Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回・お産を考える会を開いた


こんにちは、戸井田とおるです。

愛知県岡崎市にある吉村医院「お産の家」。
今回は、そこで2万例以上の「自然なお産」に携わってきた産科医の吉村正先生をお招きしました。

75歳のご高齢ながらも、「自然のお産」に対する、衰えを知らない情熱に圧倒されました。ご自分で撮られたというスライドを見せて頂きながらの講義でした。
力のこもったお言葉の中に、いのちを産む女性への限りない尊敬と本当の人生へと導くお産のいのちの哲学に感じ入り、胸が熱くなりました。

吉村医院では、妊婦さんに古屋での古典労働(掃除、薪割り、井戸汲み、飯炊き等の家事労働)を奨励し、自然なお産ができるよう心身共に整えていくよう指導されています。そこで出会った妊婦さん同士の情報交換などが、お産への不安感を和らげるとおっしゃっていました。

古屋での「自然なお産」をするための心作り、体作りは独特のものですが、それも振り返れば、かつての日本人の生活そのものの姿です。現代社会生活が如何にいのちの営みから遊離しているかと思いました。

そして、昼夜を問わず自らのいのちをかけて取り組んでこられた2万件以上の実証データこそ最も科学的なデータになると思いました。これもいずれ公表されてお産の真実を証明するものとなるでしょう。

私は現代社会に起きている人間関係に関わる様々な問題の原因の一つに、このお産のあり方が遠因になっているのではないかと漠然と感じておりました。人と人との絆の原点となるお産の真実を知るにつれて、周産期の環境をどのように整えるかは、日本の前途を決める重要な国策であると確信するに至りました。


何故、人は自然に生まれてこなければならないのか・・・という宗教的で、哲学的な問いかけをすることの重要性を再認識し、女性が母になる聖なる過程をもっと深いまなざして見ていかなければならないと思います。

最後に、マタニティーコーディネーターのきくちさかえさんから見た「お産の家」を画像で見ながら、吉村先生の世界をまとめて頂きました。
スポンサーサイト

託された命?

こんにちは、戸井田とおる です。
孤児郎も元気なのですが、彼の住処のダンボール箱を飛び越えるようになり、困っています。いつの間にか飛び出して、部屋に入るといきなりあらぬ方向から「ピーッ。ピーッ。」言いながら飛び出してくるので驚きます。ちっこいので踏み潰してしまいそうです。しかし、こっちを見上げて餌をねだる姿は可愛いものです。いつか巣立つ日が来るのでしょうが、放せるかどうか自信ありません。 戸井田とおる

南京問題記者会見で感じたこと。


こんにちは、戸井田とおる です。
我々の総括は、あえて「あった。なかった。」に言及しませんでした。それより、当時の日本のマスコミのみならず、外国の通信社や新聞社が南京をこぞって報道していたことを紹介して、マスコミ各社にそれぞれの先輩記者がどんな報道をされていたのかぜひ調査して欲しいと要望いたしました。勿論、我々の調査資料は、すべてマスコミの皆さんにお渡ししました。当日の出席者の反応は「狐に摘ままれた。」と言った感じが正直なところです。中にUPIのY氏やAPのY氏は手応え有りと感じました。

当日の参加された記者の皆さんがお持ち帰りの資料を精査頂き、落ち着いた報道をしてくれることを願っております。なお、総括文の前文と集めた資料は26日発売の月刊誌「Will」に全文掲載頂くことになっております。少々長いのですが、ご一読頂ければ、ご納得頂けると信じております。

我々のこの論証はすべて一次史料に裏打ちされています。南京攻略戦を知らない、当時まだ生まれていなかった世代の我々が断定することを避け、提示させていただいた史料と総括文を最後まで通読して頂いた方に、ご判断頂くのが自由と民主主義を基本理念とする我々の基本姿勢であります。

ある参加者から、慰安婦問題の米国の日本批難決議に付いて聞かれましたが、確たる証拠も無い状況の中で、感情に振り回されるようなことを、自由と民主主義国家の選良がする事は無いと思いますと答えておきました。

 戸井田とおる

午後3時に南京問題小委員会総括記者会見!

こんにちは、戸井田とおる です。
本日、午後3時、「憲政記念館」において、議連の中山成彬会長、小島敏男幹事長、西川京子事務局長、そして私で南京問題小委員会の総括記者会見を行います。先週、報道各社に案内のファックスを送らせて頂きました。総じて国内の報道各社より、外国の報道機関のほうが反応が早かったように思います。
ロイター、AP、AFP等すぐに返信を頂き感謝いたしております。これで正確な報道をして頂けるものと期待いたしております。終了後、総括文を本ブログにて掲載いたします。 戸井田とおる

原爆被爆者対策に関する小委員会広島視察

こんにちは、戸井田とおるです。
昨日、恒例の辻立ちを7時で切り上げ、自民党政調「原爆被爆者対策に関する小委員会」の広島視察に行きました。
最初に平和資料館を視察、次に広島赤十字原爆病院の慰問、そして広島原爆養護老人ホーム舟入むつみ園慰問、最後に原告の被爆者及び支援者との懇談し、昼食後広島市役所市政記者クラブにて記者会見という強行日程でしたが、改めて原爆の悲惨さを感ずる事が出来ました。原爆投下というこの行為こそ「人道に対する罪」そのものだと思いました。南京問題の出所不明の写真と違い、「いつ、どこで、誰が」撮ったかがはっきりしている生々しい写真に圧倒されました。
今後、長崎にも視察させていただき、科学的、法律的参考意見を聴取して早い時期に小委員会の結論を出したいと思っています。  戸井田とおる

託された命?


こんにちは、戸井田とおる、です。
小さな雀の命でも責任があると思うと些細なことでも気になって仕方が無い。
まず名前だ!「武蔵」「小次郎」!!!「孤児郎」これで決まり!
名前が決まると、一層身近に感じてくる。
週末は、東京の秘書の自宅に疎開しています。
メールで様子を問い合わせると、飛び方の練習をしているようです。
巣立ちのときも近いようです。

あさの靖国神社の散歩仲間の人たちも雀元気ですか?と聞かれる。元気ですよ。と答えていますが、名前が決まりました。「孤児郎」ですと教えてあげたらどんな反応するか楽しみだ。
明日は、原爆被爆者対策に関する小委員会の現地視察(見舞いを兼ねて)にいきます。

お産を考える・緊急勉強会を開いた


ニュージーランドの助産師会会長・カレンさんと助産師評議会会長のサリーさんが来日されました。忙しい日程の中から時間を割いていただいて、緊急に勉強会を開きました。1980年代のニュージーランドは、産科医の不足によるお産難民がふえ、医療の集約化のながれにあったそうです。
まさに、今の日本の状況と酷似しています。
委員会があって直接聞けませんでしたが、録音で聞くことが出来ました。
母児に寄り添った政策にどのように転換してこられたのか、今の日本にとって、謙虚に耳を傾けるべき話を聞かせていただきました。

託された命


こんにちは、戸井田とおる、です。

松岡農林水産大臣の自殺のニュースは衝撃的だった。
何となくブログの更新が延び延びになってしまった。
昨日、いつものように5時に散歩に出かけた時のことです。足元を見るでもなく、見ないでもなく歩いていたのですが、何か蠢く物があり目を近付けてみると、何と雀の子供が羽を広げて弱々しげに泣いておりました。
巣が近くに無いか探したのですが見つからず、仕方なく雀の子を拾い上げよく見るとかなり衰弱している様子でした。雀の子を手で柔らかく包み込むようにして散歩を続けていると、「ピーッ!ピーッ!」とけたたましく泣き始めました。手の温もりで冷えていた体も温まり、元気が出て来たようでした。そうすると、今度はお腹が空いたのか顔を近づけると黄色い大きな口を広げて餌を欲しがります。散歩を終えて宿舎に戻っても、やる餌も無いまま日程の朝食会でご飯粒を仕入れてきたのですが、全く食べず困ったいると、衆議院の車の運転手さんが、「飯倉の信号の近くにペットの餌を売っているところがありますからそこで聞いてみた方が良いですよ。」と言うので、餌を買ってきてもらった。だんだん大事になり始めましたが、託された命ですので、「自民党動物愛護議連」の事務局長として、しっかりと親鳥の代役を務めます。皆さん!飼い方のアドバイスをよろしくお願いいたします。
戸井田とおる

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。