Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人権法案とメディア

こんにちは!戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

鳩山法相の発言がキッカケで人権擁護法案の話が続きますが、お付き合い下さい。
人権擁護法案が国会で議論されていた当初は、メディアに対する規制も盛り込まれていたため、マスコミは総力を挙げて反対し、その結果、メディア規制の部分は削って法案が作られ国会に提出されたと記憶していますが、その後、メディアは批判の矛を収め、この法案に対して触れることがなくなり、一部では推進の論調すらみられるようになった。結局、自分たちの権力が犯されなければ、国民の人権などどうでもいいという本音が透けてみえる。

先日も、鳩山法相の「アルカイダ発言」をニュース番組で「何を言いたいのか真意がよくわかりません。」とこき下ろしていたが、この発言は11月より改正される出入国管理法、難民認定法に絡んでの発言で、いかに日本のセキュリティが甘いかを伝えるための例えとして発言したものだ、例え話の例えの部分だけ切り取って報道すれば「何を言いたいのかよくわからない」のは当然だろう。そんな情報操作、世論誘導を平気で行うマスコミは、事実を正しく報道するというマスコミの本分を忘れてはいないだろうか?

また、ネットの中ではインターネット上での書き込みにまで規制が及ぶことを懸念して、この法案への反対が根強い。もちろん、ネット上でも人権侵害は数え切れないくらいあるだろう。若い世代の間では、ネットをつかった陰湿ないじめが問題となっているし、私自身もあることないことを大げさに書かれたり、出所不明の中傷メールが届くこともある。先日の総裁選でもネットの力を頼もしいと思う反面、その恐ろしさも垣間見ました。しかし、それでも第三権力とも第四権力とも言われる既存のマスコミに太刀打ちできるメディアとしてネットの存在は非常に重要です。

ネットは使う人間次第で、毒にも薬にもなる媒体であり、使いようによっては凶器にもなります。規制することは簡単ですが、規制してその本質が失われるよりは、使い方を学校や社会でも教育することのほうが大切だと思います。かつては「ネチケット」などという言葉もありましたが、いつの間にか忘れ去られているような気がします。難しいことはわかっていますが、ネット側が自ら襟を正すことで、人権擁護法案に対してマスコミに対して正面から異論を唱えることができるのではないでしょうか。

戸井田 とおる
スポンサーサイト

人権擁護法案の鳩山発言は驚き!

こんにちは!戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

先日の祝賀会に関する投稿にたくさんのコメントが入っており、参加していただいた方からの感想や祝賀会の様子を楽しみしているといったコメントを期待していたのですが、開けてビックリでした。ほとんどが鳩山法相の「人権擁護法案」についての発言に対する内容で、皆さんの怒り心頭といったお気持ちは私も一緒であります。選挙にプラスと言う事でこのことは考えて欲しくないですね。これをクリアーして、次に「皇室典範」の改正なんて事にならない為にもここで頑張らなければと思います。

産経の記事を見て思ったのですが、鳩山大臣は確か「人権擁護法案」には反対だったと思います。それなのにどうしたんだろうと何度か電話を入れるのですが、繋がらず、秘書のO君に聞いたら分かるかと会館の部屋を訪ねるとさっきまで居たのにと留守番の秘書さんが言うのですが、捉まらないのでブログの皆さんの書き込みのコピーを渡してよく読んでくださいと言い残して帰ってきました。

その後、F代議士やH代議士に電話するのですが、これまた繋がらない!法務省はなにやらおかしな動きがあるのかも知れませんが、鳩山大臣、河井副大臣、古川大臣政務官3人とも揃っていながら何やってんだと言った心境です。古川政務官も修羅場を潜っているのですから大丈夫だと思います。

たった今鳩山大臣のO秘書から連絡が入ったのですが、鳩山大臣も古川政務官も心配しないでくださいとのことですが、直接聞くまで安心できないと言ったら、大臣に失礼だろうか?しかし、それ位ビッグな驚きだった。

今後この事について情報が入れば書き込みます。
(あせっちゃいけない未だ法案が出たわけじゃないんだが出てからでは遅い!)

戸井田とおる

内閣府大臣政務官就任祝賀会

こんにちは!戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

私の内閣府大臣政務官の就任祝賀会が無事終わりました。たくさんの支持者の皆さんにお越しいただき、また、中央より鳩山邦夫法務大臣、渡海文部科学大臣、渡辺金融担当大臣、麻生前幹事長をお迎えし、また地元からも河本代議士、赤松代議士、盛山代議士、井戸県知事、石見市長を始め県会、市会の先生方にご出席賜り盛大に開催することができました。心より御礼申し上げます。
本当に有難うございました!

また、後援会を始め、お手伝いいただいた皆さん、会場のスタッフの皆さん、そしてVIPの警護を担当してくださった地元警察の皆さん、お疲れ様でした。会が無事終了しましたのも皆さんのお陰と心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

さて、ブログをご覧の皆さんは、祝賀会の内容が気になることと思いますが、また後日、HPに掲載する予定です。乞うご期待。

戸井田とおる

「播磨臨海湾岸道路」に調査費!


こんにちは!戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

今日は、少し宣伝させて下さい。
19日に国土交通省が「播磨臨海地域道路網」計画に対し、今年度で5000万円の調査費を計上する旨を明らかにしました。この構想は97年に地元で持ち上がったものの十年間停滞しておりました。落選中でも、私はできる限りの応援をさせていただいておりましたが、如何せん浪人中の身でしたので、なかなか計画は進みませんでした。05年に当選させていただいた際、東京の事務所に長年この道路構想に情熱を注ぎ込んできた地元市役所の担当の方が資料を抱えて飛び込んで来られ、何とか実現に力を貸して欲しいとおっしゃいました。
現在姫路の動脈として使われている姫路バイパスは、全国屈指の渋滞の名所と言われておりますが、この構想は、それを解決できるチャンスであり、地元の活性化につながる一大事業であります。しかし、いろいろと調べてみると国交省の中期道路計画に上っていないことが判り、地元行政や商工会議所の幹部の皆さんと打ち合わせ、財務大臣、国交大臣を始め関係省庁に急いで陳情に廻りました。
つい先日も市長や地元商工会議所の皆さんと念押しの陳情に参りました。
その甲斐あってか、調査費が計上され、播磨臨海道路網構想が一歩前進したことは地元の一員として本当にうれしい限りです。しかし、調査費が付いたからといっても油断はできません。今後、地元の皆さんも実現に向けて、大きな関心を持っていただきますようお願い致します。私も地元選出の議員として全力を挙げて構想実現に尽力致します。

戸井田とおる

国立公文書館の本当の役割

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

先日エントリーしました「歴史を捨てた国になるのか日本!」の続きです。
現在、わが国の公文書館職員は、所蔵史料の整理に忙殺されて、国内外の公文書を調査蒐集を実行できる体制になっておりません。何故か?それは、私には、日本が国家として、諸外国のように公文書を蒐集することに価値を認めていないとしか思えないのです。

歴史認識問題を政治問題から学術問題転換させるためにも、最低でも韓国並みに充実させることが急務です。それが実現できれば感情論による歴史認識論も変化することでしょう。公文書館の目的は、国家の来歴を記録した公文書の調査蒐集と所蔵を目的とした純粋な研究機関との位置づけで捕らえるべきだと思います。

米国は、「連邦記録法」によって、国立公文書館の承認が無ければ、各省の判断で公文書を廃棄出来ないようになっています。一方、我が日本では国立公文書館が希望しても、各省庁の了解なしに公文書の蒐集は出来ません。こうした法律の整備も必要です。

現在、早急に実行しなくてはならない事は、国立公文書館を独立行政法人から内閣府直属の調査研究・蒐集・所蔵機関として諸外国並みに再整備する事が必要なのです。何としても、やり遂げねばなりません!

戸井田とおる

PS
明日は少し早く姫路に帰れるかと思っていましたが、甘かったです!内閣委員会がセットされ、それもたっぷり7時間!朝9時から1時間の昼休みを挟んで午後5時まで・・・。7時間のうち、与党の質問時間は、たったの1時間です。後の6時間は野党の質問時間と言う事になります。一般質問の時ぐらいせめて五分五分にして欲しいものです。

それから、27日午後6時から姫路で政務官就任祝賀会を開催します。麻生前幹事長、鳩山法務大臣、渡海文部科学大臣、渡辺金融担当大臣と来て頂く事になり、姫路は警備の準備でてんてこ舞いだそうです。ご迷惑お掛けします。

戸井田とおる

遺棄化学兵器処理問題の水間政憲氏の指摘

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

遺棄化学兵器処理問題でジャーナリストの水間政憲氏が書き込みしてくれた文を纏めて掲載いたします。

遺棄化学兵器の巨大な闇 (水間政憲)

2007-10-20 01:01:29

今回の遺棄化学兵器に関係した地検特捜部の強制捜索は、やっと動いたかとの状況です。この問題は、昨年内部告発文書を入手していました。しかし、日中間の問題が国内問題にすり替えられる危険性があり、遺棄化学兵器問題を報道したくても、上でボツされていた全国紙の記者に資料を提供していたのです。今回の地検特捜部に関係した記事を、一番詳しく報道できるその記者は、今回の強制捜査を前にして、突然閑職に飛ばされました。

シベリア資料館の引継書から大量の化学兵器が記載されたものが明らかになっています。第9師団緑筒11個、中赤筒1個、発射赤筒3個、93式持久瓦斯現示筒32個。第50師団、89式催涙筒(甲)352個、中赤筒36個、発射赤筒243個、93式持久瓦斯現示筒339個。台湾陸軍兵器補給廠本廠、93式持久瓦斯現示筒2.272個、台湾陸軍兵器補給廠義分廠、93式持久瓦斯現示筒360個、台湾陸軍兵器補給廠高雄分廠、89催涙筒(甲)1個、小赤筒7.438個、中赤筒100個。

以上シベリア資料館の引継書の3分1を調査した結果報告書の化学兵器記載内容である。しかし、この調査をした財団法人ディフェンス リサーチ センターは、台湾関係の化学兵器引継書だけでは中国大陸の状況を把握できないと報告している。筆者は、『正論』2006年10月号で明らかにしたように、台湾の武装解除は、中国大陸と一体で武装解除が実施されたのです。また、引継書の中に、大東元防衛庁戦史部長が、通常弾か化学兵器か判別できないものが多数あると、シベリア資料館の引継書を見ての感想を述べていた。遺棄化学兵器処理担当室西室長は、シベリア資料館の調査を大東氏に協力していただくと戸井田代議士の議員会館事務所で言っていた。それゆえ、ディフェンスリサーチセンターの調査は、信用できない。

昨年、遺棄化学兵器の調査に中国に行ったことがある、現役の自衛官に取材していたところ、「上から水間さんの取材を今後受けないようにとの命令があり、申し訳ないがこの電話が最後です」とのことだった。遺棄化学兵器問題は、産経新聞を含め全国紙はすべて報道する姿勢がないのです。産経もと、以外に思うでしょうが「正論」と新聞は微妙に違うのです。この状況は、全紙が麻生クーデタ説を流したことと同じなのです。

遺棄化学兵器問題は、『正論』2006年9月号で明らかにした、ソ連極東軍最高司令官ワシレフスキーの武装解除の命令書と関東軍参謀長の武装解除の状況報告書で終結したのです。一連のスクープを全国紙は、1行も報道していません。インターネットで拡散して下さい。全文掲載のみ転載フリーとします。
ジャーナリスト(水間政憲 )







動き出したのか?遺棄化学兵器処理問題

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

ここのところ急に新聞や雑誌の記者からの電話攻勢に晒されている戸井田とおるです。今朝の産経新聞の一面トップに「遺棄化学兵器処理事業」の旧防衛庁と外務省の綱引きについて詳しく報道されています。

産経新聞によると処理技術の調査研究に旧防衛庁は公開入札で民間研究機関「安全保障研究所」が受注し専門家らの評価委員会を経て旧防衛庁は「制御爆破」方式を採用した処理プラントの仕様書を策定した。防衛庁側の調査研究費は5000万円弱だった。一方、外務省は、外郭財団法人「日本国際問題研究所」が主に担当し、「加熱爆破」方式を主とする処理計画決まり、すでに中国側と合意していた。この調査研究に投じられた予算は、5年間で実に170億円にもなっている。産経新聞は外務副大臣が入札に介入したと大きく書いているが、それは表面上のことに過ぎないと思います。

1997年の4月29日に化学兵器禁止条約が締結され、その後、1999年7月30日に谷野作太郎大使と王毅大使とによって覚書が交わされ、外務省主導で内閣府に遺棄化学兵器処理室が設置され、今日まで来ました。私が内閣委員会で質問した時は、外務省から来た「T室長」が答弁され、一見おどおどしたように見えたのですが、実は開き直ったような答弁をしていました。その後、T室長は代わられ、後任のS室長は何度か電話をしたのですが、ほとんど話をすることなく、体調不良を理由に半年ほどで退任してしまった。その後任に来たのが今のN室長でした。N室長は防衛省から着任された人で、着任の挨拶にこられた時も余裕が感じられた。わからない所で何かが切り替わったように感じました。前任者は、ひどく怯えたように感じられたのは思い過ごしだろうか。

いずれ170億円の調査費も解明されるのかも知れないが、顔の見えない動きが見えてくる。Y新聞のS記者は遺棄化学兵器処理問題を追いかけてきたのに何故かこれからと言う時に配置転換ということになった。私がこの問題に関わっている時に話が聞きたいと言ってたずねて来たとき、ジャーナリストなら一生に一度ぐらい死んだ気になって一つの問題を徹底して追いかける事も必要だとけし掛けたことを思い出す。

今日もS新聞のI記者が遺棄化学兵器処理問題について教えて欲しいと言ってきたが、どこまで本気でやるのか怪しい。しかし、やる気のある記者を飛ばしてしまうY新聞と一面トップで報道する新聞なら、I記者も可能性があるかも知れないと思った。

戸井田とおる

赤福さん!「施行」って知ってますか?

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

姫路の祭りは、今週の網干の魚吹八幡神社で終わります。きょうは荒川神社の小芋祭りに行きました。神社の境内のやや小ぶりの練り場に大きな大人屋台が三台の練り合わせの見事さに圧倒されました。それぞれの地域の独特な祭り(同じような屋台なのですがちょっと違う)を今年は堪能できました。

最近2~3日の新聞記事で、伊勢神宮の名物「赤福餅」の消費期限と製造日の改竄事件が報じられていましたが、おかげ横丁の立ち上げの話とか、赤福餅に関わる様々な美談を聞いてきただけに、全てが疑わしく思えてきてしまいます。そんな事は無いとは思うのですが、一度心に湧き上った疑念はそう簡単には払拭できない。

以前、伊勢神宮に参拝させて頂いたとき、帰りに「おかげ横丁」を見て回りました。おかげ横丁の一角に名前は忘れてしまいましたが、昔の伊勢参りの風景を人形で展示してある資料館に入りました。ユーモラスな人形の表情や仕草が面白く楽しい時間でした。そんな中で、街道筋の店に「施行」と書かれた幟が目に付き案内の解説者に聞くと、「お伊勢参りに来て成功した人たちが、お礼に全国から伊勢参りに来る人たちに身の丈にあった施しをしているんです。」と言う。ある人は、食事を提供し、またある人は風呂を沸かして提供している。また他の人は、草鞋を編んで提供している。伊勢神宮に集まる人々の心の豊かさに感動させられました。その時から私の頭の中に「施行」と言う言葉が刻み付けられました。

そこで、赤福餅の浜田典保社長に提言したいと思います。もし、無期限営業禁止が解けた時、もう一度、美味しい赤福餅を作って伊勢参りに来る人々に対し、身の丈にあった「施行」をされるとよいと思います。

ブログでこんな事を書いていると、内なる声が「お前は大丈夫か?」と問いかけてきます。常に誠実であろうと思いながらも誠実である事の難しさを感じます。私は、誠実ですと言い切れるように精進いたします。

戸井田とおる

歴史を捨てた国になるのか日本!


こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

日本は歴史を捨ててしまったのだろうか?
慰安婦問題の時も南京問題の時もそうだった。自分たちの知らない時代の我々の先祖の歴史をその資料を確認する事も無く、「やった」「やらない」、「あった」「無かった」と右や左にふらふら大騒ぎ、なんとも悲しくなってくる。自らの国の歴史も調べることなく外国の言い分にいとも簡単に振り回される政治家達がそこにいる。

マスコミも何を考えているんだか。自らの先輩が報道してきた事を調べもせず、揚げ足取りばかりの報道に終始している。ちょっと時間を掛けて調べさえすれば確認できる事なのに確認しようともしない。戦後占領軍によって、ずたずたにされた歴史の大切な資料をほったらかしにしていると言っても過言ではないと思う。

日本の公文書館の現状を少しづつお知らせして、皆さんのご意見をお聞かせいただきたいと思います。以前に一度書かせて頂いたと思いますが、今日本の公文書館は独立行政法人であります。いま行政組織の見直しが進んでいます。いずれ公文書館は民営化という事になるかもしれません。公文書館が民営化に馴染むはずがありません。

いまお隣の韓国は170億円の予算を掛けて世界に例の無い公文書館を作ろうとしています。人員も133人から倍以上に増員して、290人以上にしようとしています。人口4700万ほどの韓国が歴史文書の重要性を理解しているから、お金を掛けて整備しようとしているのだ。それに引き換え、日本と言う国は民営化の俎上に載せて公文書館を解体しようとしている。公文書館の人員を常勤者42人から3人減らして世界中の笑いものになろうとしている。公文書の重要性を国家に携わる公務員も政治家も全く解っていないと世界に公言しようとしているのだ。

人には命より大切なものがある。今日、自分がこの世界に存在するために多くの命の営みがあり、魂の叫びがあったことを思う時、その叫びに命の営みに思いを馳せる事の出来ない国家は、滅びたも同然であると思う。
(添付のグラフは各国の公文書館の人員を一覧にしたものです。左端が日本、右端がアメリカです。)

戸井田とおる

遺棄化学兵器問題が在らぬ方向へ!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

今日、東京地検特捜部が特別背任容疑で大手コンサルタント会社「PCI」(パシフィックコンサルタンツインターナショナル)を捜索した。

以前、内閣委員会で遺棄化学兵器問題で質問した事がありました。私が質問したのは、日本に処理責任が本当にあるのか。もしそうだとしたら、処理費用はとんでもない額になり、著しく国益を害することになる。当時ひょんな事から、武装解除に基づく「兵器引渡し書」が山形のシベリア資料館から見つかり、その引渡し書を根拠に所有権は中華民国軍に渡っているのではないかと問い詰めたのですが、全ての化学兵器を引き渡した証拠にならないとうやむやにされてしまった。

処理スキームはすでに決まっていたようで、私の質問もなんのその淡々と進められることに違和感を覚えました。何しろつぎ込まれる予算額が970億円だったと記憶しています。それも、単年度で終わらず、終わりが見えないと言う代物なので、随分粘って追求したのですが、自民党の質問時間が30分程しかなく悔しい思いをしました。執拗に追い続けた効果があったのか、執行予算も少しづつ縮小したように思います。

当時、匿名で内部?告発のような資料が送りつけられた事もありました。ガセネタ事件もあったりして、その資料も散逸してしまいました。その資料に出て来たのが「遺棄化学兵器処理機構」や「PCI」という組織だったと思います。いくら特殊な任務とはいえ、数百億もの予算が流れる事を考えると納得がいかず、かといって質問の時間ももらえず、悶々としていました。

「遺棄化学兵器処理機構」のHPに下記のような紹介がありました。

「日本国政府は、1997年4月に発効した化学兵器禁止条約に基づいて、中国にある旧日本軍の遺棄化学兵器を廃棄処理する事業に取り組んでいます。遺棄化学兵器処理機構(英文略称:ACWDC)は、この事業のうち、中国吉林省ハルバ嶺における遺棄化学兵器廃棄処理について本事業の事業主体である日本国政府から業務委託を受け、コンサルティング業務と調達業務を遂行する役割を担っています。」

何か胡散臭そうに感じませんか?

因みに、私の質問の録画は私のHPにあります。国会質問の内閣委員会の初めのほうを見てください。結構気合が入ってやってますよ!是非見てください!

戸井田とおる

ネット族と申す御仁は誇り高き御仁ゆえ・・・。


こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝いたしております!

「太郎会」出席しました!
ついつい飲み過ぎまして、(西川京子オネェーはもっとハイテンションでしたが・・・。赤坂宿舎まで馬渡議員と送りました。)帰ってブログを書こうとPCのスイッチおONにしたまでは良かったのですが、立ち上がるまでに、熟睡してしまいました。夢の中でしっかり打ったのですが、夢の中までケーブルが繋がっていませんでした。

会場のHオークラ別館に入るとき、9.10の太郎会での失敗を薄めるためか何故か今日もテレビカメラが集まっていました。わざとらしいと言うかカモフラージュする為かと思ったのですが、「太郎会」はヴァージョンアップしたととる事にしました。

少し早いかとも思ったのですが、すでに馬渡龍治先生が一番乗りでした。その後三々五々集まりだして、時間ちょうど位に鳩山邦夫会長がやってきました。先日の打ち上げ会で、太郎会の会長は誰にも譲らないと宣言しただけあって、時間厳守でした。

麻生太郎御大が(個人的には太郎兄ィー!がいいな。)こられると、松純(松本純の事を新宿の街頭演説のときに「まつじゅん」と呼んでいた。)の司会で会長挨拶、太郎兄ィーの挨拶とあって後は自由懇談でした。麻生兄ぃーの隣の席は、必ず誰かが座るので、遠慮深い拙者はなかなか兄ぃーと話せない!「麻生兄ぃーから俺の横に来てくれないかなぁー」と思っているとテレパシーが通じたように左手にグラス、右手に葉巻を挟んでこっちを目指してくるではないか!
「オーシィ!」

右隣のソファーに腰を掛けると、
麻生「戸井田君この度は有難う!」(と言ったように思うのだが・・・。)
麻「ネットの麻生人気の原因は何だと思う?」(と言った感じの質問だった?)
私は、即座に
戸井田「それは先生のビシッと柱が通ったところに皆が引かれるのと違いますか」
麻生「柱ってなんだい?」
戸井田「日本人だと言う事に自信を持たしてくれるしね。」
麻生「歴史観だな?」
戸井田「そう!歴史観です!政治家独特の曖昧な表現でなく話を聞いて皆が納得してますから。」
そんなやり取りだったと思います。

それから、最後に
麻生「ネットを操るなんて思うなよ。彼らはプライドの高い人達だからな。」
戸井田「わかってます。ネット上で、もう注意を受けました。しかし、皆が麻生太郎を総理にしようと思って寄ってる訳ですからここぞと思うときに協力を求めます。」
麻生「其処まで分かっていればいい。」

幸いにして私のブログに大勢の太郎ファンが集っていただける事に感謝いたしております。未熟者ですが、麻生太郎兄ィーを総理にと思う気持ちは人一倍持っております。時にはネットの太郎ファンの皆さんの力をお借りして参りたいと思います。その時には、どうかご協力賜りますよう心からお願い致します。

近頃Fさんを持ち上げ、太郎兄ィーをこき下ろすスレがちらほらあるやに聞き及びます。監視方よろしくお願い致します。
(ここまで打って、また危うく消してしまうところでしたごそごそやってたら復活しました。ひゃー!)

戸井田とおる

因縁

こんにちは!戸井田とおるです!
いつもお世話になり心より感謝申し上げます。

沖縄の集団自決問題が燻り続けている。渡海文科相は、マスコミによって作られた教科書問題を提起するデモのニュースに驚いたのか、政治介入による検定見直しは否定したものの、沖縄の気持ちを重く受け止めるといったコメントをした。

今の教科書の記述を冷静に読めばわかるように、集団自決がなかったと言っているわけでもないし、集団自決の強要が全くなかったと言っているわけでもない。当時、自決を強要されたという証言がたくさんありますが、あの激戦の最中、まともな神経で戦場にいられるはずがないんです、中には悲観した末に一般人に自決を強要した人もいるかもしれない。

しかし、それはあくまで旧日本軍に属するいち軍人の行動であり、旧日本軍の組織としての命令で集団自決がなされたというなら、そうした証拠が残っているはずです。その証拠が出てこない以上、史実とは看做されないし、教科書に載せるなどとんでもないことです。私も戦争の悲惨さを次世代に伝えることに異論はありません。そして、事実、沖縄で起きた出来事は教科書を通じて次代に伝えられています。しかし、事実を捏造してまでするのはいかがなものでしょうか?その上裁判はまだ進行中です。

驚いた事に、亡くなられた赤松大尉は、私の地元のお隣、加古川市の方で、加古川は、奇しくも渡海文科相の選挙区でもあります。亡くなられる前に、渡嘉敷村史より「軍命令による集団自決」の記述を削除して欲しいと願っていたものの、実現せず亡くなられたとの事、死後、真実が明らかになり、やっと汚名が晴らせたと遺族の方もほっとされていたはずです。それをまた、史実を捻じ曲げて苦しみに突き落とすようなことだけは、しないでいただきたい。

先日の自称「11万6千人集会」もすでにネット上では1万~1万5千人がいいところとの判定も出ているようですが、2ちゃんねるでは、某政党党首が12万と言っているようなスレもたっています。こんな事でよいのでしょうか。

今晩は、「太郎会」です。今回は大賑わいかもしれません。明日また報告します。お楽しみに!!

戸井田とおる





危機管理!

こんにちは、戸井田とおるです。
いつもお世話になり、心より感謝申しあげます。

実は昨日、自宅のトイレに入って、水を流したとたん受け皿から入る水の量より水道水の量のほうが多くなって、あっという間に水が溢れ出しました。水道水だけが溢れたので水浸しにはなったものの、通販で買った手をぬらさずに水をふき取れるスポンジモップが大活躍!でした。

しかし、水もいつまでも出っぱなしにならないのは解っていても、ものすごい勢いで出てくる水を見てると、蛇口に水を止める捻り栓はないし、受け皿を思わず持ち上げて水を余計に飛び散らかすことになってしまいました。自分でやりながら思わず笑ってしまったのですが、とまりそうもない水の勢いを見ていると、本当に恐ろしくなってしまいました。

その後、何故そんな事になったのか理由がわからず、いじくっていたら間違えてまた同じ事をしてしまいました。家族にも文句は言えず、怒る相手もなくブログに書く事になりました。

結果原因が解りました。元付けの浄水器のフィルターを換えたら水の出がよくなったとの事でした。東京と行ったり来たりしていると、自分の居ないときに何があってもわからず、地元の家は自分の家でないような感じがすることがあります。

しかし、本当に参った!

戸井田とおる

イオン銀行免許交付式


こんにちは、戸井田とおるです。
いつもお世話になり、心より感謝いたしております!

本日、金融庁9階の大臣室に於いて新銀行に対する交付式が行われました。
イオン株式会社社長岡田元也氏に渡辺喜美大臣から、申請されていた新銀行「イオン銀行」の免許書が手渡されました。大臣政務官として私も同席いたしました。

かつては膨大な不良債権を抱えたわが国の金融業界でしたが、金融システム改革の進捗と共に護送船団方式に別れを告げ、ドラスティックな不良債権処理と金融再編と自由競争の中に船出した金融界でしたが、この度の「イオン銀行」の誕生は新たな刺激を与えてくれるものと思います。

大型スーパーマーケットの中に銀行が組み込まれるという事は、ATMのみと違って、新しい可能性を模索してくれる事と思います。渡辺大臣から激励と共に新免許書が手渡され、岡田イオン株式会社社長と共にイオン銀行原口会長、片岡社長も大臣の弁舌に煽られながらもやる気を見せていた。何しろこの新銀行は、スーパーが営業中は同じように営業するとの事ですから利用者にとっては便利な事は間違い無いでしょう。

戸井田とおる

俺が新しい自民党を作る

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝申し上げます!

実は、昨晩麻生太郎御大と食事をしたとき御大はこう言っていた。
「今度の事、文藝春秋に書いておいたから読んでくれ!」

総裁選の期間中、「麻生クーデター」説が囁かれた時、何度かきちっと説明するように進言したのですが、「そんな事誰が信じる」と麻生御大は笑い飛ばして取り合わなかった。日本プレスセンターで行われた討論会のときにも、「麻生クーデター」説の真意を説明するように促されても、自民党の身内の事なので公の場で言う事と違うと言って、自らに不利な事は分かっていても頑として口を噤んだ。その姿に対して、私の悔しい気持ちは吹っ飛び、男の生き様を見せ付けられて逆に爽やかな気分にさせられ、戦闘モードは突き抜けた。
「男だねぇー!」

後に安倍前総理が記者会見で「麻生クーデター」説を否定され、麻生御大に対する疑いが晴れて、その経過を淡々とつづられている。この度の総裁選に派閥の論理で言えば8対1と明らかな劣勢を前にして、完全と立ち向かって行かれたのは、梶山静六先生が立った平成10年の総裁選で教えられたと書いている。

「梶山氏からは旗を立てれば派閥に依拠せずとも首相の道が見えてくる事を身をもって教えていただいた。」

今回の総裁選を通じて麻生御大には、男としての生き方とか、政治に携わる者の心の在り様とかいった事を教えていただいた。負けても負けた気がしないという不思議な気持ちを味合わせていただいた。そのことが、私にとっても一番の収穫だった。

麻生御大には、何としてももう一度旗を立てて欲しいと思う。人は次は麻生太郎で決まりという人もいるが、政治に世界はまさに一瞬先は闇の世界で、そう簡単ではないと思う。しかし、麻生御大が取った総裁選後の選択の一つ一つを議員が、党員が、いや国民の一人ひとりが、じっと見ていると思う。

麻生御大は、こう締め括っている。

「良質な中道・保守層の政治への再生という時代の要請に応えることこそ、百九十七票を与えられた私の今後の責務なのである。男は何度でも勝負すると言ったのは三木武夫元首相であったが、問われるまでもなく私も保守再生の為、もちろん何度でも戦う。」


「9.23麻生コール」についても20行ほど使って言及しています。長いので皆さん自分で確認してください。

戸井田とおる

麻生太郎、鳩山邦夫両先生と食事をしました!

こんにちは、戸井田とおるです。
いつもお世話になり心より感謝申し上げます!

昼間にしっかりと長文の書き込みをして投稿の段階にまで来たのですが、思わず他のサイトに一瞬クリックしたのがもとで「投稿」をクリックしたら、全てが消えてしまいました。「あっー!」と思ったのですが後の祭り、全て消えてしまいました。これで二度目の失敗です。全て自分の間違いは分かっているのですが、本当に「くやしーーィ!カァークソ!!!!!」

書き直す気が起きません!申し訳ありませんが、もう寝ます!
手書きなら一瞬にして消えることなんかないと思いながら、何でもいい事ばかりではないと自分自身を納得させている戸井田とおるでした。

実は今日は「麻生太郎」「鳩山邦夫」両先生と食事をしていました。という訳で、少々飲み過ぎました。しかし、少し長く麻生御大と話をしていると、鳩山先生が、「麻生先生を独り占めするな!」なんて怒っていました。これってひょっとしたら「ヤキモチ」かなー?なんて勝手に思っています。どちらにしても、二人とも本当に良い先生です。麻生御大は「9.23麻生コール」で改めてネットの力を再認識されたようです。

二人とも27日の夜に姫路に来ていただきます。もちろん「戸井田とおる内閣府大臣政務官就任祝賀会」です。

「貴重なブナ林を救え!」の記事が。


こんにちは、戸井田とおるです!
昨日は、私の住まいする町の秋祭りでした。屋台を担ぐのですが、自分の年も考え自重していたつもりですが、つい調子に乗って、翌日は体中が痛いのが毎年のパターンです。

読売新聞の朝刊の記事に「貴重なブナ林を救え」との見出しが躍っていた。思わず記事を読むと、本州南限のブナ林として知られる和歌山県の大塔山の頂上付近で老木の枯死などが相次いでいるのは、周辺の雑木林が無断伐採されたことによる地面の乾燥が主な原因とされるが、さらには若い木がシカに食い荒らされる被害も後を絶たないとも言っている。

また、今年の夏のことだったと思いますが、東北地方のブナ林が毛虫の大量発生で丸裸になってしまったと新聞記事が伝えていた事を思い出した。何か異変の前触れなのでしょうか?

毛虫の大量発生と言えば、我が家の庭の山茶花(と思うのですが)に毛虫が大量発生しまして、何とかしないといけないと思う間に、4本あった木が全て丸裸にされてしまった。不思議なことに、他の種類の木には毛虫は見向きもせずにいつの間にかいなくなってしまった。後に残ったのは、木の根元にドーナッツ状に残された大量の毛虫の糞の山でした。その後、新芽が芽吹き山茶花と思しき樹木は何事もなかったように艶の良い葉が生き生きと再生している。毛虫の大量発生は、不足した栄養分を補うために使わした天よりの使者だったのかもしれないと思うのです。

何故、山茶花だけに発生したのか?ドーナッツ状に堆積した糞を分析すとどんな化学的な答えが出てくるのでしょうか?自然界のこうした現象は必ず何か意味があるに違いないと思います。解明してくださる方おられませんか?書き込みお待ちしています。

戸井田とおる

政務官就任一ヶ月が過ぎて

こんにちは、戸井田とおるです!

内閣府大臣政務官に就任して一ヶ月少々。落ち着いたと言えば落ち着いたのかも知れません。数多い会議や勉強会、そしてレクチャーも一通り済んだのですが、(と思っている)政務官になって一番気になること、何だと思います?他の人は知りませんが、地元の事務所でも、小さな机に本や書類を山積みにしているので地元事務所の二倍以上ある部屋にたった一人ポツンと居る寂しさに時々耐えられなくなるのです。同じぐらいの広さの秘書官室には、十人ほどの秘書官達が結構楽しそうにやっている(楽しそうにやっているように感じるのです。)のが気になりながら、他の政務官はどうしているのか気になります。副大臣はどうしているんだろう?渡辺大臣はどうしているんだろうと思ってしまうのです。

以前、あの飯島秘書官が言っていました。
「皆一緒だよ。役人でも机を並べてお互いに相手が何やっているか観察できるときは安心しているけど、出世が始まるとまず、衝立で囲まれる。それでも、顔や様子は見えないけど気配は感じる。課長部長になると小さいながらも個室になり、嬉しいけど周りが全く見えないし、気配さえも感じられない初めて経験する個室の生活に落ち着かなくなるのが普通らしいよ。審議官や局長になると一人に慣れて仕事もはかどり、余裕も出てくるし、もっと大きな部屋に移りたくなる。官房長や事務次官になると新米の政務官の慣れない個室生活を激励に行くようになる。」
本当だろうか?まだ、激励はないが、考えてみると初めに勢ぞろいで挨拶と称して来たのがそれだったのかも・・・!!

戸井田とおる

殺した数=罪の重さ?

こんにちは!戸井田とおるです!

8月に名古屋で女性が三人の男に拉致され、金品を奪われた上殺害されるという事件が起きました。その後犯人は捕まり、公判が始まろうとしております。被害者である女性に落ち度など全くないのですから、遺族の皆さんが被告3名の極刑を求めて署名を集めたと言う気持ちも良く理解できます。また、10万を超える署名が集まったとの報道に(沖縄の11万人集会報道と違い)素直に同意出来ます。

死刑判決を受ける被告人は自らの命をもって償わなければならないそれなりの理由があると思います。しかし、事件に直接関係のない人には、時間の経過と共に事件そのものが忘れ去られ、被害者の遺族や関係者が取り残されて行く事になるのだと思います。そう思うと、死刑判決が確定したら、速やかに執行する事が法治国家としての正義であると思います。

昨日の私のコメントに多くの皆さんから本当に参考になるご意見を賜り、感謝申し上げます。有難うございました。

戸井田とおる

鳩山邦夫法務大臣の死刑執行論議

こんにちは、戸井田とおるです!

「大臣によって死刑を執行したり、しなかったりするのはおかしい。自動的に出来ないものか?」との発言が鳩山法務大臣からあった。当然、賛否両論あり、結構あちこちで死刑談義が花盛りだ。鳩山法相の発言に国民新党の亀井静香代表代行は「法務大臣の資格も無ければ、人間としての資格も無い!」とバッサリ切り捨てた。亀井代表代行は、知る人ぞ知る死刑廃止論者だ。

もちろん法治国家の日本では、きちんとした司法手続きを経て死刑が確定し、その執行を待つ訳です。刑事訴訟法475条には「死刑の執行は法務大臣の命による」とあり、第2項に「命令は判決確定の日から6ヶ月以内にこれをしなければならない。」とある。しかし、実際は死刑確定後、平均で7年5ヶ月執行されない死刑囚が100人を超えるようです。前法務大臣の長勢甚遠大臣は在任期間中に10人の執行命令書にサインをしています。

歴代の法務大臣の中には、杉浦正健大臣のように信仰上の理由で執行命令書にサインしない大臣もいる。鳩山大臣は法務省内に勉強会の設置を命じられたようですが、どんな勉強になるのでしょうか。因みに長勢甚遠大臣の下で死刑執行された死刑囚は、10人中9人が2人以上殺していて、中には4人も殺した死刑囚が2人いました。殺された人やご遺族の事を思うと、判決に従って法律通りに執行される事が法治国家のあるべき姿のように思います。大臣が執行命令書にサインしない限り、死刑囚は増え続けるのですが、それで良いとは私には思えません。

皆さんどう思われますか?

戸井田とおる

公文書館の充実を総理が明言?

こんにちは、戸井田とおるです!

昨日の本会議で、民主党の長妻議員に対する答弁の中で、私の聞き違えでなければ公文書館を充実する旨の発言がありました。沖縄の集団自決問題のやり取りの中の発言でしたが、間違いありません。もともと福田総理は、自民党の公文書館に関する議員連盟の会長を勤められていましたので、当然のことなのですが・・・。私も内閣府に繋がりを持つようになったのも、もともとは遺棄化学兵器問題から公文書館を充実しなければ、外交戦争を勝ち抜けないと感じたからでした。

日本の公文書館の体制は、常勤職42名で非常勤を含めても120人で対応しているとのことです。因みに、アメリカは2500人、マレーシア400人、フィリッピン200人、お隣の韓国は133人とのことです。今、日本の公文書館には韓国の公文書館から膨大な史料のコピーをとりに来ているそうです。日本人の職員が韓国の為にコピー取りをしている状態だそうです。日本も早く公文書館の職員を増やして、アメリカや他国のの公文書館から史料を集める作業に早く着手しなければ、土下座外交を続けなければならないことになるでしょう。

たった一枚の公文書が史実を大転換させることもあるのです。そのことを日本人は肝に銘じなければなりません。42人体制でそれが出来るのでしょうか?それで先進国なのでしょうか?何としてもしっかりとした体制を造ってまいります。

戸井田とおる

教科書検定の基準は真実か否かだ。

こんにちは!戸井田とおるです!
沖縄で教科書問題(集団自決の記載復活)に対する抗議集会に11万人が集まり、検定意見の撤回を求めてデモが行われたという記事がメディアを賑わしています。
教科書問題に関しては、次代を担う子どもたちには、様々な角度から研究され、裏付けのとられた真実を学んで欲しいと思います。様々な資料、史実の積み重ねで歴史教科書は作られるべきであって、そこに子どもたちの考えや気持ちが入り込むことはあっても、政治的思惑やプロパガンダが入り込む余地などありません。

先日の総裁選で各地で行いました麻生候補の演説会場の人数、そして投票当日に党本部前に集まった麻生候補を応援する皆さんの人数は、陣営発表や現地で数えた数よりも明らかに少ない数字をマスコミは伝えました。しかし、今回のデモに関しては、疑う事も無く11万人と報道しております。ネット上でもこの報道に疑問を持ち、検証しておられる方もいますが、現地の映像からは、どうみても1万人足らずにしか見えません。たかが、集まった人数を偽るような人たちに教科書に真実を!などと言う資格があるのでしょうか?

戸井田とおる

麻生政権だったらなぁー!

昨日、福田康夫総理の所信表明が行われました。麻生総理を目指した私としては、どうも気が乗りません。政党人として、首班指名には、政党の決定に従いましたが、心までは変わりようがありません。まだまだ時間がかかりそうです。

ところで、沖縄の集団自決教科書検定削除問題ですが、赤松大尉の事も事実として、きちんと書いて欲しいと思います。「事実は小説より奇なり」両論併記となるのでしょうか?

戸井田とおる

人権、人権と騒ぐ割には。

こんにちは!戸井田とおるです!

先日よりミャンマーで軍事政権と民主化を求めるデモ隊が衝突し、国内が混乱している。その中で邦人ジャーナリストが軍に射殺されるという痛ましい事件が起きた。ジャーナリストという職業柄、危険地帯に足を踏み入れ、命を落とすことも覚悟の上での取材活動だったと思われる。もし、流れ弾に当たったというのなら不幸な事故なのかもしれない。しかし、YouTubuの画像を見るとまさに至近距離から狙い撃ちされている。衝撃で吹き飛ばされてるその姿が至近距離から打たれている事を物語っている。これは、日本政府としては厳重に抗議すると共に、きちっとした制裁措置が必要と思います。

作られていない生の画像は何よりも雄弁だ!それにしても、改めてネットの威力をまざまざと見せ付けられた事件だった。TVは人権人権と騒ぐ割には反応が鈍いように感じるのは、私だけだろうか?

戸井田とおる

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。