Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石が流れて木の葉が沈む

 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 昨日、国籍議連を開催いたしました。平沼赳夫議員は、私の顔を見ると「毎日メールが沢山来るけど、皆返事をしているんだよ!」と誇らしげに話しかけてくれる。また、何人かの議員達も「膨大なファックスが来て大変だ!」と言ったように何か私がさせているかのように話しかけられるのには困惑する。しかし、ファックスによる民意の主張は、一定の効果があるようにも思える。今までも日教組などが組織的に大量のファックスによる要望活動はあったが、明らかにそれとは違うようだ。それは、一人ひとりの民意が汲み取れるからなのだと思う。

 さて、議連では「入管法」の進捗状況や民主党から突きつけられる多くの修正点について、法務省や警察庁から説明を受けた。いくつかの修正点を原点に返って考えてみると全くおかしな事に気付く。「特別在留カード」の常時携帯義務を削除するのも納得できない。
 たとえば、日本国民でも、車を運転しようとすれば、運転免許証を携帯するのは当たり前の義務である。何かあったときには、自らの様々な証明にも使える。自分が交通違反をせずに、正しく行動していれば、実に便利である。いまだ13万人に及ぶ不法滞在者を無くす為にも、正規に入国した人達が在留カードを携帯して頂き、正規の入国者である事が証明できることが何故認められないのか不思議に思えてならない。近視眼的にものを見すぎると「石が流れて、木の葉が沈む」がごとき現象が起きてきてもおかしいと思わないことになる。

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。




スポンサーサイト

NHK「Japanデビュー」問題で会合!

 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 昨日、自民党、公明党両党により提出された「北朝鮮の核実験に抗議する決議」が全会一致で採択された。社民党は難色を示し、共産党は反対していたが、結局賛成し、全会一致となった。社共は何を考えているのか分からない。また、国家公務員特別職の国会議員の賞与を2割削減する法案が可決された。

 その本会議が始まる時、中山成彬議員が本会議終了後15控室に来てくれというので、行って見ると錚々たる面々が集合しておられた。話は、NHKの「ジャパン・デビュー」問題の事だった。これまでばらばらに活動していたが、纏って勉強し、認識を共有していこうと言う事になった。議連の名称は「公共放送の公平性を考える会」となった。集まったのは、安倍晋三議員、中川昭一議員、中山成彬議員、古屋圭司議員、衛藤晟一議員、高市早苗議員、西川京子議員、稲田朋美議員、そして私戸井田とで発足し、安倍、中川両議員を顧問に、古屋圭司議員が会長に選出され活動する事になった。

 この時に中川昭一議員に「以前、水特命委員会でも発言したのですが、湧き水の水源を外国資本に買収されている話があるが、本当かと来た時、林野庁は聞いた事ないとの返事でしたが、新聞の記事にもなっているので至急この問題も取り上げて欲しい!」と耳打ちした。すると、中川議員は「それは水の特命委員会でやろう。」と言う事になった。

 いよいよ気をもんでいた問題が動き出す事になったが、一人ひとりが忙しいのでこうした集まりを定期的にやらないと大切な問題が上手の手から洩れていくことになるのが怖い。
 「入管法」は国籍議連で再度集まり、検討する事になっている。

戸井田とおる




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。



戦没者拝礼式と御遺骨収集

 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝いたします!

 昨日、12時半から千鳥が淵戦没者墓苑にて第2次世界大戦や戦後シベリア抑留で亡くなられた身元不明の戦没者の方々を慰霊する「拝礼式」が、三笠宮同妃殿下と麻生総理大臣を始め各国大使並びに各党代表者そして、ご遺族代表が参列のもとで行われた。今年新たに、3月に日記にもアップさせて頂いた「空援隊」の皆様や政府の遺骨集集団がフィリッピン、インドネシア、硫黄島などで収集されて来られた1406柱が納骨された。
 その後、16時半から「空援隊」の皆さんによる報告会が開かれた。「空援隊」が現地事務所を置いて活動を始めてから、収集される御遺骨の数が、桁違いに増した。平成19年には54柱だったのが、20年には446柱、21年には2196柱と急増している。当時の情報に頼るのではなく、今の現地情報の方が正確だと空援隊倉田事務局長が言われる。今の現地情報を集約すると22年は15000柱~20000柱の収集も可能との事でした。現地情報提供者の歳を考えると、後5年が限度だと言う。
 米国は、2000年から第2次世界大戦の戦没者約70,000名の遺骨収集を本格的に着手している。米国の遺骨収集にかける精神は「キーピング・ザ・プロミス」(兵士との約束は必ず守る)をモットーにしている。国防総省、戦争捕虜・行方不明者捜索司令部(JPAC)が統括し、年間予算51億円を投入し、先史、地歴学、医学、骨格学、戦術、記録等の専門家がチームを組んで捜索している。アメリカは、ご遺骨収集事業を大統領直轄事業と位置づけていて、大統領宣誓式やホワイトハウス・エントランスホールにはJPAC旗が翻っている!
米国の真似をする訳ではないが、日本も約116万柱に及ぶ未帰還のご遺骨を集中的に、予算も人材も投入して行われなければならないと思う。時間がない!

戸井田とおる




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。



新型インフルエンザの影響


 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 旅館業者でつくる国際観光旅館連盟近畿支部からの陳情を政務官室で受けた。代表者の皆さんの顔は引きつり、風評被害の大きさを一瞬にして感じ取ることが出来た。新型インフルエンザの感染か確認された16日以降の5日間で、兵庫県内の旅館・ホテルの宿泊キャンセルが述べ77、200人に上るという。さらに、今後もキャンセルは留まる事はないようだ。感染拡大で地域経済への影響が広がっている。県内では個人客が大半だが、修学旅行の多い地域ではそのキャンセル数は増し、風評被害は近畿一円に拡大している。参議院で補正予算審議の真っ最中だが、より早い対処をするためにも補正予算の早い成立が望まれる。
 感染の拡大防止をはかりながら、地域経済への影響を最小限にとどめることも重要だ。いたずらに恐怖感、危機感をあおることは良くないが、状況をしっかり見極めた的確な判断が求められる。

 その後、刻々と代わる状況に不眠不休で対応している厚労省の職員たちを激励にいった。新型インフルエンザ対策推進本部事務局では多くの職員が頑張っていた。官僚と言うと、とかく批判の対象になりがちだが、長年省庁の裏舞台を見続けてきた者として思うことは、こんなときの省庁の職員は不満も言わず、自らの使命を自覚しているかのように、通常業務もこなしながら黙々と良く働く。そんな彼らに激励の意味もこめて、「新型インフルエンザ」勝ち抜く意味で「カツサンド」とお茶を差し入れて来た。全員に行き渡らないかも知れないが気は心だ頑張って欲しい!

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。



次の内閣

 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 新型インフルエンザも関西の状況を考えると蔓延と表現する状態がすぐそこまで来ているようです。22日まで小中高や公共施設は閉鎖というのは妥当な選択であった。この度の新型インフルエンザに対する流れを見ていて、つくづく現代人は予防という事に関しては、退化してしまったんではないかと思う。安易に薬に頼ることなく感染症と闘う術を取り戻す事も必要なのでは無いかと思った。

 ところで、民主党の代表選挙が済んで、下馬評の通り鳩山由紀夫新代表が選出され、新体制が発表された。幹部の顔ぶれは与謝野財務大臣が記者会見で言っていたように全く顔ぶれに変化のないものでした。自民党だったらこき下ろされる事も今の民主党は、マスコミという強い味方居るので痘痕も笑窪(「えくぼ」ってこんな字なんですね。こんな字もあるようです。「靨」)である。次の内閣(影の内閣ではないのか?)の顔ぶれも小さく発表されていたが、その顔ぶれを見ると鳩山由紀夫代表が言っていた『日本列島は日本人だけのものではない!』という言葉の意味がくっきりと見えてくるのは私だけではないだろう!

戸井田とおる




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

ついに地元姫路でも

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心から感謝いたしております!

 先ほど、地元の姫路市でも新型インフルエンザの感染者が発生したとの連絡がありました。その一報からしばらくすると地元の町内放送がかかり、耳を澄まして聞いていると小学校の休校のお知らせでした。地元のすばやい対応に少し胸を撫で下ろしました。感染者が出ていない時は、「日本は騒ぎすぎ。」なんて報道もありましたが、とんでもない!何かあってから動くのでは、遅いのです!
 私も明日の始発で上京し、今日の神戸視察の報告をして、上京して来られる兵庫県知事との会談に舛添大臣と共に臨みます。

追記:面倒臭くとも『うがい、手洗い、マスク、人ごみ避ける、病院より先に電話!』励行して下さい!!

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

パンデミック

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心から感謝致しております!

 昨夜、舛添厚労大臣より緊急の連絡があり、先日より新型インフルエンザが感染拡大中の神戸市を視察に向かうよう要請がありました。水際作戦も限界で、そろそろ国内で感染者が発生するだろうとは思っていましたが、地元の兵庫県からとは思いも寄りませんでした。急遽、翌朝の新幹線を手配してもらい、今日の午前中に神戸に入りました。新神戸駅で厚労省の審議官と待ち合わせ、打ち合わせをしてから神戸市役所に向かい、矢田神戸市長を始め、市役所幹部と情報交換をした後、市長から要請文を手渡されました。その足で兵庫県庁に向かい、井戸知事から現状を伺いました。兵庫県も神戸市も感染拡大は抑えていかなければならないが、様々な点で過剰に反応されることを懸念されておられ、特に神戸市は観光都市でもあり、過剰反応から起こる風評被害を恐れておられました。今回の新型インフルエンザは、症状としては季節性のインフルエンザとあまり変わらないようですが、感染力が違います、誰も免疫を持たないため感染拡大を留めることは至難の業です。症状は、思った程重くないにせよ、パンデミックの恐ろしさは、一度に感染が広がった際に社会生活の混乱を招く事にあります。以前もブログで取り上げましたが、『うがい、手洗い、マスク』の励行と不必要に人の集まるところへは出歩かないようにお願い致します。また、万が一、インフルエンザに似た症状が確認された場合、慌てずに、まず近くの保健所や市町村が対応している窓口に電話で連絡をして下さい。当たり前のことですが、体力の弱っている人が集まるのが病院です。そこに感染者が入ると、感染が院内に広がるのはもちろんのこと、その体力の弱っている人たちが感染すると、命に関わるケースも出てきますので、症状が出たからといって病院に直接駆け込むことのないようにお願い致します。

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

水源地を守ろう!

 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 外国資本に、日本各地の水源地が買い漁られているとの書き込みがありました。私も1年ほど前に中川昭一議員が委員長を勤める「水特命委員会」の勉強会で、指摘した事がありました。当時は、林野庁もそんな事実聞いたこと無いといっていましたが、もし事実であるとしたなら危険な事だと思います。田舎の所得の少ない山の地権者や水源地の権利取得者が、法外な金額を提示されたら譲渡してしまうことは考えられる事です。どんな対抗措置が取れるのか行動していかなければなりません。情報をお持ちの方は、教えてください。よろしくお願いいたします。

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

 

政治の品格。

 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 テレビを付けっ放しで寝てしまった。ふと目が覚めてテレビの画面の時間表示に目を遣ると「4;29」とある。また遣ってしまったと後悔しながら、トイレに行こうとすると「視点・論点」が始まった。私はこの番組が結構好きで、起きている時には良く見る。今日の発言者は、東京工業大学の芳賀名誉教授で、「政治の品格」と言う題で話し出された。何気なく見ていると思わず引き込まれてしまった。「原敬」「吉田茂」「鳩山一郎」「川上丈太郎」といった往年の名政治家の名前を列挙しながら、その人柄を髣髴とさせるようなエピソードを交え話されていた。
 外国の政治家の人柄についてまでは知る由もないが、日本でも私の知る、一世代前の政治家と比較しても明らかに人格が劣化しているように感じてならない。「政治の品格」は「政治家の品格」で決まる。政治に携わる者の一人として、忸怩たる思いもある。せめて自分は、人として謙虚で慎み深くありたいと思う。
 しかし、言うべき事はしっかりと発言していきたい!今日も「入管法」で赤池誠章議員らと共に申し入れをするつもりです。

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

 

辞任!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 民主党の小沢一郎代表が辞任の記者会見見ました!予算委員会の最中に携帯電話に第一報が入りました。5時に記者会見をするというニュースは、それぞれの議員にもあっという間に広がり、気が付いてみると民主党の委員席には人が居りませんでした。最後列に長老のWK議員一人が座っていました。新聞記者もいなくなり、こんなに閑散とした予算委員会久し振りです。しかし、何でこの時期に辞任なんでしょうか?民主党内の世論調査の結果でも出たのでしょうか?NHKの世論調査は内閣支持率5%アップと報道してました。ぐんぐん上昇して欲しいです。
 入管法の書き込みがありましたが、AM議員ともHT議員ともキチンと連携とって頑張っています。国費評議会出身のAK参議院議員が平頂山事件で日本国政府に謝罪を要求と言う記事を見て開いた口が塞がりません。鳩山幹事長の「日本は日本人だけのものではない」発言と言い、民主党は何を考えているんでしょう。改めて、前回の参議院選挙の負けは大きな重石となって日本を押し潰そうとしている!

戸井田とおる




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

コウノトリの恩返し!


 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝致しております!

 この連休中に、評判のお米屋さんがあると聞いて訪ねてきました。林田町にあるそのお米屋さんは、元々私の事務所のあるすぐ傍で、実家が米屋さんをされていたと聞いて驚きました。まだ、30才台のご主人はお米のソムリエの資格?をとって自信のあるお米を販売されているとの事でした。空家になった古民家を夫婦で二年掛けて改装し、お店にされており、自然に囲まれた趣のあるお店でした。
 また、お米と共に食事(昼のみ)も提供されていて、売りは「無農薬、無化学肥料」のお米と野菜の食事との事でした。12時に一斉に始まり1日1回転のみの営業という、本業がお米屋さんで料理屋さんは副業といった感じですが、開店当初は、数ヶ月先まで予約で一杯だったとのことでした。
 ご主人とは初対面でしたが、誠実、謙虚、真摯をお米屋さんにしたような人柄に楽しいお米談義が出来ました。中でも「コウノトリ米」と言うお米の話に感動いたしました。兵庫県但馬地方のコウノトリは、秋篠宮殿下が放鳥の時に来県され有名になりましたが、そのコウノトリがはるばる但馬から岡山県境の上郡町まで飛んできて居ついてしまったとの事でした。そのコウノトリが居ついている田んぼで取れるお米が「コウノトリ米」と言う訳です。
 何故コウノトリ君がお世話になった但馬地方から引っ越してきたのか?自然の餌が豊富だからではないか?とご主人が言われるのですが、それには理由がありました。コウノトリ君が気に入った田んぼの持ち主は、昔から農薬は一切使わず自然農法で米作りがされていて、コウノトリ君の餌となる泥鰌や鮒や蛙が多いのがその理由なのではないか?との事でした。この田んぼの持ち主は餌を啄ばむコウノトリ君を見て「コウノトリ米」と名づけて売り出したら良く売れたそうです。
「鶴の恩返し」ならぬ「コウノトリの恩返し」と言ったところかな?しかし、コウノトリ君は、100キロ?の距離のある田んぼが自然農法だと分かったのでしょうか?まさかネットで検索したんやろか?(笑)

戸井田とおる




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

憲法記念日に思うこと。

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心から感謝致しております!

 日本国憲法が施行されて62年経った、毎年、終戦記念日が近づくと反戦平和の声が喧しくなるのと同じように、憲法記念日が近づくと改憲、護憲の声が聞こえてくる。改憲に向けて、様々な論議があるが、私は9条よりも何よりも「自由と権利」に比重がおかれた内容を「自由には責任が伴い、権利には義務が伴う」ことを明確にしたものに変えることが必要だと思う。第三章の国民の権利と義務だけを見て、条文中に出てくるそれぞれの言葉を抜き出してみても、権利/自由が23、義務/責任が7(そのうち、3つは責任を「問われない」)。
 昔、社会の授業で教わったように、憲法は全ての法律に優先する我が国の最高法規である。しかし、それはあくまで法律という括りの話であり、憲法が国の規範の土台足りうるかというと決してそうではなく、人として外してはならない「仁・義・礼・智・信」と表される、礼儀、道徳、倫理といった、我が国独自の規範が土台であって、法律はその土台の上に作りあげられたものだ。本来、法を通してでなく親から子へ、先輩から後輩へと人から人へ受け継がれてきた規範や道徳が国民に備わっていたからこそ、敢えて触れずとも権利や自由を得るためには義務や責任を果たさなければならないことは当然のことだったのだろう。
 しかし、敗戦のショックと戦後の占領政策、その後の偏った教育と世論誘導の中で育ち、憲法より大切なものを受け継ぐことができなかった戦後生まれの我々が、土台が崩れ、傾いた憲法を正しいものとして守り続けてきたことで、義務や責任を放棄して権利や自由だけを声高に叫ぶ世の中になってしまった。
 戦前、戦中の教育を授けられた先輩方はその土台がしっかりしておられた、そんな方々が国を背負っておられたからこそ、今の憲法でも62年に渡って我が国は平和であり続けることができたのだと思う。決して、世界に冠たる?平和憲法のおかげではない。法に人が振り回されているうちは、改憲も意味をなさない。改憲を進めると同時にそれを支える国民の心にも土台を築かなければならない。

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。