Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内閣府大臣政務官の内示を頂きました!


こんにちは!戸井田とおるです!
この度、内閣府大臣政務官(金融担当)を拝命致しました。認証式が終わって記念撮影のとき、最前列の中心に安倍総理と与謝野官房長官を囲んで記念写真を撮影するのですが、両脇に誰が立つか立ち位置の指定も無く適当に並んでくださいとの事でした。
こんな時たいていは、押しの強い人が両脇を抑えがちですが、誰も仕切る人が無い中、ここぞとばかりに言ってやった!「女性ふたりと歳の順だぞ!」案の定両サイドを坂本外務大臣政務官と山本経済産業大臣政務官が立ち、2列目には年配の政務官が何となく並んだ。いつも引っ込み思案で同期の並木環境大臣政務官が後ろのほうに並んでいたので、ここでもう一言、「並木さん!そんなところで遠慮しないで、前に来ないと!」と言ってやった。そうしたら年配の政務官が何人か2~3列目に降りてきた。並木さんも私の声に促され2列目に降りてきた。
若い人には不満があったかもしれないが、若い人にはまだまだ将来がある。

戸井田とおる
スポンサーサイト

中国視察


こんにちは!戸井田とおるです。
昨日のブログでも書いたように、三泊四日という強行軍でしたが長春市人民政府のお招きで吉林省長春市を訪問いたしました。昨年も同時期に江蘇省常州市からお招きをいただいて訪問したのですが、どちらも地元姫路に研修生を派遣している関係から一度視察しようということで訪問が実現しました。昨年から、「遺棄化学兵器」「南京問題」「中国産食品」と立て続けに中国を批判する問題を質問したり、とりあげて来ただけに周囲からかなり心配されましたが、おかげさまで無事戻って参りました。
以前から言っているように私は父母が戦後に中国に残留している時に生まれました。もちろん「親中国」の人間です。「親中国」ゆえに真実を主張し、間違っていることはお互いに指摘し合うのが本当の友人ではないでしょうか?
今回訪問して、改めて思ったことは中国は国益に適うことであれば執りうる手段を使って目的達成に向かう国だということ、日本も同じように国益に対してもっと貪欲になるべきであるということです。日本を悪者にして、反省せよ謝罪せよと騒ぐことも、中国を一方的に悪者にして、国内で中国の批判をすることも簡単なことです。今、日本に必要なのは自国が変わることです、日本ももっとしたたかになる必要があると思います。相手を変えるにはまず自ら変わる。

戸井田とおる

中国に行ってきました。


こんにちは、戸井田とおる です。

中国の長春市からのご招待を頂き、語学研修センターを視察してきました。全寮制で朝から晩まで日本語漬けの研修生の姿に驚きました。徴兵制のある国らしく、居室の整理整頓は自衛隊の宿舎のようでした。授業を見せて頂きましたが、語学や実務作業は勿論、日本の体操や歩調訓練も見せていただきました。じつに統制の取れた立派なものでした。

ところで、教室の入り口の壁に貼ってあった日本地図は中国製でしたが、尖閣列島は日本の国土になっていました。よしよし! 

戸井田とおる

原爆被爆者対策に関する小委員会視察!(長崎県)


こんにちは、戸井田とおる です!
昨日、第4回原爆被爆者対策に関する小委員会の長崎県視察が開催されました。9時55分姫路発の「あかつき」で10時間かけて行って来ました。
はじめに「原爆落下中心地の碑」に参加委員と共に献花をして、犠牲者のご冥福を祈りました。集まった記者団からぶら下がりのインタビューを求められ、碑を背景にインタビューを受けているとポツポツと降出したかと思ったとたんスコールような雨が降出し、雨宿りのするところが全く無い、公園の中で全員が頭からバケツの水を浴びせられたようなびしょ濡れ状態、着替えも無く乾かすといっても、パンツまでびしょ濡れではどうにもならず、メンバーの泊まっていたホテルに引き返し少しでも乾かす事になりました。しかし、タオルとヘヤードライヤーではどうにもならず、若干ましなびしょ濡れ状態で視察を開始しました。
記者の皆さんにも雨が降りそうだから屋根のあるところで会見をといったのですが・・・。悔やまれます!

日本赤十字社長崎原爆病院や恵の丘養護老人ホームの視察をし、被爆者団体との懇談、そして長崎県や長崎市からも要望書を受け取りました。

しかし、記者会見をしていても、以前の会見と違って、安倍総理の広島での発言があるので会見がし易くなりました。総理の一言は本当に大きいと思いました! 
 戸井田とおる

靖国神社に参拝する事が悪いことですか?


こんにちは!戸井田とおるです!

 国家を左右するかもしれない大事な時に絆創膏のニュースばかり流すテレビや新聞が「今年の8月15日に靖国神社に参拝する閣僚はゼロになった。」とうれしそうに報じている。お陰で、こんなにもおかしな事が何か普通の事の様に感じるようになってしまった。

 毎年毎年この時期に当たり前かつ同じ事を何度も言わなければならないのが残念だが、理解してもらえるまで自分の信念を口にすることこそ政治に携わる人間の役目だとも思うので、敢えて今年も言わせていただくが、自らの国の為に、愛する人たちの為に、尊い命を捧げた英霊に対して参拝することが何故いけないのだろうか?手を合わせていると感謝の気持ちが湧き出てくることもあるだろうし、後悔の念が浮かぶこともあるだろう、参拝の形式にとらわれる必要もない。以前、靖国神社の本殿の前でお経を上げている人を見たことがあるが、一生懸命お経を口にするその人を可笑しいとは思わなかった。

 もちろん8月15日にこだわる必要もないのだが、日本人として少なくとも1年に1度ぐらい英霊に対して、思いを馳せる事が今の日本にとって一番必要なことのように思えて仕方がない。安倍総理にも、閣僚の皆さんにも、何にもとらわれず、参拝していただきたい。参拝せずとも心の中で手を合わせるという方もおられるかもしれないが、心情は行動に現さない限り人には伝わらないだろう。じっと、目を閉じて手を合わせ、心は英霊に思いを馳せる。そうすると自分のするべき事が心に浮かんでくる。毎日、手を合わせているとそうなってくる。これは、続けた人にしか解らない。

小泉前総理は昇殿参拝されたようだが、高市国務大臣のほかに参拝者はいたんだろうか。私は、いつものように朝6時に地元の姫路護国神社に参拝をすませた。

他国に気を遣う人間ほど、その心は自分の事しか考えていない。

戸井田とおる

NHKスペシャル「A級戦犯は何を語ったのかー東京裁判尋問調書より」は何を言いたいのか?

こんにちは、戸井田とおる です。
昨晩のNHKスペシャルを見ていて、首を傾げざるを得ない場面に度々遭遇した。相変わらず、南京虐殺ありきの編集で、伝聞証拠ばかりにたより、発端も「盧溝橋の銃声」だ。日本人が数百人も虐殺された「通州事件」や大山中尉惨殺事件、日本人居留地に対する無差別爆撃には全く触れていない。この3点セットがなかったら南京攻略戦はなかったのではないでしょうか。今、日本人の多くはこの3点セットが有ったことも知らない。NHKは本当に日本の公営テレビなのでしょうか?
戸井田とおる

輸入食品管理状況の視察


こんにちは!戸井田とおるです!
いま、中国産食品の安全性が国際的に問題になってる現状を踏まえて、日本国内における輸入食品の管理状態を消費者の立場で視察してきました。
食べ物には人一倍厳しい鳩山邦夫衆議院議員を団長にして、総勢6名の議員団を結成し、山下埠頭に行ってきました。

簡単に輸入食品の現状を書いておきます。

1)輸入食品は、過去8年間政府の発表では、国民のカロリーベースで40%となっているが、実際は40%を割っている。(平成16年39.55%平成17年39.68%)この状況は、食品の安全保障が危険水位を超えています。

*「総カロリー自給率」
        ドイツ    英国     日本
1961年  66.81%   41.57%  78%
1980年  75.7%   65.5%    53%
2000年  96.36%  74.1%    40%

2)水際で輸入食品などを検査する検疫検査担当者数は、日本より食品輸入量が少ない米国では、7,000人超が配置されているにもかかわらず、日本では、平成19年現在334名しか配置されていません。輸入食品を扱う検疫所は全国に31ヶ所ありますが、残留農薬を検査出来る所は2ヶ所のみであります。

*国民の食の安全を確保する為には、横浜・神戸レベルの検査が出来る所を最低でも10ヶ所、人員もアメリカの約半数の3,500名体制が必要となります。米の検査員(約1万名)などを配置転換すれば、そんなに難しい事ではないと思います。

3)2002年の中国産冷凍ほうれん草から残留農薬(クロロピリホス)が発見され、大問題になって以降スーパーの店頭から中国産食品が少なくなっているように見えますが、実際の中国からの輸入量は増えているのが現状です。それは加工食品として流通していることで消費者が気付かないようになっています。

*国内産品に厳しく外国産に甘い仕組みにメスを入れる必要があると思いませんか?
                                                                   戸井田とおる

丸坊主日記一周年

こんにちは!戸井田とおるです!

8月9日で「丸坊主日記」を始めて一年が経ちました。丸坊主日記を始める前からホームページでブログを書いていましたが、システムが複雑で文章を打つのにも老眼鏡を掛けながら人差し指でチョコチョコ打っている私には投稿することができず、原稿を打って、スタッフに掲載してもらっておりました。それを見かねたと言うより、毎回毎回の手間を面倒臭がったスタッフが「携帯電話からでも投稿できるし、パソコンからでも簡単だから。」とこのgooブログを探してきてくれました。最初は丸坊主が三日坊主になるのではないかと思ったりもしましたが、自分でいつでも好きなときに投稿できるようになり、また、いろいろな方からのコメントや毎日のアクセス数に一喜一憂する楽しさもあって、ここまで続けることができました。これからもよろしくお願いいたします。お蔭様で、今では10本の指を使えるようになりました。

いま、輸入食品の原料原産地表示について調査中で、明日にでも報告出来ると思いますのでご意見情報の書き込みお願いいたします。 戸井田とおる

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。