Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、やっぱり、おかしい!!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


《『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』が、アマゾンの各ランキングからの削除は事故か検閲か!》

水間氏の「朝日新聞が報道した『日韓併合の真実』」が発刊され、アマゾンのランキングがどうなるのか楽しみに見ておりました。
やっぱり、やっぱりおかしいですね。

 昨日は、確認が取れなかったので、曖昧な書き方にしましたが、おかしな事は他にもあります。

発刊日から「在庫切れ;商品が入荷次第配送いたします。」はおかしいのではないでしょうか?

それほど、注文が多いなら、先を読んで手配するのがプロってもんでしょう。

「徳間書店」にはまだ、在庫はあるように聞いています。

発刊日に在庫切れになるなら、普通は責任者が「すぐに徳間書店に連絡して商品を入荷するように手配しなさい。」ぐらいの事を言って商品をそろえるのが商売ってものではないでしょうか。

「アマゾン」って公務員を使ってやってるのでしょうか?

そう思える程動きが鈍いです。パソコンの操作はえらく早いようですが…!

ランキングもあの手この手で操作されるのなら、一喜一憂するのもあほらしくなってきました。

アマゾンがビックリする位たくさんの注文が出てきて、その発注数を把握して、徳間書店と連絡とって発注が来たか逐一確認して、「アマゾン」の「在庫切れ;商品が入荷次第配送いたします。」の表示がどの位の期間で変わるのか確認するのも面白いです。

そのくらいの事は、M氏はやる人です。

そうでなければ、あれだけの資料は集められないと思います。

いつ表示が変わるのかじっと見ておきます。

戸井田とおる










※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 
スポンサーサイト

やっぱりおかしい?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


《『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』が、アマゾンの各ランキングからの削除は事故か検閲か!》

水間氏の「朝日新聞が報道した『日韓併合の真実』」が発刊され、アマゾンのランキングがどうなるのか楽しみに見ておりました。

ところが、どうも解せない事が起きているように思えます。

始めは、水間氏からランキングから消されたと連絡があり、そんな事ないはずと思ったのですが、PCで検索してみると『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実・韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』のアマゾンの各ランキングは、一昨日(28日)まで「歴史・地理」や「日本史」 「単行本」「1500~3000円」部門で、すべてベスト10に入っていましたが、昨日(29日)一斉に削除されました。

これは、事故か検閲なのか、はたまたシステム上の問題なのか疑問が渦巻いていましたが、唯一ランキングから削除される前と表記の違う「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」になると、自動的にランキングから削除されるシステムかと思っておりました。

しかし、同「歴史・地理」部門のベスト30位「MappLe全国版《復刻版マップル全国道路地図》」も「在庫切れ、商品が入荷次第配送します」とまったく同じ表記になっております。
そして、現在の同「マップル」の総合ランキングは「8032位」で、『朝日新聞が報道は「日韓併合」の真実』の総合ランキングは「358位」になっています。

いま日本の出版業界を巨大な力でコントロールし始めているアマゾンに対して、抗議を出来る出版社はないのではと思っております。

インターネット検索サイトは外国資本にコントロールされ、出版物も外国資本にコントロールされる現状は、一般論として、将来的に日本人の思考回路までもコントロールされる危険を内蔵しているのではないでしょうか。

言論と表現の自由を標榜している民主主義国家でも、究極的な部分に闇があり「GHQ占領下での焚書」は、人類史上最大の蛮行であり許されない行為であるが、似たようなことが現在でも実行されているとなると、とことん日本人は舐められています。

発売初日の不思議な現象を見過ごすことなく、外国勢力に都合の悪い本であるようで、アマゾンに同書籍を注文をすることで抗議の意思表現になると思っています。

インターネットのおかしなことは、インターネットユーザーの力で打ち破りましょう。

こうした事が、私の思い過ごしである事を願っておりますが、こうした目線を失くすことのないように見ていく事も今の時代重要ではないかと思うのです。

戸井田とおる








※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

目には目、歯には歯

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)



ところで、

千葉景子法務大臣が始めて、法務大臣としてまともに仕事をした。
死刑を執行することは法務大臣の重要な仕事のひとつだ。これまで、徹底して「死刑廃止」を掲げて、法務大臣としての職務を放棄していたのが、どういう心境の変化があったのかわからないが、とにかく死刑を執行した。執行するだけでなく、執行の現場にも立ち会ったという。

 千葉景子法務大臣は死刑廃止論者であり、着任以来、死刑執行に慎重な態度をとり続けてきた。決して民主党政権だからという訳ではない。自民党が与党の時でも、個人の思想信条を優先し、死刑執行を拒んだ法務大臣もいた。法務大臣に任命される前から、職務の中に死刑執行命令を出す事が含まれていることはわかっているのだから、どうしてもサインをできないのであれば、法務大臣を受けなければいいだけだ。

 千葉大臣は、今後「死刑のあり方について検討する勉強会を立ち上げる」と発表した。おそらく今回の執行をきっかけとして死刑存廃の議論を巻き起こしたいのだろう。それは、結構なことであり、もし国民が死刑廃止を望むのであれば、廃止すればいい。しかし、今現在、法律で死刑が定められ、その執行が法務大臣に委ねられている以上、今後も職務に従って粛々と死刑執行命令を出していただきたい。

今回死刑になった死刑囚の犯した事件を読んでみると、自分勝手極まりない動機と陰惨極まりない手口にやり場のない怒りが込み上げてくる。全く無関係で、事件自体も半分忘れかけている私ですらそうなのだから、被害者遺族のお気持ちは如何ばかりかと思う。

 片や、金のために女性6人を焼き殺し、片や付き合っていた女性にそそのかされて男性1人を殺害、さらに無関係の女性1人を殺害し、2人に重傷を負わせています。理不尽に命を奪われた被害者及び遺族は、納得できないでしょう。

死刑にはそうした遺族に区切りを与える意味合いもあると思います。

人の命は人の命でしか償えない。

手足を縛られ、口は粘着テープで塞がれ、身動きできない状態で、火の勢いが増し炎が近づいてくる状態を想像してみると既に言葉を発する事の出来ない被害者の気持ちが解ろうと言うものだ。

「目に目、歯には歯」という有名な「ハムラビ法典」の言葉を思い出す。

 こうしている今なお残虐な事件が起きている。自らの子供を小さな箱に閉じ込めて殺してしまったり、しつけと称して、オイルライターのオイルを背中に振り掛けて、火をつけて全治一ヶ月の火傷を負わせ、治療もせずにほったらかしと言う親の気持ちが理解できない。

 こんな親には、「目には目、歯には歯」で、箱詰めにしたり、背中にオイルを撒き散らし、火を放ってやったら良いと思う。そうでもしないと、こんな連中にはわからないだろう。

賢げに屁理屈こねて、何になると言うのだろう。

それが、多くの国民の本音ではないか?

戸井田とおる

原子爆弾の不発弾

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)


 初版本が手に入らないと困るので、近所の本屋さんに『日韓併合の真実』を予約してきました。

資料が示す、歴史の事実。

 これまで何度も、水間氏の探し出してくる一次資料を目の当たりにして、自虐史観に洗脳されていた自分の頭が少しづつ整理されている事に気付かされた。

 そんな資料を小出しにするのでなく、ひとまとめにして誰もが資料本として書棚に置いて、いつでも手に取れる本に纏めてくれた事に感謝している。

 こうした資料を根気良く当たる作業は誰も進んでしたくない神経の疲れる作業だ。

 私の息子も以前、水間氏の作業に同行し資料の発掘に協力した時、行きはやる気満々でも、帰って来るなり、
「俺もーやりたくない。」
「フイルムが回る度に、船酔いしたようになって、気持ち悪くなって来た。金輪際やりたくない。」
と不満たらたらでよっぽどいやな感じがしたらしい。

 しかし、目的の資料が見つかり、その資料を基にして、原稿が出来ると息子にも達成感があるようで文句たらたらの自分はどこへ言ったやら、次は何を調べようとやる気満々な息子に戻っていた。

 こんな作業の積み重ねの結果が様々なものを掘り起こしてくる。

 以前、遺棄化学兵器の問題で調査している時、これも水間氏から見せられて、驚いたのですが、思わず眉毛に唾をつけて「これ本当ですか?」と言ってしまった資料がありました。

「軍事機密」で「原子爆弾保管ノ件」と題する電文で
本文は、
「長崎ヨリ東京ニ持帰リタル不発原子爆弾ヲ速カニ、ソ聯大使館内ニ搬入保管シオカレ度、返。」
という資料だ。

 長崎の原子爆弾は二発落とされていた?と思われる電文のコピーを見て絶句してしまった。
このことは、いろいろ言われているらしいが、霧の中と言った感じだ。

 この電報を打った本人は既に亡くなっていて、確認しようがない。

と言うより、本人は、観測用の「ラジオゾンデ」と言っていたらしい。

こうした、歴史資料に当たるのも、疲れるけど面白い。

出版が待ち遠しい!

戸井田とおる







※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

国連はどこぞの国に使われて、日本は国連に使われている。

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)


 下記の記事を読んで驚いた。表題を読んで、てっきり国連もやっと理解するようになって来たかと思えば、逆であった。朝鮮系の人が委員長と言うのもどうかと思う。歴史問題は非常に微妙な問題だ。国連だからと言って「はいそうですか。」と言うわけにはいかない。外務省も対応に困っているようだがしっかりとした対応を望むところだ。根拠のない自虐史観だけは御免被る。国連はどこぞの国に使われて、日本は国連に使われている。
政治家や外務省は、しっかり国連で日本立場を根拠を持って主張し、諸外国におもねるな!

=以下引用=

国連子どもの権利委、日本に歴史教科書是正勧告
6月16日9時28分配信 聯合ニュース

【ジュネーブ15日聯合ニュース】国連子どもの権利委員会が、日本の歴史教科書はアジア太平洋地域の歴史に対するバランスの取れた視点がみられないと指摘し、是正を勧告した。
 15日に公開された委員会の報告書によると、先月25日から今月11日までの第54会期で、日本の「子どもの権利条約」履行状況を審議。その結果、日本の歴史教科書はアジア太平洋地域の他国の学生との相互理解を強化できないだけでなく、歴史的事件を日本の観点でだけ記述していることが懸念されると指摘した。そのうえで、「アジア太平洋地域の歴史的事件に対しバランスの取れた視角を示せるよう、教科書を公式に再検討することを政府に勧告する」と述べている。
 また、華僑学校や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の学校など、他民族出身の子どもたちが通う学校への支援が十分ではなく、こうした学校を卒業しても大学入試に必要な資格条件が認められないことも懸念点だとした。非日本系学校への支援を拡大し、大学入試などでの差別を撤廃するよう勧告した。
 さらに、開発途上国の児童の人権を優先的に考慮する政府開発援助(ODA)を拡大し、アイヌや韓国人など少数民族出身の子どもたちに対する差別をなくすことも勧告した。
 同委員会の李亮喜(イ・ヤンヒ)委員長は、2004年の日本に対する総括所見で首席審議官として活動している。今回も歴史教科書と朝鮮学校差別問題を積極的に提起した。先ごろの聯合ニュース特派員の取材では、「これら問題は、人権条約履行状況を検討する際、継続して提起していく必要がある」との考えを示している。今回の報告書は、今後行われる日本に対する国連人権理事会の普遍的審査(UPR)でも活用されるだろうと述べた。

=引用終わり=

 いろいろ検索してみたら、このグループがぐるになって、日本を落とし込もうとしているようだ。
こんな事に力を入れるぐらいなら、横田めぐみさんを始めとする北朝鮮拉致被害者の事を国連にもっと強く訴えるようにしたほうが日本ためになる。北朝鮮の元テロリストを元総理の別荘に招待し、国賓級の扱いをして何か良い事があったのだろうか?

民主党のすることはわからない。

戸井田とおる

※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

「子供手当て」恐るべし!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)


 言うまいと思っても「暑いですね。」が挨拶の変わりに出てくる。

 或る公営住宅の自治会長さんが、毎月駐車場の利用料を集め回っていた時の話なのですが、いつもクシャクシャの千円札を出してくる家がこの7月の駐車場利用料三千円を新札で三枚出して来たので、驚いたと言う。

 この自治会長さんが言うには、クシャクシャのお札だけでなく、中には五百円、百円、五十円、十円、五円、一円と硬貨が勢揃いしてくる家もあると言う。

 それが、この7月は全部とは言わないが、ほとんどの家が新札を出して来たのには、驚いたと言う。

 何故そんな事になったのか?

 私が感心したのは、自治会長さんが推理するその理由である。

 人間、お金の支払いは誰でも手の切れるような新札でしたいのが人情だと言う。
しかし、生活がきちきちだとお金をかき集めて、支払う事になる。

これまで、集めるのに待たされたことを思えば、そうだと自治会長さんは言う。

この7月がいつもと違うのは何かと言うと、「子供手当て」だと言う。

公営住宅に入る世代はほとんどが子育て世代である。

それもひとりより、二人以上が圧倒的に多い。

どの家もいつもより、7月は、1万3千円2人なら2万6千円から多いところでは3万9千円収入が増えたのである。

自治会長さんは、きちきちの生活にいきなり2万6千円増えたら、リッチな気分になり、サラピンの千円札を出すようになる。

それが理由だと言うのだ。

私もこの話を聞いて、妙に納得してしまった。

子供手当ても、来年度は倍増と言っていたが、断念して現物給付に方向転換することを長妻厚生労働大臣は発言している。

 しかし、この話を聞いて改めて、自民党が衆議院選挙で大敗北し、参議院選挙で、勝ったといいながら、比例の得票では負けた理由は、改めて「子供手当て」であったと痛感した。

「子供手当て」恐るべし!

戸井田とおる





※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

コソボ問題と1000万人移民計画

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)

 『「コソボ独立は合法」と国際司法裁が判断、セルビアは反発』とのロイターの記事を目にして、11年前に新人議員ばかりで、難民キャンプを訪れた時の事を思い出す。

=以下引用=

 [ハーグ 22日 ロイター] 国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)は22日、セルビアの自治州だったコソボによる2008年の独立宣言について、国際法に違反しないとの判断を示した。この判断に法的拘束力はないものの、これによりコソボを承認する国が増えると見込まれ、独立を認めないセルビアへの圧力も強まるとみられる。
 国際司法裁判所の小和田恒所長は、「一般的な国際法には独立宣言を禁止する条項はない」と指摘。コソボのヒセニ外相はロイターに対し、国際司法裁の判断により、セルビアはコソボを主権国家として扱うことを余儀なくされたとし、「今後は双方に有益で重要となる事項についてセルビアと協議したい」と述べた。

 一方、セルビアのタディッチ大統領は声明を発表し、コソボはセルビアの一部であると改めて主張。「セルビアはコソボによる一方的な独立宣言を認めることはない」と強調した。

 コソボは2008年2月17日にセルビアからの独立を一方的に宣言しており、これまでに米国と英国を含む69カ国がコソボの独立を承認している。

 今回の国際司法裁による判断で、コソボ以外の地域での独立運動が勢いを増すことも予想される。

=引用終わり=

コソボ問題を知らない人の為に解り易く解説しているブログを参考にしてください。

 コソボは、三百年くらい前まではセルビア人が多く住む土地でした。しかしその後、東から進出してきたオスマン・トルコ帝国の支配下で、多くのアルバニア人が移り住むようになり、民族の構成が変わってしまったのです。

どこにもある問題かもしれません。みんな仲良く生活したら良い事は分かっていました。
しかし、現実は、昨日まで仲良く生活していた人達が、殺し合いをしてしまいました。

遥か昔の事が、今日になって血を血で洗うような民族問題に発展しているのです。

 十年前は思いもしなかった事ですが、今になってコソボ問題が当時より緊迫感を持って感じるようになったと思います。何故なら、以下の事実を良く考えてみてください。

 人口の多い国の代表ともいえる「中国」ですが、中国から日本に流入してくる人口は年々増え続けます。

民主党は1000万人移民計画なることを政策集なるものに載せていました。

 このことが実行されたら、みんな仲良くで収まるとは思えません。何しろ反日教育を施された人たちばかりです。

そして、

中国では10年後は2400万人も嫁不足ということになるそうです。

「中国では、19歳以下の男女比が著しく不均衡なことから、2020年には結婚適齢期を迎える男性が女性より約2400万人も多くなり、結婚相手を探すのが極めて困難になることがわかった。共産党機関紙「人民日報」が、政府系シンクタンク社会科学院の報告書をもとに伝えた。」

よその国とは言え、大変な問題ですね。

日本人女性が狙われているかもしれません。
悪いほうにばかり考えが流れていきます。

隣の国とは仲良くしなければなりませんが、隙を見せてはならないと思います。

戸井田とおる







※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

続ける事

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)


世の中の学校は、みな夏休みだ!
夏休みになった途端「耐震工事」の事が報道され始めた。
本来耐震工事は、2年で完了する予定だった。ところが、「文部科学省の資料」を見て欲しい。この資料を見れば一目瞭然だ。皆さんご承知の通り、民主党の政権交代で有無を言わさず、「子供手当て」を実行する為に、耐震工事の予算をまだ執行されていないところは軒並み斬られたのだ。早く耐震工事を終わらせて欲しいものだ。

 ところで、私は平日の朝6時から7時30分まで大きな交差点で辻立ちをしている。
平成17年の2月28日から始まり、土日祝祭日以外、原則立ち続けている。現職の時は、月曜日限られていましたが、今も自分の修行と思って立っています。すれ違う車に向かって、すれ違う人に対して「おはようございます。」と声を掛ける。
 学校がある時は感じなかったのですが、夏休みになって、クラブ活動で登校するのか通常より早い時間に集団で私の前を通っていく。わざわざ信号を渡って前を通っていく。そして、小学生が「頑張って下い。」と言って、握手を求めていく。
 後ろから、散歩の人が「戸井田さん。十年後の票固めやな!」と一言言って通り過ぎた。
これまで、挨拶するのに未成年者を優先して辻立ちをして来た。始めはビックリしたようにしていたが、今ではみんな挨拶をして通っていく。
 毎日散歩で通る人が、信号待ちの時に、「あんたに会う為にがんばっとるんや。今日は止めとこかと一瞬思うけど、いや、戸井田さんが待っとってやと思い直して、来るんやで。」こんなこと言われると、嘘やと分かっていても嬉しい。

 毎日、続けるといろんな事に遭遇する。事故は何度見たか忘れてしまった。認知症のお年寄りを保護した事もあった。酔っ払いがひとりで倒れて血を流しているので、救急車を呼んだら酔っ払いに叱られた事もあった。
 様々な事を見せていただいたが、続けていて見えてくるものがある。それは、子供達の心の中であったりする。こんな書き方するとおこがましい気もするが、明らかに、この子今日は元気がないな、と思う時がある。思い過ごしかもしれないが、先生だったら声を掛けるだろう。一瞬のすれ違いでも毎日続けると見えてくるものがあるように思う。

 寒い時には、よく熱い缶コーヒーを頂いた。ありがたかった。懐に入れておくと1時間は持つ。暑さ寒さは、対応グッズも揃っていて何とかなるのだが、どうにも敵わないのが風の強い日にはコンタクトレンズを入れてる為か、目にゴミが入ると立っていられなくなる。立ってみて駄目な時は撤退している。

何をやっても、一番難しいのは、「続ける事」だって円教寺の大樹孝啓住職が言っておられた。

辻立ちはこれからも続けよう!

戸井田とおる






※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

政治主導とは?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)


 ところで、いつの間にか日経平均株価が9300円を下回り、対ドル為替レートも86円~87円あたりをうろうろしている。

政府は何か対策を打っているのだろうか?

「革命内閣」が右往左往しているうちに全て官僚が仕切っているのかもしれない。

政治主導と言いながら、政治主導になっていないのではないか?

民主党も政権の座について1年が目の前に来ている。

この間、リーマンショックがあったとは言え、日本の経済は落ち込んできているように思える。

 内閣府が発表した5月の景気動向指数(CI、2005年=100)改定値は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.1ポイント低下の101.2だった。

数カ月後の景気の先行きを示す先行指数は3.1ポイント低下の98.6。内閣府は基調判断を「改善を示している」に据え置いた。

 経済の専門家でもない私としては、身の回りの現象を観察しながら自分なりに判断するのだが、これが結構良い読みをしている。当たらずとも遠からずと言った感じだ。

今年になってから特に国民の生活に余裕が全くなくなっている。

自分でも経験して来たから言えることなのだが、多くの人は、本当に懐が冷え込んでくると「金がない」と言えなくなる。苦しいところだ。胸が痛くなる。

じっと息を殺して、真綿で首が絞まるのを待っているのだ。

中小企業の経営者の中にそんな心境でいる人が居られるのではないだろうか?

自民党時代もそうだったが政府の反応は遅い!

今こそ、政治主導を発揮してもらいたい。

そう思っている人がたくさんいる。

戸井田とおる





※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

日本人は姑息な事を嫌う

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)


 ところで、臨時国会が召集されるようですが、菅総理が逃げ回った予算委員会や国家基本問題委員会(党首討論)が開かれるようになりますね?

小沢前幹事長の証人喚問はあるのでしょうか?

鳩山由起夫前総理の政治資金問題は自ら明らかにするのでしょうか?
楽しみですね。

 また、参議院なり、衆議院なりの選挙で敗北を喫して居座り続け、落選大臣まで居座らせる総理大臣は見た事がない。

皆夫々が、見識を持って自ら判断して来た。

それが総理大臣というものだ。

自民党時代にも、総理がころころ代わると批判されて来たが、菅内閣のこの事態は、民主党自らの選択の結果であったのだ。

国民が民意を時の政権に突きつけても、マスコミが「世論調査」という魔法の杖を一振りすれば、あら不思議総辞職するかと思った菅総理、急に元気が出て居座りを決めたらしい。

 これも国会の論戦をやってないからこんな事になるのだ。

マスコミは民主党に甘すぎる。いい加減にして欲しい。

 選挙前にせめて、予算委員会を開いておけば、菅内閣の正体が国民には良く分かりもっとハッキリした結果が出ていたのではないか?

どちらにしても、夏休み返上で梅雨明けした天気以上の暑い論戦を期待したいものだ!

野党の「自民党」も「みんなの党」も「公明党」もしっかり追求して欲しい。

「誤魔化し」の塊のような民主党の「マニフェスト」のからくりをしっかり暴いてほしい。

消費税は鳩山内閣では「4年間」上げませんと言っていたのが菅総理に変わると「次の衆議院選挙」になった。

消費税の税率アップが本当に必要なら竹下総理や橋本総理のように、選挙のことは考えずに国民にストレートに問いかけるべきではないか?

自民党を巻き込んで自分は助かろうと言う、姑息なやり方は日本人が嫌いの事を知らないのだろうか?

戸井田とおる





※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

今こそ日韓の歴史を知ろう!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

 盟友の水間政憲氏の新刊本[「日韓併合の真実」-韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった-]がアマゾンのランキングの新刊予約部門と歴史・地理部門のトップに躍り出ました。皆さんに是非購入していただきたく存じます。水間氏は、10万部を突破したらこの印税で「南京の実相」の映像版を制作すると公言されておられます。みなさんのお力で「南京の実相映像版」を世に出しましょう!  (戸井田とおる)


 ところで、民主党政府は「日韓併合100周年謝罪談話」を出すべく準備中らしき事を、韓国紙及び朝鮮日報が伝えたと産経新聞が伝える。

=以下一部引用=

 「16日付の韓国紙、朝鮮日報は、日本による朝鮮半島の植民地支配が始まった日韓併合から今年8月で100年となるのを受け、日本政府がこれに合わせて首相名の談話文を発表することを検討中だと報じた。日韓両政府の関係者の話として伝えた。」

=一部引用終わり=


 自民党を始めとする保守政党を標榜する政党は、菅首相が発しようとしている「日韓併合100周年謝罪談話」に対し、明確な反対の態度表明をするべきと思います。

 水間氏が述べているように、「日本国民が、今までと違うことを韓国政府に判らせる最善の方法は、当時の朝鮮半島の状況を日本人が正確に知る」ことなのです。

 戦後、日本国民は近現代史の事実を教えられてこなかった。

中国や韓国の反日教育にも黙して語らずで反論をしてこなかった。

 新しい世代は、中国や韓国の公言する作られた歴史を鵜呑みにするように教育されて来た。

歴史的な資料を突きつけられても、今までの習性で教えられた事がいまだに正しいと思い込まされて来た。

 ITの登場で少しづつ若い世代では中国韓国に対する呪縛が解けつつある今日「日韓併合100周年」を機にネット上から盛り上がり正しい歴史を日本国民に知らしめていくことが大切ではないでしょうか。

 戸井田とおる






※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

枝野民主党幹事長は革マル?

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 民主党の枝野幹事長が「革マル幹部」勢力と交わした「覚書」というニュースが目に止まった。

=以下引用=

「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる
2010.7.17 10:52

このニュースのトピックス:選挙
 民主党の枝野幸男幹事長が平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わしていたと、17日発売の月刊誌「新潮45」が報じた。

 枝野氏が覚書を交わしたのは、JR東労組大宮支部の執行委員長で、警視庁公安部が革マル派のJR内秘密組織の幹部と判断している人物としている。枝野氏は覚書で「私はJR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します」などとしている


=引用終わり=

 枝野幹事長は「革マル」だと言うことを耳に挟んだことがあったが、この記事を見ると「やっぱり」と言う事になる。鉤括弧に囲まれている文章「私はJR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します」を読んでみると、かつての上司に向けた部下の覚書の感を否めない。

皆さんはどう感じられるだろうか?

かつて過激派は「首都を火の海にしてやる!」と言って火炎瓶闘争を始めた。


 以前、民主党内閣は、革命政権だと書いたことがある。

「大袈裟な!」と言う人もいた。

「年頃になれば政治に目覚めて左翼運動に走る事はよくある。学生運動は、子供がの麻疹に罹ったようなものだ。」という人がいるが、所詮世間知らずのお遊びと言った甘い見方は捨てたほうが良い。

こうした左翼勢力の組織はなめて掛からない方が良いと思う。

 今でも足場を固めしっかり活動している。

 視覚的には東大紛争の時ほど目立ってないが、ジャーナリズムや官界政界にじわじわと浸透しているように感じます。

穏やかな感じの隣の官僚やジャーナリストが過激派の幹部かもしれない。

過激派は、政権を握ったのである。


戸井田とおる




※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

「国民」と「国家権力」とは違う。

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


14日、ロシア連邦院(上院)が、「対日戦勝記念日」の制定に関する法案を採択した。

この事に対して、元外務省主任分析官の佐藤優氏が産経新聞に寄稿している。

=以下引用=

 過去に国家院、連邦院でこの法案が採択されたが、エリツィン大統領(当時)が拒否権を発動したことがある。筆者自身がそのロビー活動に直接関与した。

 その時の公電(外務省が公務で用いる電報)や資料が極秘や秘(無期限)の判子を押され、外務省ロシア課とモスクワの日本大使館政務部に保管されているはずだ。その秘密記録を読めば、どのような論理で、どの部署を説得すればよいかがわかるはずだ。こういう活動に用いるための外交機密費(報償費)をモスクワの日本大使館は潤沢にもっている。駐露日本大使の河野雅治氏は真面目に仕事をしているのだろうか?

 衆議院外務委員会(鈴木宗男委員長)が河野大使を国会に呼び、国民の前で釈明させる必要がある。

 本件について、ロシア国営ラジオ「ロシアの声」(旧モスクワ放送)はこう報じた。

 《ロシア、終戦記念日を制定 法案が上院通過 露上院(連邦会議)は14日、日本が第二次大戦の降伏文書に調印した9月2日を国家記念日とする法案を賛成多数で可決した。

 日本は45年9月2日、東京湾に停泊したミズーリ号上で第二次大戦の降伏文書に調印。国際法的には同日が終戦の日とみなされる。

 立案者は議員らに示した説明メモのなかで、ソ連による参戦の前提となったヤルタ会談の決定に言及し、「祖国と連合国に対する義務への献身を発揮した同胞たちの記憶を留めるため」と目的を指摘。さらにソ連軍が参戦の結果、満州、南樺太(現サハリン南部)、千島列島を解放し、大戦終結を早めた点も強調した。

 また上院は同日、参戦の結果、身体障害者となった国民について、同居する家族の公共料金を半額値引きする法案も可決した》(14日「ロシアの声」日本語版HP)

 「ソ連軍が参戦の結果、満州、南樺太(現サハリン南部)、千島列島を解放し、大戦終結を早めた」などというロシアの暴言を放置してはならない。1945年8月9日、当時有効だった日ソ中立条約を侵犯し、ソ連は日本を攻撃した。あの戦争で日本は侵略された側だ。そして、北方四島はいまだに不法占拠された状態に置かれてている。

 岡田克也外務大臣は、「ロシアの非友好的行為に対し、私としては8月9日をスターリン主義ソ連による侵略の日と呼ぶことにする」くらいのことを記者会見で言わなくてはならない。「対日戦勝記念日」に日本政府が反発しないと、今後の北方領土交渉で、ロシアが居丈高な態度をとることになる。事態は危機的だ。

=引用終わり=

 将に佐藤優氏の主張されるとおりで、卑劣な旧ソ連の参戦に対して、日本は日本で、はっきり主張しないと完璧にやられてしまう。
「ポツダム宣言」を受諾して後、8月18日に侵略して来たのはどこの軍隊だったか。外務省の人間は忘れてしまったのではないか?「占守島の戦い」を知らない人が増えて来た。学校でも教えられてないからだ。

旧ソ連軍が終戦後、ヤルタ協定では満足せずに、スターリンが北方司令官のヴァシレフスキーに南クリル列島(南千島)及び北海道の留萌と釧路を結んだ線まで占領すべく指示を出している。その指示に従って、旧ソ連は日本を侵略して来た。

 このことを予見していたのは、他ならぬ当時第5方面司令官だった樋口季一郎中将だった。8月15日の玉音放送に続き、北海道の第5方面軍から、「18日16時の時点で停戦し、こちらから軍使を派遣」「その場合も、なお敵が戦闘をしかけて来たら、自衛のための戦闘は妨げず」との命令を発していた。

 ポツダム宣言受諾後に攻撃してくるはずがないという他の参謀の見解に対し、樋口司令官は長年のロシア問題の専門家として、間違いなく旧ソ連軍は侵攻してくる判断して、戦力を維持していた。

 この樋口司令官の判断がなければ、日本はスターリンの指令通りに占領されていたに違いない。

 65年前、戦争が終わったからと言って、当時の日本人がボケッとしていたら間違いなく北方四島どころか少なくとも北海道は、旧ソ連に取られていただろう。

 国際政治は生き馬の目を抜くような厳しい世界だ。

甘い事ばかり言っていて、何も解決できないのが日本だ。

戦後の日本は、外交に関しては、羹に懲りて膾を吹いているようなものだ。

日本人は、本当の自信を取り戻せずに今日に至っているのではないだろうか?

各国の国民との友好関係を築く事は大切だ。しかし、「国民」と「国家権力」とは違う。

日本人は、「国家権力」と「国民」と混同しているのではないか?

偉そうな事を言うわけではないが、外交とは、タイミングを逃さず、闘う事も恐れず、命がけで毅然と対応しなければならないのだろう。

そうでなければ、日本の権益を守ることなんて出来ない。

追記:今、読書中の浅田次郎新作「終わらざる夏」は、占守島の戦いを描いた作品だ!私もまだ読み始めたばかりです!浅田ファンの私からすれば、読み終えるのがこれほど楽しみな本はない!皆さんも夏休みは、「終わらざる夏」と水間さんの新著「朝日新聞が報道した日韓併合の真実」を読もう。


戸井田とおる


※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

ペロシ米下院議長が飛び上がって驚くだろう!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


左翼政権が出来ると世の中様々な動きが加速しだした。
お隣の中国も「日中歴史検証委員会」が動き出したのはつい3ヶ月ほど前の事だ。
今日、産経新聞の1面のトップ記事を見て驚いた。

 共産党に近い市民団体が地元地方議員に働きかけ「『戦時性的強制被害者問題促進法』の立法を求める連絡会議」なるものを組織して、今年の終戦記念日に向けて120万人の署名を求めて運動を展開していると言う。

 根拠は平成5年の所謂「河野談話」を前提にしている。

 河野洋平官房長官は、慰安婦の強制連行などの政府・軍の直接関与を示す資料が存在しないのに、元慰安婦の証言と韓国政府の強い要請をもとに「(慰安所設置に)旧日本軍が直接あるいは間接に関与した」と認め、談話でおわびと反省を表明した。

 その後平成19年7月に、アメリカの下院議会が、「旧日本軍が女性を強制的に性奴隷とした事を公式に認め、謝罪するよう日本政府に求める決議」を採択した。これらは、国連女性差別撤廃条約に基く一連の動きと連携しているようであるが、そもそも慰安婦の強制連行や政府・軍の直接関与を示す資料そのものが存在しないのに、「あった事」を前提に政府への意見書が作られている。当時の事を知る人が少なくなっている事を思うと勝手な捏造は許されるものではない。

 「南京の実相」を纏める時に、「国立国会図書館」や「国立公文書館」で当時の新聞や資料をあたった事があった。ジャーナリストの水間政憲氏の協力で資料を集める事が出来た。その時に、慰安婦問題の資料もついでに少しづつ集めておいた。

 8月21日の「丸坊主サロン」には水間氏に来て頂き、集めた資料を元に戦後の国会の議事録なども交えて、これまで全く語られて来なかった真実が「資料本」として出版される。

 驚いた事に8月22日は日韓併合条約締結100周年の日になるらしい。

 良い機会なので、出来ればガチンコの勝負をマスコミ上で行われる事を願っている。

 日本人こそが戦中戦後の真実の歴史を次世代に教えてこなかったその付けが、政権が変わって押し寄せてきている。

 当時の社会党の女性議員がどんな質問をしていたのか知ってほしいものだ。

 その内容を決議を採択した、アメリカのペロシ下院議長が知ったら、同じ女性として、飛び上がって驚くのではないか。

 戸井田とおる



※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

「種雄牛」を守れ!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 宮崎県の口蹄疫の問題ですが、ここのところ収束しかけてぶり返す状況の中で、「種雄牛」を殺処分するかしないかで、東国原知事と山田農水大臣の間で揉めている様ですが、どうなんでしょう?

 こんな時こそ政治の出番なように思えるのですが、間違いでしょうか?

 法律と言えども完璧でない事は誰もが承知の事と思います。

 そもそもあの赤松広隆前農水大臣(農水とキーボードを打つのですが、「の薄い」と変換されます。)の判断が鈍かったからこんな事になった感は否めません。

 その農水大臣の下で副大臣をしていたから、意地になるのは分からないではないが、DNAの鑑定等押さえる所は押さえれば出来るはずです。

 苦労して創りあげて来た「種雄牛」を所有者は県に無償で渡しても良いとまで言っている。

 畜産農家のこの気持ちをぎりぎりまで生かす事が出来なくなくて何の政治か?
と思わざるを得ない。
 
 みんなで東国原宮崎県知事に支援のエールを送りたい。


戸井田とおる





※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

参院選の結果は、わずかな猶予。

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


 この度の参議院選、ひとまず民主党の暴走に歯止めをかけました。ただ、この結果で喜んでいいのかどうか、昨夜は、千葉景子法務大臣の落選を見届けてから床に就いたのですが、一夜明けてみると、9月の代表選まで民間登用という形で法務大臣を続投させるという。年齢から言って次の選挙に出るとは考え難いし、本人も昨夜の敗戦の弁で後継を匂わすようなことを述べていた、選挙前に「人権擁護法」「夫婦別姓」に言及し、選挙結果とは関係ないと言い切ったくらいだから、窮鼠猫を噛むの例えどおりにこれらを強引に通そうと動くのではないだろうか。そこに加えて「外国人参政権」まで加えて、ステルス三法案がいつのまにか成立していたなんてことにならないだろうか、来年4月の統一地方選の投票所に外国人が押し寄せる光景は目にしたくない!

 思えば、今回は前回の選挙の裏返しです。つまり「自民党が勝った」選挙ではなく「民主党が負けた」選挙だったと思います。勝ったと言えるのはゼロからのスタートで7議席を獲得したみんなの党ではなかろうか。このまま調子に乗ってしまうようなことがあれば、自民党は再度足元を掬われる。中央では野党の自民党だが、地方議会では与党を握っているところが多い、組織も民主党に手を突っ込まれ、かき回されながらも健在だ。今回の参議院選はその地方の組織の動きと民主党の敵失がうまく噛み合った事が勝因だと思う。マスコミの報道や世論調査もどこまで本当かはわからないというより信用できないが、自民党の支持率が回復していないということだけは本当だと思う。ここで兜の緒を締めなければ、半年もすると今度はその地方組織の命運を握る統一地方選が待っている。小沢前幹事長が二人区を中心とした複数区に無理やり複数の候補者を立てたことは、統一地方選、そしていつ行われるかわからない総選挙を見越してのことだ。今回、小沢前幹事長が送り込んだ候補者の多くは涙を呑んだが彼も候補者も決して転んでただで起きる事はないだろう。

自民党にこの勝利に酔いしれているヒマはないのだ!今回「たちあがれ日本」も1議席に留まった。中山成彬先生も涙を呑まれた。自民もたちあがれも保守を謳って参議院選挙に臨んだが、どちらも中途半端だったことは否めない。もし、このまま解散がなく任期満了近くまで任期を引っ張れば、三年後の参院選と時期が重なる、おそらく、そこまで延びればW選挙となることだろう。今後3年も民主党政権が続くなど考えたくも無いが、新たな連立が生まれたり、民主党が割れたり、政界再編が起きない限りそうなる可能性は高い。

 政党は選挙に通るための互助会ではない!同じ政治目的、思想信条を持って理想実現に向けて共に動くのが政党だ。今回の選挙結果は、政界再編の引き金になり得る。日本が手遅れにならないうちに、自民党だろうが民主党だろうがどこが中心でも誰が中心でも構わない保守の理念を持った、真の保守政党を生みださなければならない。今回の参院選の結果は、八百万の神々が与えてくれたわずかな猶予に過ぎない。

戸井田 とおる



※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
 

中国流乗っ取り

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ


※ 「カチッ」とクリック宜しくお願いいたします!


 愈々、明日が参議院議員選挙の投票日になりました。
この選挙期間中に、中国人の観光ビザ要件の緩和が打ち出されました。正直なところ本当に良いのだろうかと心配しております。

 かつて、日本人も欧米で団体旅行を批判された事がありました。団体旅行で、ぞろぞろとうろつかれるのを嫌がられたり、ブランド物の店に「ドーッ」と押しかけ、カネにモノを言わせて、イナゴの大群の如く買い尽し、嫌がられた。しかし、嫌がられても利益を得ていたのは夫々の国の企業であったし、それでも最低限のマナーを弁えて旅行をしていたからか、世界中から日本人観光客の悪い評判は聞かない。

 ホテルに勤めた経験のある息子に言わせると中国の団体客はマナーがよくないらしい、中国経済発展に伴って富裕層の旅行客は、落ち着いてはいたらしいが、一番性質の悪いのが中流層以下の格安ツアーの団体客で、彼らの泊った後は、部屋が汚れているのは日常茶飯事、備品が壊されたり、持って帰られることもよくあり、中にはツアーの最中に姿をくらましてしまう強者もいるらしい。添乗員が青い顔して探し回っているのを見たことがあると言っていた。

 日本に来て、日本にお金を落としてくれるなら、まだいい。今では経営の立ち行かなくなった日本の観光ホテルを中国資本が買収している。そのホテルを中国人が運営している。料金も格安で、ハナから日本人など当てにしていない。日本の観光ビザの要件緩和を見越して、中流以下の中国人相手の観光事業なのだ。日本の観光業者が入り込む余地など全くない。中国人が観光旅行に日本に来ても中国の旅行代理店を使って、中国の航空会社を利用し、中国資本のホテルに泊まり、中国人従業員のサービスを受ける。そのうち、食事は中国人研修生の作った野菜や肉を食べ、中国資本の買収した水源地の水を飲んでいると言う事になるかもしれない。
 日本の企業はそのおこぼれを集め歩くようになる事だろう。そして、肝心な事は大量のゴミだけは残されていくと言う事だ。ちょっと大袈裟な言い回しかもしれないが、日本国中汚されるだけと言う事になりかねない。

 ビザ要件が緩和されてから、ビザ申請数は倍増したという。

チャイナマネーが日本に流れ込む!とマスコミは大騒ぎ(大喜び?)している。もちろん流れ込むお金は増えるだろうが、お金と同時にトラブルも背負い込むことまではなぜか報道しない。要件を緩和するのであれば、おかしな人物を入国させないように入国管理局の審査体制は厳しくなっているのだろうか、先日も帰国した中国残留孤児の姉妹が親族48人を呼び寄せていた事件があったばかりだ、どんな手段を使ったのかわからないが48人は、入国して、生活保護まで受給していた。入国管理局は、もっときちんと仕事をすべきだろう。もし、予算も削られて、人手も足りないのにこれ以上はどうしようもないと言うのであれば、直属の上司である法務大臣に「現場は対処し切れません、ビザ発給の要件を緩和するなんてとんでもない!むしろ厳格化を!」と声を上げるべきだ。

 中国の中流以下の人たちのマナーは日本人とは全く違います。日本には「郷に入っては郷に従え。」の文化が残っているが、大陸ではそんな甘いことを言っている連中から食われてしまうのだ。日本人が儲ける事ばかりに目が向いていると賢い中国人に儲けはさらわれ、それこそ「ババ」ばかり引かされる事になる。中国人は日本人の商売の仕方は甘いと思えば、どんどん日本に移り住んでくるだろう。そして、永住権をとって、参政権が認められていたら自分達の住みやすいように動き出す事だろう。

 いずれ中国人の本領が発揮された時に「こんな筈ではなかった。」と言っても、その時にはもう手遅れなのである。

戸井田とおる





※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。

公務員は稼がない!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!

下記のようなメールを頂きました。 

 毎日「丸坊主日記」を拝見させて頂いて居ります。
拍手を送らせて頂くメッセージが八割強と感じます。
本日は現実厳しい経営をしいられている者からの意見を聞いて下さい。

企業は労働から利益供与を受け、その利益を管理して(節約して)社会貢献と社員の生活を支えようと頑張っています。収入を得なければ幾ら管理しようにも原資が有りません。役所は管理団体で、稼いでいません。管理組織はもっと謙虚で有るべきです。
あの給料・ボーナスを見た時必死に努力して生き抜いて行こうとしている企業はどう感じるでしょう!

役人は稼がない存在です。

(姫路の企業経営者 TK)


 コメント欄には、書き込まれないようですが、時々私の携帯などに友人達から魂の篭ったメールを頂きます。
 民主党は、子供手当てに約2兆5000億円を使っています。自分で稼いでません。国民が納めてくれた税金を使っています。税金は、経済を回していく事に遣われるべきかと思います。何でもかんでもばら撒けばいいものと違うはずです。しっかりとした経済成長戦略を立てて、安定した経済成長を確保して、国の安全と国民の福祉を実現する事こそ、政治に携わる者の責任であるはずです。

しかし、税金や福祉の行き過ぎは大変ですが、後で訂正が出来ます。

 民主党が密かに法案を成立させようとしている「ステルス3法案」等は成立させたら取り返しが付きません。
政権選択は国をひっくり返します。参議院で民主党が安定過半数を確保すると言う事になれば、まさに日本国解体という事になってしまいます。

そうさせない為にも頑張ります!


戸井田とおる




※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。

メール頂きました。

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ


※ 「カチッ」とクリック宜しくお願いいたします!


 駅そばの話をしたが、コメント欄に書き込んでくれたら良かったのですが、駅そばの思い出や夫々の何故駅そばは美味しいかを丁寧にまとめたメールを頂いた。メールでコメントしてくれたと言う事は、個人的にくれたと言う事で、ここに披露する事はしないが、実に愉快なメールに遭遇した。差出人の名前はないのだが、明らかに誰がくれたのか解るメールだった。
 これまでに、数え切れない程のメールのやり取りをして来たが、いつも言い込められて終わりの事が多い。漢字の間違いは、的確に指摘されるし、正直言って敵わないと思う事が何度かある。いわば私の「ご意見番」と言ったところだ!電話で話したら早いのにと思う事が何度もあったが、悲しい事に彼は、電話に出れない。聴力障害を持って生きている。しかし、障害を感じさせない。会合を開いても「手話通訳」をうっかり忘れようものならこっぴどくやられる。
 逃げない前向きな彼の気性に、何度気合を入れられたか知れない。一生懸命頑張っているとご褒美といって「抹茶アイス」を十個届けてくれる。本当に好い人なのである。障害のことを気にせずに、言いたい事を言って付き合いできる事に感謝している。お陰で障害について随分勉強させられた。
 ここに書いたら叱られるかも知れないが、一度だけ、彼の誤字を指摘した事があった。その時は、本当に気分が良かったのだが、以来幾分は私の存在も認めてくれるようになってきている。
 彼は、丸坊主日記のコメント欄に出現してくれるだろうか?

戸井田とおる



※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。

ステルス3法案に注意せよ!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ


※ 「カチッ」とクリック宜しくお願いいたします!


こんな記事を掲載できるのは、産経新聞だけだろう。
 事実他の新聞は触りもしない。
 「外国人地方参政権付与法案」「選択的夫婦別姓問題」「人権救済機関設置法案」の三案を選挙の争点にもせず、国民に詳細を説明する事もなく隠密裏に成立させようと虎視眈々と狙っている。極端な事を言えば「消費税」は、一度上げてもまた下げる事は出来る。しかし、これらの問題は、一度法律として成立してしまうと元に戻す事は、ほぼ不可能だ。それだけに、法律として成立させるには国民にも周知して、国会でも相当な時間を掛けて十分な議論がなされなければ、後で知らなかったでは済まないことになる。
 この参議院議員選挙でマニフェストにも掲げることなく、民主党が単独過半数を確保する事にでもなれば、これらの三法案は瞬く間に成立してしまうだろう。多くの国民は全く知らないところで自分達の自由をを縛る法律に雁字搦めにされてから気付いても遅いのだ。
 かつて、ヒトラーが独裁体制を確立するのに、「ワイマール憲法」という民主的で自由を認めた憲法を持ちながら、巧妙に、「民族と国家防衛のための緊急令」や「ドイツ民族への裏切りと国家反逆の策謀防止のための特別緊急令」を元にヒトラー政府はこの二つの緊急大統領令の権限で、国会議員を含む多数の共産党員・ドイツ社会民主党員を逮捕・予防拘禁した。少しづつ国民に制約を加えていき、終いにはあの「民族および国家の危難を除去するための法律案」(いわゆる「全権委任法」)の国会審議を求め、急速に反対勢力の排除に突き進んだ。法律案はナチ党と国家人民党の共同提出の形がとられた。

 革命や独裁はある日突然襲って来るのではない。

 少しづつ、少しづつ真綿で首を絞めるように自由を奪い去っていく。おかしいと気付いた時には、時既に遅く身動き取れなくなっている。歴史を振り返って見ると何で、どうしてと思える流れなのだが、時代にどっぷり浸かっていると分からないものらしい。
 民主党は「人権救済機関設置法案」を成立させようとしている。この法案がどういうものかを詳細を明らかにした上で、衆議院を解散し、国民に信を問うに足る法律と思うが、昨今の流れを見ていると、マニフェストにも載せずに参議院選挙が済めば千葉景子法務大臣は、以前はマスコミを含めて規制対象だった「人権救済機関設置法案」をマスコミだけ対象外として、成立させる構えのようだ。それだけでなく、「選択的夫婦別姓」も同様に成立させるという。隠れるようにこそこそとやろうとするものにろくなものはない。ましてや、相手は、マニフェストに掲載されなくても選挙の争点にならなくても特段問題ではないなどと言っている、革新的確信犯だ!国民はこれらのステルス3法案に強力なレーダーとアンテナで立ち向かわなければならない。

戸井田とおる




※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。

業精於勤、荒於嬉

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ


※ 「カチッ」とクリック宜しくお願いいたします!


 公務員にボーナスが支給されたとテレビで報道してました。
 一方、大阪市信用金庫が1日発表した、大阪市内の中小企業のボーナス支給状況を見ると、そもそもボーナス自体を支給している中小企業は全体の51%で、平成10年以降で最低との事でした。支給金額も25万3559円という事で、大阪市の一般職員の平均78万3543円の半分以下という結果でした。こんな結果を見せられると愚痴の一つも言いたくなるのは当然だ。マスコミは、公務員のボーナス支給を伝える時は、民間の特に中小企業のボーナスの支給状況と比較して報道して欲しいものだ。

 参議院の選挙はいつでもそうだが、盛り上がりに欠ける。
消費税という「パンドラの箱」というより「スズメバチの巣」をつついた民主党の菅総理は、早くも防護服を付け始めた。
 すなわち低所得者には、消費税を還付するというのである。マスコミでも取り上げられているが、還付対象を「200万以下」から「200万~300万」と徐々にヒートアップして、街頭演説での反応が悪いのか、最近はバナナのたたき売りと見間違うような「300万~400万」という数字が飛び交っている。選挙に勝ちたい気持ちは解らないでもないが、ちょっと言い過ぎではないか?
 また、「子供手当て」や「無駄の削減」のように国民を騙すのだろうか?400万以下といえば、国民の40%ぐらいにはなるのではないか?
 そうだとすると何のための消費税か?

 民主党政権に代わって、誰もが思う事だろうが、ばら撒きが多すぎる。
誰もが楽して生活がしたいのは当たり前だ。しかし、日本人がそうして来なかったのは、「ただほど高いものはない。」と言って「不労所得」を戒めてきたまた、そのことを経験の中から実感し、戒めの正しさを確認してきたらではなかったか?大自然相手の農耕は時期を外せず、やるべき時には村総出でやり切らなければならなかった。ひとりの不労は時として、皆の不労に繋がった。「働かざる者食うべからず」と不労にはいたって厳しかった。

 「不労所得」は、日本人の「勤労精神」を駆逐していく。我々日本民族は、神代の昔から働く事を「喜び」として来た。日本民族の「勤労精神」という背骨は、民主党の「ばら撒き政策」という劇薬によって溶解しつつあるように思える。
 過日、日本企業の経営者の年収を公表していた。意見を言うつもっりもないが、日産自動車のカルロス・ゴーン社長の8億6000万円は日本人にはしっくり来ないと思う。働いても働いても所得の上がらない賃金体系を何とかしなければ、日本社会は崩壊していくだろう。日本人は「ばら撒き」が欲しいのではない、しっかり働いた賃金を望むだけだ。しかし、ここが難しい。資本家と経営者、労働者の三者のバランスをどうとるか?「真面目に働く人が報われる日本」言葉にするのは簡単だが、実現するのは本当に難しい。

 かつて、私の父は「揮毫」を頼まれると頼まれた人の人となりを考えながら、揮毫していた。口下手の働く事しか知らないような実直な人には、「業精於勤」と書いていた。この後に、「荒於嬉」と続くのだが、そばに付いて居て、なるほどと納得したものだった。
 私は、今でも日本人の中に息づく「勤労精神」は健在だと思う。
今ならまだ間に合う。「ばら撒き政策」を何とかしなければならない!

戸井田とおる




※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。