Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?人権問題等調査会が蠢動!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

「人権問題等調査会」も回を重ねること12回、この間、産経新聞以外は、殆どこの問題について触れることはありませんでした。(私自身の見逃しがあるかも知れませんが)しかし、ここに来て読売新聞も今日の社説でやっと取り上げてくれるようになりました。太田会長ら執行部の動きに危機感を持ち出したようだ。
「マスコミの批判を受けて太田私案では削除されたが、それは報道機関が特別扱いされないだけで、他の民間組織と同様、『差別的言動』の有無などについては人権委員会の監視を受ける。」
と指摘する。
「人権委員会が人権侵害と判断すれば、担当者を呼び出し、捜査・押収も行えるという基本的な構図は、政府案とほとんど変っていない。」
とか、
「民主主義社会で民間の言論・表現活動をしばりかねない法律をあえて作る必要があるのか極めて疑問である。」
と結んでいる。
産経新聞の社説も同様の指摘をし、
「司法制度改革の一環として創設・機能充実が図られた日本司法支援センター(法テラス)や裁判外紛争解決手続き(ADR)も、もっと有効に生かすべきだ。」
と個別の現行制度の見直しと改善を主張している。

マスコミも私案から除外されたなんて甘い考えは捨てたほうが良いように思う、マスコミ各社に所属する記者も一人ひとりは一般国民には変わりないことを思えば、いつでも人権委員会の捜査の対象となりうるのです。

また、この人権擁護法案だけでなく、外国人参政権など国民の目の届かない水面下で事を進めようとする動きがやたら目につきます。政治家なのか官僚か、はたまた他の勢力か、様々な組織の要所要所で日本の足を引っ張ろうとする動きが感じられてなりません。


戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。

スポンサーサイト

?人権擁護法の蠢動!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

「人権問題等調査会」に出席しました。
「太田私案」なるものが示されました。
太田会長が、アメリカの法哲学者のジョン・ロールズの「正義の二原理」と言うのを持ち出して、私案の説明をしてましたが、これまで我々反対派の人たちが、懸念して発言してきた事を全く理解していないと言うか、なんとしても法案化したいと言う姿勢がありありと感じられる会合でした。
そもそも普段あまり出席しない、KM議員やNT議員、KK議員、YT議員が無言で腕を組んでにらみを聞かしている姿は異様でありました。
太田私案に賛成と言う議員が次々発言し、巻き返しに来たような雰囲気でしたが、人の心を法律で縛るこの法案の「危うさ」を全く理解していないのには、唖然とさせられました。また、進行役のT議員は反対気味の発言が少し長くなると、論旨が集結する前に「発言は簡潔に!」などとヒステリックに叫ぶとすかさず「人の発言の終わらんうちにチャチャ入れるな!」と怒鳴り返されていました。
公務で退席の時間が来て中途退室したのですが、その後すぐに散会されたのかと思いきや会合は延々2時間に及んだとのことでした。初めの頃、1時間と決めた筈なのに、自分達の都合で伸ばすのは、「正義の二原理」に反しないのでしょうか!太田会長!

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。

人権擁護法の蠢動!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

本日、内閣府大臣政務官として、担当の『国家公務員制度改革基本法』が自公民三党の共同修正により、衆議院内閣委員会で可決されました。明日の本会議で採決され参議院に送られます。歴史的な法案でしたので、まだ参議院の審議がありますが、役目が果たせてほっとしております。

皆さんのご心配の通り、明日「人権問題調査会」が開催されます。大田会長の「人権紛争の『話し合いによる解決』法案骨子」という試案が提示されるようです。なんとしても決めたいようです。明日は、緊迫した会になりそうです。F議員から必ず出席するよう要請が来ております。出席するつもりです。

戸井田とおる


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。

日本人の心を明るくする大きな仕事!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

過日、JAXAの日本人宇宙飛行士の土井隆雄氏の話を聞く機会がありました。その中で、感動的な話がありました。日本人として、実に誇らしく感じると共に嬉しく思いました。国際宇宙ステーションに土井隆雄宇宙飛行士の手によって、初めて日本製の宇宙ステーション「きぼう」が本体にドッキングして国際宇宙ステーションに一体化されたことは記憶に新しいところであります。

「日本の宇宙ステーションは他国のものと比べて、よく出来ているんです。カナダの宇宙飛行士に言われましたが、『日本のステーションはじつに美しい!』と言われた」と言うのです!

土井氏が言われるには日本の「きぼう」を見て世界の宇宙飛行士は皆異口同音に『綺麗だ!実に美しい!』と言われるそうです。小さなビス一つから全く目に見えない、隠れた部分まで、一切の手抜きが無く見事に仕上げられていると言うのです。多くの世界の宇宙飛行士にそう言われて日本人として自分のこと以上に嬉しかったと言っておられました。

まさに日本の職人の仕事ですね。話を聞いた私が誇らしく思うだけでなく、感動で目元が潤んできました。そこには損得を超えたものづくりに没頭する職人の(技術者の)誇りを感じたからであります。まさに日本人の底力を感じずにはおられません!

戸井田とおる




にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。

久し振りの「太郎会」

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

昨日は、久し振りの「太郎会」でした。会場に入るなり、腹ごしらえで腹に詰め込めるものを詰め込んで準備万端御大を迎える準備を整えまして、待ちました。女性軍が御大を取り囲みしばらくは付け入る隙はなく、じっと待つ事30分麻生御大が独りになったわずかな時を見計らって、話しかけた。
最近、公務で地方に言ったとき、
「地方の落ち込みを政治家の先生方は分かっているんでしょうか?戸井田さんは麻生さんの推薦人ですよね?麻生さんは地方の事をどう考えておられるんでしょうか?直接話を聞いてみたいです。」
と良く聞かれることを御大に話したところ、
「俺の話を聞きたいなら時間さえ合えば何処でも行くよ!」
と答えが返って来た。通常国会終了後、7・8月を目途に企画を練って、要領を「丸坊主日記」にて呼び掛けます。乞うご期待!

戸井田とおる



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。

?循環農法見聞記


こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり心より感謝申し上げます!

 先日も触れましたが、五月の連休の合間を利用して念願の赤峰農場を訪れました。独自の循環農法で作られた有機野菜を季節ごとに送っていただき、おいしくいただいているのですが、いつも、どうしたらこんなにおいしい野菜ができるんだろう、どんな育て方をすればこんなおいしい野菜ができるのだろうと不思議に思いながらいただいてました。前々からそのおいしい野菜を作っている畑を見たいと思いながら、忙しさに紛れてなかなか実現しませんでした。
また、赤峰農場のある大分県臼杵市の後藤市長からも、「農業、漁業の振興には林業が欠かせない、今、臼杵市では森の再生に取り組んでいますから、一度見に来てください。」とお誘いをいただいていたので、この機会にとお邪魔させていただきました。地元から朝一番のリムジンバスで伊丹空港へ行き、伊丹から大分空港へ、大分空港からレンタカーで1時間半ほど。朝六時半に姫路を出て、お昼前に到着しました。赤峰さんは合気道の稽古を終えた直後で、道着姿で迎えてくださいました。「どうも、遠いところから!お昼まだでしょう、一緒にどうぞ。」挨拶もそこそこに合宿施設に移動し、お昼ご飯をご馳走になりました。赤峰農場では、年に数回、多くの皆さんに循環農法に触れてもらおうと二泊三日の百姓塾を開催されているようで、今回はその生徒さんとご一緒させていただきました。この日の百姓塾には、鹿児島県の本田志布志市長も参加されており、食事の準備中に意見交換をさせていただいた。

 お昼ご飯は、農場でとれたばかりの野菜と玄米ご飯とお味噌汁。うまいものが食えるぞと無理やり引っ張ってきた息子の顔をみると心なしか不満そうな表情をしている。ところが食べ始めると、どれもこれもうまい!「料理のおいしさ」ではなく「素材のおいしさ」とでもいうのだろうか、野菜もご飯も甘い!息子の顔から不満そうな表情が消え、びっくりしたような顔で「ここのご飯は、噛めば噛むほど味が出て、ウマい。」と言っていた。赤峰さんに聞くと「イセヒカリ」という伊勢神宮でご神前にお供えするお米らしく、貴重な種籾を伊勢神宮のご神田からいただいてきたものを増やし育てたものだそうだ。

 食事を終え、お昼から、後藤國利臼杵市長自ら自慢の森を案内して頂きました。広大な山林が不採算から放置され荒れ放題になっているのを見かねて、針広混交、草木共生の森づくりを進めておられます。安価な外材の輸入が進むに連れて、国内の林業は廃れ、多くの森が手つかずのままとなっておりますが、森の整備の必要性は、林業や防災の観点だけではありません。森を手入れすることで、山に養分が蓄えられ、雨水にそのミネラル分と養分が溶けて川に流れ出る、その川の水で田畑を潤し、残りの水も川と海の生物を豊かにする。牡蠣の名産地は、海はもちろん山も大切にすると聞いたことがあるが、同じ理由だろう。案内していただいている途中でも荒れ放題の森があちこちにありました。市長は、健全な森がどんなものか全く知らない私達に、事細かに解説してくださり、素人の私達にもその違いがよく理解できました。こうした健全な森を生み出すには、気の遠くなるような時間が必要なことを考えると慄然とさせられます。しかし、解決の方法は、ただひとつ、こつこつとやるべきことを黙々と積み上げる事それ以外にありません。日本の国土の7割が山林であることや山林の整備が林業はもちろん、農業、漁業、そして我々の生活にまで影響することを考えると、山林の荒廃の阻止は国を挙げて行って行かなければならない課題だと感じました。

戸井田とおる


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。





姫路菓子博閉幕


こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり心から感謝申し上げます!

ご報告が遅くなりました、4月18日から開催されていた姫路菓子博が先日閉幕を迎えました。開催期間中、全国から予想以上のお客さんが姫路に来られ、この一ヶ月弱は大変な賑わいでした。当初50万人の来場者を見込んでおりましたが、最終日の発表では92万人もの皆さんが来場されたとのことでした。
予想を大幅に上回る、お客さんが来姫され、菓子博に入場いただいたことで、休日には2時間3時間待ちは当たり前という状況で、せっかく行ったのにほとんど見ることができなかったという声も聞きましたが、外からのお客さんは「待っている間、お城を眺めてたら時間経つのもすぐだね。」と仰っていただける方もいらっしゃいました。姫路にお越し下さいました皆さん、有難うございました。

戸井田とおる


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。




「大きな政治」


こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

勝手なことを書きましたが、ご理解を頂きほっとしております。有難うございました。今後もコメントのほうは遠慮なく書き込んでください!

文藝春秋六月号の救国提言「日本よ、『大きな政治』にかえれ」という麻生太郎御大と与謝野馨前官房長官の対談読みました!ねじれ現象に身動きの取れない今の政治を憂い、お二人の息のあった対談で実にいい感じです!

与謝野前官房長官は、我々の直面する課題として、以下の四つを挙げておられました。

1)財政再建
2)経済問題
3)国家観、国家目標
4)世界貢献

麻生御大は、これに応えて「ものづくり」とともに「勤労国家」を主張される。労働は美徳と固く信じる国民性は世界に誇るべきものという。
「イスラム教もキリスト教もユダヤ教も、『旧約聖書』が経典で、かの国々では神がアダムに対し与えた罰が労働です。日本人は世界のどの国に行ってもきちんと働く。イラクに派遣された自衛隊員が地元の尊敬を集めていたのもその勤労ぶりからです。我々保守政治家が守るべき日本人の美徳のひとつは、真面目に働くこと、それがきちんと評価されること『勤労大国』の正しさではないですか。」

私も以前から「労働」を「罰」として捉える世界と、「労働」を「喜び・感謝」と捉える世界、明らかに大きな世界観の違いがあると感じていました。そして、麻生御大の主張に自然と頷く自分は農耕民族のDNAがそうさせるのか、まさに日本人であることを自覚させられました。このお二人のビジョンを読んでいると、今の鬱屈とした気持ちが晴れ晴れとしてきます。今月の文藝春秋、是非ご一読下さい。

戸井田とおる

 ←姫路菓子博へぜひお越し下さい!


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。




皆さんにお願いいたします!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

このブログも初めて足掛け三年になろうとしています。文章で自らの意思を伝えると言う事は、なかなか至難の業であります。自分の正直な気持ちをタイムリーに伝えたい余り、拙い文章が真意を伝える事をできずに何度か誤解を生んでしまった事もありました。こうした文章を作成する技術的なことは、少しづつ勉強していく事ですぐには良くならないのかもしれません。
どうしたら多くの皆さんに見ていただけるか。どうしたらコメントを頂けるか。試行錯誤の連続でした。しかし、最近では、アクセス数も開始当初とは比べ物にならないほど増え、訪問して頂いた皆さんに自由に意見を書き込んでいただけるようになり、大変嬉しく思っております。

そんな中で、最近気になる事があります。
ネット上に福田総理の事を揶揄し、バカにしたような言葉が目に付きます。考え方が違うと、つい攻撃的な文章になり易いのかと思いますが、風刺やパロディを超え、ただ罵詈雑言を並べ立てているような書き込みを見ると、残念に思います。いかに考え方が違うと言えど、わが国の総理大臣をバカにすることに抵抗はありませんか?

もちろん、福田総理の施政方針に納得がいかないこともあるでしょうし、総理の行動を歯痒く思われるのもよくわかります、今の国の行く末を心配するあまり、怒りを覚えられるかもしれません。しかし、それでも非難をすることと誹謗中傷することとは別であります。政治に携わる者として、自分の政治信念やそれに基づいた政策に対し、キッチリと反論されたり、自分の行動を非難されることほど応えるものはありませんが、いかに正論であろうとも悪口雑言や罵るような言葉混じりだと素直に受け取れなくなってしまうのではないでしょうか。また、罵詈雑言をぶつけてストレスを吐き出し続けることで、執政に対する不満を言葉に変えてぶつけるエネルギーが薄れてしまっては本末転倒になりかねません。

一国の総理(相手は総理に限りませんが)を寄って集って徹底的にこき下ろす、毎日テレビで見る光景です。マスコミの良くない部分に影響を受け、それをネットでの常識にしてはならないと思います。勝手な事を申し上げましたが、大切な事だと思いますのでご理解を賜りたく思います。

最後にもう一つ、皆さんのコメントを楽しみにこのブログを続けておりますが、名前欄がUnknownでは、さみしい。ハンドルネームでしたかネットのニックネームで結構ですので、名乗って書き込んでご意見いただきますよう重ねてお願い致します。


戸井田とおる

 ←姫路菓子博へぜひお越し下さい!


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。



胡錦濤中国国家主席には毅然とした主張を!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝いたしております!

連休も今日で終わりますが、この連休中に大分の赤峰勝人氏の「なずな農場」に行ってきました。臼杵市の後藤市長の造って来た健全林も見せて頂きました。報告は後日させて頂きます。

なずな農場の帰りに、携帯電話にM新聞の記者から電話が入りました。
「胡錦濤中国国家主席が来日されますが、うちの世論調査によると福田総理は胡国家主席に対して、主張すべき事はハッキリ主張すべきだという声が50%を超える調査結果が出ているんですが、意外と厳しい国民の声ですが、どう思われますか?」
と聞かれたので、思わず!
「当ったり前じゃないですか!皆さんがまともな報道をしていたら、70~80%位はいったんじゃないですか?」さらに「日本人なら、毒入り餃子問題、聖火リレーの中国人留学生の傍若無人な振る舞いのどれを取ってもガツンといって欲しいと思ってますよ!」と言わせて貰いました。

言わないと喜んでいると勝手な解釈をするのが中国人です。国交回復後の歴史を振り返ってみれば、誰にでも解ることです!日本人のように相手の気持ちを慮るなどということは、爪の先ほども感じないそれが一般的な中国人です。日本に協力して欲しいことが出来ると歴史問題を持ち出し、歴史を検証していない人が、及び腰になるところを見計らって「中日友好!」と握手を求めてくる。

卓球で中日友好!パンダで中日友好!トキで日中友好!中日友好を言いながら国内では反日教育を徹底的にやる。それに、根拠のない南京屠殺30万を振りかざす。チベット問題を隠すために必死になっているとしか思えない。今回の会談で福田総理には、主張すべきは主張して欲しい!それ以上に、マスコミは報道すべき事はしっかり報道して欲しい!

戸井田とおる


 ←姫路菓子博へぜひお越し下さい!


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。


http://blog.with2.net/m.php?cid=1510←携帯、モバイルからアクセスされている方はこちらのランキングサイトから「丸坊主日記」にアクセスお願いします。



Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。