(船長・船員)を釈放しようが、勾留を続けよ
うが中国中央政府が尖閣諸島を強制的に奪うという方針が変わる事はありません。」


「釈放した場合は、尖閣諸島のみを奪回し、東シナ海の共同開発を停止し、
釈放しない場合は、カイロ宣言を根拠に琉球へ直接出兵し、琉球群島を取り返し
ます。」

=引用終わり=

真偽のことは分かりませんが、情報もとの「鳴霞」さんは知っております。

かなり、角度の高い情報を持っている人です。

中国の「エネルギー資源」に対する執着振りを考えると聞き流せません。

「坂東忠信」氏も街宣活動で言及しているようですが、2011年6月17日に尖閣諸島に強行上陸し、占拠する旨の情報を流しているようです。

政府は正確な情報を確認するべきだと思います。

それとも、「1000万人移民」させて沖縄を中国に明け渡すのでしょうか?


戸井田とおる








※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※ ご購入の方は、「アマゾン」からどうぞ!


※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

極左内閣発足

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


昨日、書き忘れてしまいましたが、第9回「丸坊主サロン」映画鑑賞会はほぼ満杯の状態で終えることが出来ました。「有難うございました。」

菅改造内閣が全容を現しました。

今日、外回りをしていて昼食後、車のラジオで決定した内閣の閣僚名簿を読み上げていました。

午前中からいろいろな名前を聞いて、前回よりも革命色を明確に出してきたなと感じていました。

ラジオから「新しい情報が入りました、消費者・少子化担当大臣に内定してる岡崎トミ子参議院議員が国家公安委員長を兼任することになりました!」

という情報が飛び込んできた瞬間、背筋がゾクッとしました。

岡崎トミ子と言えば、「慰安婦問題」でデモ行進の写真を見た事があります。

「あれっ?」と思うのは、「国家公安委員長」と「拉致担当」はお神酒徳利のように不可分と思っていたら「拉致担当」が抜けていますね。

意図的に抜いたのでしょうか?

それとも発表のし忘れでしょうか?

もし、意図的に抜いたのであれば、実に巧妙としか言いようがない。

それとも、「拉致担当」を兼任させたら何をしでかすか心配で外したのでしょうか。

「拉致担当」が何処に言ったのかと思えば、「法相」が兼任していました。

マスコミも会見で何も質問しないところを見ると出来レースでしょうか?

ことのほか「男女共同参画問題」にはご熱心で、要注意です。

参議院が「ねじれ」とは言うものの「パーシャル連合」とか言い出したら、「外国人参政権」でも何でも通ってしまいます。

小沢一郎が勝っても何をやりだすか分からなかったのですが、菅が勝ってもこうして人事を見てみるとどっちが勝っても一緒でしたね。

恐ろしい時代が来たものだ。



戸井田とおる





※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



ご注文はこちらでお願いいたします。


mizumahon




※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

尖閣問題、拡大の一途!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



 尖閣問題がジワジワとくすぶり始めました。

日本の出方を見ているのかもしれませんが、中国共産党政府の言っている事が、そもそも理不尽な言いがかりで、まともに聞ける出来る話ではないが、こうした勝手な主張は国連が解決してくれるなどと考えないほうがよい。国際社会は弱肉強食が常識だ。

韓国との竹島の問題と一緒だ。中国は竹島を韓国が力ずくで実効支配しているのを見て、それならわが国もと腰を上げただけの話だ。

1960年以前は中国も尖閣諸島のような島は歯牙にもかけなかった。

 ところが、国連・アジア極東経済委員会(ECAFE)は1968年10月12日から同年11月29日までの間。東シナ海海底の調査を行った。

翌69年5月に公刊された報告書「東シナ海海底の地質構造と、海水にみられるある種の特徴に就いて」(69年5月公刊。英語32頁)に次の様な文章がある。

「台湾と日本との間に横たわる浅海底は将来一つの世界的な産油地域と なるであろうと期待される」

国連機関が、尖閣諸島周辺海域の油田は、中東のイラク等の油田に匹敵すると言うのである。

イラクは世界第2の産油国。原油の推定埋蔵量は1125億バレル。

イラン・アザデガン油田の推定埋蔵量は260億バレル。

それに対し、尖閣諸島周辺海域の原油推定埋蔵量は、

日本側調査 1095億バレル (1969年、70年の調査)

中国側調査 700億~1600億バレル(1980年代初め推計)

と言われる。

この事を知ってから中国は爪を伸ばし、牙を剥きだした。

そのうち、尖閣に乗り込んで腰をすえたら最後、尖閣を手放す事はないと思わなければならない。

日本国政府が実力行使で排除しなければ、永遠に日本に戻る事はないだろう。

それが中国の考えならば、日本としては国際社会に何とかしてくれと泣き付くのではなく自らの力で防御しなければならない。その覚悟があってこそ領土は守れるのだ。

生半可な事では、中国は引き下がる事は無いだろう。

南京事件を捏造したように、どんなに時間が掛かろうが白を黒と言い換えてでも尖閣を我が物としてくるだろう。

その事を証明するように、1960年以前に北京政府が発行した地図の改竄はもとより、神田の古本屋街で中国人留学生等を使って、金に糸目をつけず古地図を買い漁った。そのため中国の古地図は古本屋街から消えてなくなった。

公立図書館や大学の図書館でも、古地図の尖閣の部分が切り取られたりして、証拠隠滅に釈迦力になっていたことを窺わせる。



中国の古典の「戦国策」の「魏の卷」に「三人市虎を成す」と言うのがある。

 既にご存知と思うが、讒言がいかに容易に信じられるかを物語ったものである。

「ホウ葱」なる人が、魏の太子とともに趙の邯鄲へ人質として送られることになった時、
「ホウ葱」が「恵王」に言う。
 
ホウ葱「ここに一人の人が、市場に虎が出ましたよと言ったとして、
    王さまはそれをお信じになりますか?」
 
恵王 「誰が信じるものか!」
 
ホウ葱「では、二人の人が同じように、市場に虎が出たと言ったらどうなさいますか?」
 
恵王 「やっぱり疑ってみるね!」
 
ホウ葱「では三人もの人が同じように申せば、王さまだってお信じになりましょう?」
 
恵王 「それは信じるぞ!」
 
ホウ葱「大体市場に虎が出るなどとは明らかにありえぬことです。
    それが三人もの人間が言いたてるとなると、
    市場に実際に虎があらわれたことになるのです。
    (原文――三人言いて虎をなす)
    私はこれから梁を去って邯鄲へまいりますが、
    邯鄲は梁からは市場より遙かに遠方でございます。 
    しかも私が立ち去った後、
    私についてとやかく噂する者は三人どころではありますまい。
    王さまよ、くれぐれも耳聡くあられますように!」

中国は10年もしないうちに「虎」を出すようにしてくるだろう。

プロパガンダはお得意の国だ。
 
中国という国は、「愚公山を移す」ではないが、「一世代」どころか「二世代」「三世代」掛けて物事に当たろうとする。

日本人は自分の事しか考えなくなっている。

政治がしっかりしないと日本という国家は「李鵬」が言っていたように何れ消える道を辿らないとも限らない。

政治家は、歴史観、国家観をもって事に当たらねばならない。


戸井田とおる





※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



ご注文はこちらでお願いいたします。


mizumahon




※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

一刻の猶予も許さない

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 民主党の新代表が決定しました。

終わってみれば、事前の予測通りで番狂わせと言うか「オーッ!」とどよめくような事は起こりませんでした。この後に起こるのかもしれませんが…!

しかし、「二週間」と言う長い選挙期間中に円高株安はじわじわと進み「円」も83円台が当たり前のようになってしまいました。今回の代表選、マスコミの言うように「究極の選択」でした。二つのハズレを並べられて「どっちがいい?」と聞かれても「どっちもイヤ!」というしかない。しかし、終わってみて、ほんの少しマシなほうが勝った後になぜかホッとしてしまう。勝った方もホッと一息つけるような人間ではないにも関わらずだ。今後、大きな政界再編に繋がるかもしれないという期待がそんな気持ちにさせるのだろうか、そう思いたい。今後も売国内閣は続きます!今以上に、監視の目を!


尖閣の問題も拗れてきました。「一刻の猶予も許さない」と良く言いますが、政権担当者はすぐに慣れてしまい何処吹く風と言った雰囲気です。

拉致問題も一緒で、拉致被害者の家族の気持ちと同じようにと言うものの気が付けば忘れている自分に気が付く。

今日は、「丸坊主サロン」を映画「クロッシング」の鑑賞会にさせて頂きました。

拉致被害者「有本恵子」さんのお父上、明弘さんに参加頂き、ご挨拶をお願いしております。

お母上は体調を崩され、急遽欠席と言う事でした。

残された時間は、多くはありません。機会を見つけて一人でも多くの方協力賜ればと思っております。


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

景気が悪くなると戦争が勃発するのか?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 「りんごさん」のコメント(「2313」と「2314」)にアメリカ「サンフランシスコの『Plane Crash』」の貼り付け記事を見ました。

その後、「ガス爆発」と言う事になって「当局による報道管制」が引かれているようです。

コメント「2313」と併せて考えて見ますとどこかで戦争の勃発なんて事を想像してしまいます。

情報をしっかり集めると言う事は、改めて難しいものと思いました。


 ところで、相変わらず尖閣周辺は、物々しい雰囲気になっているようだ。

台湾の民間団体(香港・マカオも参加)が計画するフォーラムに100人が参加すると言う。

=引用開始=

 フォーラムは11日、台湾、中国、香港、アモイ、カナダの保釣を構成する5団体責任者連名の共同声明を発表。日本に(1)尖閣諸島領有の停止(2)勾留中の船員、漁船の無条件釈放と返還(3)海上保安庁の責任者追及と謝罪-などを要求。今後も事態の進展を注視、対応することや、中台当局に領土防衛のために責任ある対応をとるよう求めた。

=引用終わり=

左翼団体が騒ぐ時は、いつも同じパターンだ。「俺達だけじゃないぞ」と言いたいのか周りの左翼シンパをかき集めて、猛烈にアピールする。

沖縄でよくやる「集会」と一緒だ。

この度のフォーラムは、某国の政府が尻をかいているのだろう。

日本の政府も振り回される事のないように毅然と対処して欲しい。

情報もしっかりと把握して、アピールする時はしっかり日本国民にアピールして欲しい。

誰も現場を見ていないから、政府がしっかり事実を伝えないと嘘も事実になってしまう。

そうした工作の得意なのが中国だ。

この度の件は、「中国漁船」の海保の巡視船に対する領海侵犯を警告されて、逃亡中の「当て逃げ」である事は間違いない。

未明に大使を呼び出すと言う異例の対応で「情勢判断を誤らず、賢明な政治決断下す」ように求めたと言う。

中国の国内事情もあるらしいが、そもそも日本を無視した「反日教育」をやり続けた結果、中国内世論が共産党政府に向いたとしても、身から出た錆だ。何故、当て逃げされて黙って釈放しなければならないとすれば理は立たない。

丹羽大使は「厳正に国内法に基づき、粛々と対応する立場は変わらない」と述べたらしいが、今後何を言ってきても毅然として欲しいものだ。

原則を変えたら、付け込まれるだけだ。


戸井田とおる






※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

中国はガス田交渉の延期通告を言って来た

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!




 準天頂衛星「みちびき」の打ち上げは無事成功しましたね。何よりです。

日本の宇宙科学技術、中でもロケットの打ち上げ技術は世界のトップレベルですね。

素人がこんな事を言っても仕方がないのですが、素人だからこそ、喜ぶ事の少ない時代だからこそ、何か誇らしい気持ちになりますね。近い将来有人宇宙船を飛ばして、取り合えず月面探査か火星探査なんかやって欲しいものだ。

ところで、案の定中国が対抗措置を取るかのような日本の「海保測量船・海洋・拓洋」にチョッカイ掛けてきました。

日中中間線より、日本よりの海域で海洋調査をしていたら、「何をしているのか」「船の種類は」「何人乗りか」軍艦ともいえる「海洋調査・監視船」で、先日の中国漁船の船長逮捕を意識したような示威行動を開始した。

そして、「中国の管轄水域に入っているので、国際条約および中国の法令に従い、直ちに調査を中止しなさい」とのたもうたそうな!

日本の「EEZ(排他的経済水域)」内であるにも拘らずこんな事を言ってくる国は中国か北朝鮮くらいのものだろう。

こんな感覚だから、「人のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」と言った常識はずれの事を平気で言ってくる。

それに反論もなければ、更に押し込んでくる。

終いに力ずくで取り込もうとしてくる事は間違いないだろう。

仮にここで、日本の調査船が攻撃を受けて調査船が沈没したとしても、適当な事を言って調査船を引き揚げさせないのではないか。証拠がなければ、中国はどうにでも言い繕うだろう。

そうならないうちに、「巡洋艦」を2~3隻つけておいた方が面倒な事にならずに済むのではないか。

過去の何度も煮え湯を飲まされてきたではないか。

中国は、早くも「東シナ海のガス田交渉の延期通告」をしてきている。

中国という国を相手にするときは、握手をしてても気を抜いたら酷い目にあう。

明らかに、中国共産党政府は日本の民主党政権を舐めて掛かっているとしか思えない。

のんびりと代表選をやっているときではない。

それとも、民主党は中国共産党の手下になっているのだろうか?

何しろ「中国解放軍・野戦軍司令官」がこの度の民主党代表選挙に立候補しているのだから…!

恐ろしい事になったものだ。

冗談ではない!!


戸井田とおる








※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

祈!準天頂衛星「みちびき」打ち上げ成功!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


姫路城工事


 姫路城も漆喰工事の為どんどんその姿が鉄骨に覆われてきました。

あと、天守閣の最上階が残されるだけとなりました。

足掛け五年間天下の名城も暫しお隠れになり、五年後には真っ白なこれぞ「白鷺城」と言える純白な姿を見せてくれる事でしょう。

姫路の城下も火が消えたようになってしまうかもしれません。その兆候が現れつつあります。みんなで知恵を絞って切り抜けねばなりません。

 ところで、「はやぶさ」の感動が冷めやらぬところですが、今晩、八時に準天頂衛星の「みちびき」が打ち上げられます。

実績のある「H2A」ロケットですから間違いはないと思いますが、無事打ち上げに成功することを願っています。

「JAXA」のプロジェクトマネジャーによると、

=以下引用=

準天頂衛星システムは、日本付近で常に天頂方向に1機の衛星が見えるように、複数の衛星を準天頂軌道に配置した衛星システムです。このシステムにより、山間地、ビル陰に影響されず、全国をほぼ100%カバーする高精度の測位サービスの提供を実現します。文部科学省、総務省、経済産業省、国土交通省およびJAXAをはじめとする関連の研究機関で研究開発を行う大変重要な国家プロジェクトです。また、米国のGPSとの協力のもとで成り立っており、さらにはアジア太平洋地域の国々にもサービスを提供できるため、国際的なプロジェクトでもあります。

測位サービスといえば、カーナビやGPS機能を搭載した携帯電話の普及により、衛星を使って測位情報を得る便利さはなくてはならない存在になりました。しかしながら、日本の都市部は高い建物が多く、GPS衛星の可視条件が悪く、測位精度の劣化が度々おこります。都市部での測位精度の劣化は、カーナビで道に迷ったりするという大きなデメリットとなります。これを解消するのが準天頂衛星システムというわけです。

測位情報の利用は、交通管制、測量等の公共的な分野のみならず、カーナビやマンナビ、さらには、犯罪防止や救難、交通事故を未然に防ぐ等、個人生活の安全・安心の向上に寄与するなど、国土情報の基盤として、測量・地図、輸送、交通、農林・漁業、建設、防犯等にいたるまで、幅広い利用が見込まれ、無限の可能性を感じています。

=引用終わり=

 日本列島上空を8の字状に運行し、ほぼ真上から観測するわけですから、最高で約3センチの測位精度をを目指すと言う事です。

日本の衛星打ち上げの技術は世界のトップレベルにあることは間違い在りませんが、こうした高性能技術に関することや原子力発電等の大規模プロジェクトは国家の威信を掛けてしのぎを削っている事を考えると、自国で出来ないとなると相対的に競争相手の邪魔をするのが、競争に勝ち残る手立てとなることを考えれば、「みちびき」の打ち上げに邪魔が入らないとも限らない。

今の日本の体制を考えるとセキュリティーは心許なく思えて仕方がない。

こうしたプロジェクトを成功させることは至難の技だが、失敗させるのは簡単だ。

以前、「H2」ロケットの打ち上げに失敗した時、自民党の部会にJAXAの責任者が来てしきりに謝っていた事があった。

その時に、私は、「純粋に技術的なミスだったのか?それとも外部の邪魔による可能性はないのか」と聞いた事が在った。

「そんなスパイ映画の見すぎ」と言う人もいた。

しかし、そんな暢気な事を言う政治家がいるから安全保障も心許ないのだ。

衛星の打ち上げには少なくとも数百億以上の費用が掛かる。研究段階からの費用を考えれば、数千億いや兆の資金が掛かっているのである。衛星の打ち上げを国家事業にしようと思えば失敗は許されない。

午後8時の打ち上げが無事に済むことを願ってやまない!


戸井田とおる





※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

中国は一気呵成にやってくる。

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 尖閣諸島付近海域における日本の海上保安庁の巡視船に対する、中国側漁船の当て逃げ事件で、中国共産党政府は、案の定理不尽にも尖閣諸島は中国の領土であると主張し、「日本法適用は荒唐無稽」として船長と漁船を無条件で早期に解放するように要求して来た。

そして、尖閣諸島海域に「漁業監視船」を派遣して来た。

日本側に対する示威行動なのかもしれないが、「漁業監視船」が領海内に侵犯するようなら毅然と取るべき手立てを躊躇することなく取って欲しいと思う。

こうした時に、甘い対応をすると賺さず次の示威行動を取ってくるのは見えている。

分かりやすく言えば、怖気づくなと言うことだ。

日本人がこうした時、最初に思うことは、まずは「穏便」にと言う事だが、国際社会においてはそれはありえない。「穏便」と言う事は、領土をやるということに他ならない。

日本国政府関係者によると「中国漁業監視船」は『日本領内に入ってきていない。その周辺でうろうろしているだけだ』と言う事だが、一歩足りといえども領海内に入れてはならぬ。

来年の6月17日に中国関係者が尖閣諸島に上陸する旨の話も風の頼りに聞こえてくる。

与太話と聞き流さないほうが良いと思う。

中国という国はそういう国だ。

時間を掛けてじわじわと環境づくりをして、ここと言う時に一気呵成に奪いに来る。

日本国内の環境づくりは既に終えている。

と私は思う。


戸井田とおる






※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

教育の原点は何処にでもある

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



自民党の人事が行われて、大島幹事長が副総裁に昇格。

後任の幹事長には、石原伸晃氏が内定。

総務会長に、小池百合子女史、政調会長は石破茂氏の留任と言う事で決まりと新聞紙上で伝えられている。

野党の人事は、与党民主党の代表選の陰に隠れて、目立たないがしっかりと務めてほしいものだ。

民主党のむちゃくちゃとも言える政策に、ストップを掛ける所は間髪をいれず対応して欲しい。

陳情の「FAX」や「はがき」「メール」等が届いても目も通さないなんて事のない様にお願いしたい。

ところで、読売新聞に9月の国内最高気温(39,9度)を観測した京都府京田辺市の地域気象観測システム(アメダス)に草が巻きついていたのが発覚した。どうも正確と思っていたデータが頼りないと言う事になりそうだ。

離れた観測所に職員が足を運ぶのは難しいとの事だが、もっと知恵を絞る必要があるのではないか?

今は、難しいのかもしれないが、小中学校に気象観測部のようなものはないのだろうか?

観測機器の周辺管理ぐらい小中学生にでも出来るのではないか?

自分たちがしている事が世の中の役割を果たしていると言う緊張感を持たせながら、毎日やらなければならない事を責任を持ってこなす事の大切さを教えるのにもってこいだと思うが出来ないのだろうか?

そうだとしたら、日本人の資質が間違いなく劣化していると思うし、それを教えられない学校はないのと一緒だ。

教育が劣化しているとしか思えない。

毎日続ける事によって、任された人間は考えるのである。

「こんな事が何の役に立つのだろうか?」

「自分ひとりぐらいやらなくても影響ないやろ。」

「兎に角やるだけはやろう。」

色々な事を考えながら、仕事をする。日々の積み重ねの結果がいつか評価される。

そんな時が必ず来るのだ。

その時が長ければ長いほど充実感や喜びの規模が大きくなる。

世代を越えて通じることがある。

観測機に草が巻きついてないか?何か異常はないか確認するぐらい簡単だ。

しかし、それを来る日も来る日も続ける事は結構難しい。

一人で出来なければ、クラスでやる。クラスで出来なければ、学年でやる。

そんな社会貢献を小中学校時代に経験する事は大切な事だと思う。

それこそ教育だ!


戸井田とおる






※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

「尖閣諸島」は日本の領土だ!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



 中国漁船と日本の海上保安庁の巡視船が衝突とか、接触と報道されるとそれだけでは、どちらに非があるのか分からない。

いくつかの報道を確認すると読売新聞は、社会面で取り上げ、「中国船船長逮捕へ」「海保、公務執行妨害容疑で」との見出しだ。

産経新聞は、「巡視船と中国漁船接触」「海保、船長を逮捕へ」となっている。

朝日新聞などは取っていないので分からないが、どちらにしても日本の海上保安庁も領海でもない所で操業しているものを取り締まっても何の得にもならない。

注意されいきなりぶつかってくる漁船があるだろうか?

意図的に騒動を起こそうとしているのが丸見えだ!

中国は共産党一党独裁の国である。

個人に意志でなどと言うものはないものと考えないといけない。

特に「尖閣近海」と言う事ならば尚更である。

まず政治的な意図が潜んでいる事は間違いない。

船長を初め乗組員全員訓練された者と見ておいたほうがいい。

読売新聞によると、日本の外務省は、早々に抗議したらしいが、(当然の事だ)逆に中国側から「尖閣諸島は日本の領土ではなく、違法操業に当たらない」と言って来た。

さらに、「重大な関心を持っており、日本側に厳正な申し入れを行った。」と言う事だ。

中国共産党政府は、明らかにこうした事態になることを喜んでいるように感じるのは私だけだろうか?

こうした既成事実を積み上げて、日本政府が躊躇している間に、気が付いたら日本側が悪いような環境づくりをされてしまう。

南京問題がどうなっているか考えたら分かりそうなものだ。

日本国政府は、中国共産党政府になめられている。

日本国政府自身が、日本国土を守ることに何の遠慮が要るのだろう。

相手は生き馬の目を抜くような国なのだ。気を抜けば即刻急所を攻められる事を忘れない事だ。

じわじわと既成事実を積み上げて、日本が遠慮している間に(民主党政権の間に)海軍力を増強して、いつでも対抗できる状態になった時は、もっとえげつない方法で実効支配してくるだろう。

そんな状態になってからでは、遅すぎるのが分からない外務省ではないだろう。

厳しい対応を望む!


戸井田とおる







※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

男女共同参画に10兆円使うのと年金・医療に使うのとどっちか良いか?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



コメント欄に水間氏の新刊本《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」》が「今日のつっちー」で取り上げられてないとありましたが、土屋都議に、「みなさん、つっちーが取り上げてくれるの首を長くして待ってますよ~!」って電話しておきました。

近いうちにアップされるんじゃないでしょうか?

 ところで、昨日の書き込みに船橋の図書館の司書の土橋某さんのことが書き込まれていました。

まぁー自分の本を「ハリーポッター」よりたくさん買い込ませるなんて厚かましい司書ですね。

一見、細かい事のように思いますが、こうした「小さなことをコツコツ」積み上げるのが得意なのが左翼の皆さんですね。

特に「男女共同参画」関連の「図書」はもとより、「講演講師料」等こんなお金が国だけでなく地方ともあわせたら結構な金額になるのではないでしょうか?

田舎の純粋なお母さん達をたらしこんで家庭崩壊の指南講演でもやってるのではないかと心配してます。

以前、「男女共同参画」がらみの予算ってどのくらいあるんですか?と部会で尋ねたら、「10兆円くらいです。」と言っていた。

その後、「男女共同参画」があっという間に進むので、『「10兆円」かけて喜んでいる人がどのくらいいるの?同じ10兆円使うのなら年金や医療に使ったほうが喜ぶ人がおおいとおもいますがね~!』

と内閣府の人に申し上げた事がありました。

当時、「男女共同参画」関連の予算の多くは、講師派遣の「講演会」の類のものが多かったように思います。

各省庁を股に掛けた「男女共同参画」ですから「こんなところも!」と驚くような、言ってみれば田舎のおばあちゃんには、有難迷惑のようなものもあったんではないかと思います。

その後、再び「男女共同参画」関連の予算はどのくらいあるんですか?と同じように聞いてみたら、今度は「4兆円くらいです。」とかなり下がっていた。

気が付いた時に、姫路でも講師料の取られそうな「講演会」の講師料がいくら位なのか聞いてみたが、県から派遣されてくるので分かりませんとのことでした。

名前のあまり売れてない人でも、「50万円」とか「100万円」なんて事ないでしょうね。

なんだか心配です。

こんな事で左翼学者を食わせているのだとしたらこれこそ「事業仕分け」が必要でしょう。

「本代」「資料代」「講師料」「会合アルバイト代」と言うようなところに仕組まれた無駄がありそうです。

「男女共同参画で10兆円も使って何か良い事有りましたか?」

と聞かれたら、多くの人は首を傾げるのではないか?

本当に「10兆円」でも「4兆円」でも使っているとしたら何処にいくら使われているのかハッキリさせてほしいものです。


戸井田とおる




※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

言いたかないけど!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



 ところで、8月31日にも書いたが、民主党の代表選挙の報道について、連日報道されるのは仕方ないのかもしれないが、報道の仕方に不満がある。

世論調査の数字を新聞もテレビも取り上げる回数が明らかに多すぎる。

世論調査が、全てを決するかのような言い回しで、コメンテーターも言っているように思える。

菅直人=65%。小沢一郎17%と新聞の一面トップで書けば書くほど、テレビでコメンテーターが言えば言うほど、何か胡散臭く聞こえてくる。

以前は世論調査の支持率はこれほど頻繁に調査もしなかったし、報道もしなかったと思う。

自民党の総裁選挙のときは、同じ報道でも街頭演説会に観衆が、主催者発表で「3000人」集まった、と言うように数字まで発表した事はなかった。

こうした数字や世論調査は、陣営の裏情報で流された程度だった。

生の数字を垂れ流しにすることはなく、ぼやかして報道していた。

映像にしても同じだ。

麻生元総理の誕生した総裁選挙は、福田元総理との一騎打ちのとき映像でも人が映らないようにカメラのアングルを考えているように思えた。

今回は真上からのアングルで取っていたので人のより具合がわかる。

こんな経験を積み重ねてくると報道の内容に懐疑的になってしまうのも仕方ないのかもしれない。

残された代表選挙の運動期間も一週間ほどだ。

蓋を開けた時に、マスコミがどんな報道をするのかじっくり観察してみたい。

スポンサーにならなければ、効果はないのかもしれない。

どっちが総理になっても、日本の国益は守れないと分かって居るだけに寂しい。


戸井田とおる






※水間政憲氏が出版した「徳間書店」発行の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

小さな卑怯を許さない。

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



 歩いて1分も掛からないところに、本屋さんがある。

定期的に、寄って立ち読みしたり、纏め買いしたりする。

昨日も「正論」を買おうと覗いてみたのだが、「正論」が見当たらない。

ある場所は、変わらないはずなのに、其処には別の見た事もない雑誌が積み上げられている。

何気なく、その見た事もない雑誌を手にとって見ると、その下に「正論」が平積みされていた。

そういえば、前にうろついていた年配のオバチャンが他の雑誌を手にして、開きもせずに、取り出した所と違うところに置いていた。

意志を確認したわけではないが、本棚から本を抜いて、本を開きもせずに平積みの本の上に置いたということは、「正論」を隠したという事としか思えない。

こういう小さな事だが、「卑怯な事」が私は大嫌いだ!

何で整理してある本を、違うところに置くのかと思ったが、目的があった訳で、それが意図的に行われている事を初めて目にしました。

きっと、「渡部昇一」先生の《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」》に対する推薦の論文を読ませたくなかったのだろう。

しかし、こうした手合いがいるのは忌々しいが、こうした事を「地道」と言うか「マメ」にと言うか、行う人がいると言う事に驚きを隠せない。

選挙に例えれば、朝早く起きて、ポスターを剥ぎ取るのではなく、上部の片側のみ剥がし、剥がされた部分が垂れ下がり、ポスターを隠そうとする手合いがいる。

直すのにも人手がいるし、二重手間になるので、人手が足りない時には、イラつく事の一つだ。

決定打ではなく、蚊に刺された程度にしか思わないが、たくさん目にすると嫌なものだ。

しかし、現場を見つける事は、難しい。

左翼的発想の人の中には、こうした地道に嫌がらせをする手合いが比較的多い事も事実だ。

私の思い過ごしかもしれないが、「真面目」「公明正大」を旨とする私には出来ない。

せめて、現行犯を見つけたら、「元の場所に返しなさい!」ぐらいの事を「ガツン」と言ってやろう。

小さな事だが、日々の積み重ね程大切なものはない。

戸井田とおる




※水間政憲氏が出版した「徳間書店」発行の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

「国家観・歴史観」をもった政党がないことの不幸。

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


民主党の代表選挙華々しくやってますね。

自民党政権の頃は、自民党の総裁選挙を野党は同じように苦々しく見ていたんでしょうね。

しかし、小沢一郎民主党前幹事長は、勝つ為に必死の形相ですね。

目的は、訴追回避ではなく、大韓民国居留民団との公約実現と言う感じがします。

日本なんてどうでも良いといった雰囲気が感じられます。

普天間の問題も腹案があるような事を言っておきながら、舌の根も乾かないうちに、問い詰められると「三人寄れば文殊の知恵」なんていいながらはぐらかして平然としている。

国民はもう騙されないでしょう。

サポーター票も国籍条項がないようですから、民潭から大挙サポーターになっているのと違いますか?

小沢氏の狙いは、「外国人地方参政権付与法案」の成立でしょう。

「外国人地方参政権付与法案」をネタに野党に揺さぶりを掛けてきて(公明党は賛成のはず)磐石の態勢を作られたら終わりかも…。

後は「民主党インデックス2009」の連続クリアーと言う事になれば、日本は無くなるなるでしょう。

何しろ、民主党の動きを見ていると「マニフェスト」を前面に出しながら、「インデックス2009」中心に国会運営を考えているように感じます。

考えすぎでしょうか?

しっかりとした「国家観・歴史観」をもった政党に政権を取ってほしいものです。

そんな政党がないのが、今の日本にとって一番の不幸なのだと思います。

戸井田とおる



※水間政憲氏が出版した「徳間書店」発行の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

遺棄化学兵器処理問題

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


民主党と言う政党は、中国から言われたら「イエスマン」に徹しているらしい。

「旧日本軍遺棄の化学兵器、廃棄始まる 中国・南京」と言う記事が、目に止まった。

このまま行くとまた拡大されそうだ。

=一部引用開始=

 【南京(中国江蘇省)=奥寺淳】旧日本軍が中国に放置した毒ガスなどの遺棄化学兵器を廃棄する作業が1日、中国江蘇省南京で始まった。中国国内に約40万発あるとされる遺棄化学兵器を日本政府の責任で爆破処理する作業で、中国で廃棄が始まるのは初めて。1年程度かけて南京の約3万6千発を廃棄し、他の都市にも広げていく方針だ。

=引用終わり=

この問題は、ポツダム宣言に基く武装解除で、中華民国軍と旧日本軍の間で、正式に引渡しが行われ、所有権は中国側に移っている。日本の手は離れていて、日本には本来責任はない。中国のペースに載せられるとどんどん膨れ上がって、終いに被害者の補償をしろということになる。

日本の「売国左翼弁護士」とつるんで、日本人の納めた税金で補償するようになりかねない。

慰安婦問題でも、日本の「売国左翼弁護士」がインドネシアで寝た子を起こしまわっていた事が解っている。

売国弁護士は、仕込みをしていくからたちが悪い。

旧陸軍が公文書を破棄したと言うことを基に弁護士商売を考え出している。

見事な武装解除しながら、責任をおっ付けられ補償までさせられるとなれば、踏んだりけったりどころではない。

当時を知る人がいなくなる時代に、政府が資料を確保して、防衛していかない事には、国民の財産を毟り取られるだけである。

民主党にも解っている人がいた筈なのにどうしたんだろう?


戸井田とおる




※水間政憲氏が出版した「徳間書店」発行の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

閉所恐怖症

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


「閉所恐怖症」と言うのがある。

アルゼンチン(チリでした!)の炭鉱の落盤事故の事で、今でも時々経過報道がされているが、今は直径10センチほどの穴からいろいろな生活物資などを地下700mの避難室に送り込んでるらしい。

避難室は40㎡ほどの広さで、其処に今33人がいるらしい。

一人、1,212121…㎡ほどの広さしかない。

閉所恐怖症の私としては、想像するだけで身震いがする。

救助には、4ヶ月ほど掛かるらしい。

4ヵ月後に地上に出てきてもみんな精神異常をきたしているのではないかと他人事ながら心配だ。

ところで、もっと「ゾーッ」とするのは、救助するのに直径70センチの穴を掘って其処から救助するらしい。今、パソコンを打ちながら「ゾーッ」としているのですが、700mという気の長くなるトンネルを抜けることを想像するとまた「ゾーッ」してしまう。

昔、と言うか健康診断で、「CT(断層撮影)」を撮る時、僅か2mほどのチューブ状の中に入っていく時、地獄に入っていくような感じがして、目を瞑ったまま辛うじて撮影を終えたことがあった。

700mと考えただけで胸が苦しくなる。

この先、どんな展開が待っているのか解らないが、思い出すたびに「ゾーッ」として、胸が苦しくなる。

これは本当に体によくないと思う。

世の中に、「閉所恐怖症」の人は、結構多いのではないか?

ところで、日本の「円高株安」のトンネルも全く先が見えない。

こちらののトンネルの方がもっともっと恐ろしい!

しかし、700mか!「うっ!」「ゾーッ」

「わーーーーーーーーーーっ!!」


戸井田とおる








※水間政憲氏が出版した「徳間書店」発行の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。