Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国流乗っ取り

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ


※ 「カチッ」とクリック宜しくお願いいたします!


 愈々、明日が参議院議員選挙の投票日になりました。
この選挙期間中に、中国人の観光ビザ要件の緩和が打ち出されました。正直なところ本当に良いのだろうかと心配しております。

 かつて、日本人も欧米で団体旅行を批判された事がありました。団体旅行で、ぞろぞろとうろつかれるのを嫌がられたり、ブランド物の店に「ドーッ」と押しかけ、カネにモノを言わせて、イナゴの大群の如く買い尽し、嫌がられた。しかし、嫌がられても利益を得ていたのは夫々の国の企業であったし、それでも最低限のマナーを弁えて旅行をしていたからか、世界中から日本人観光客の悪い評判は聞かない。

 ホテルに勤めた経験のある息子に言わせると中国の団体客はマナーがよくないらしい、中国経済発展に伴って富裕層の旅行客は、落ち着いてはいたらしいが、一番性質の悪いのが中流層以下の格安ツアーの団体客で、彼らの泊った後は、部屋が汚れているのは日常茶飯事、備品が壊されたり、持って帰られることもよくあり、中にはツアーの最中に姿をくらましてしまう強者もいるらしい。添乗員が青い顔して探し回っているのを見たことがあると言っていた。

 日本に来て、日本にお金を落としてくれるなら、まだいい。今では経営の立ち行かなくなった日本の観光ホテルを中国資本が買収している。そのホテルを中国人が運営している。料金も格安で、ハナから日本人など当てにしていない。日本の観光ビザの要件緩和を見越して、中流以下の中国人相手の観光事業なのだ。日本の観光業者が入り込む余地など全くない。中国人が観光旅行に日本に来ても中国の旅行代理店を使って、中国の航空会社を利用し、中国資本のホテルに泊まり、中国人従業員のサービスを受ける。そのうち、食事は中国人研修生の作った野菜や肉を食べ、中国資本の買収した水源地の水を飲んでいると言う事になるかもしれない。
 日本の企業はそのおこぼれを集め歩くようになる事だろう。そして、肝心な事は大量のゴミだけは残されていくと言う事だ。ちょっと大袈裟な言い回しかもしれないが、日本国中汚されるだけと言う事になりかねない。

 ビザ要件が緩和されてから、ビザ申請数は倍増したという。

チャイナマネーが日本に流れ込む!とマスコミは大騒ぎ(大喜び?)している。もちろん流れ込むお金は増えるだろうが、お金と同時にトラブルも背負い込むことまではなぜか報道しない。要件を緩和するのであれば、おかしな人物を入国させないように入国管理局の審査体制は厳しくなっているのだろうか、先日も帰国した中国残留孤児の姉妹が親族48人を呼び寄せていた事件があったばかりだ、どんな手段を使ったのかわからないが48人は、入国して、生活保護まで受給していた。入国管理局は、もっときちんと仕事をすべきだろう。もし、予算も削られて、人手も足りないのにこれ以上はどうしようもないと言うのであれば、直属の上司である法務大臣に「現場は対処し切れません、ビザ発給の要件を緩和するなんてとんでもない!むしろ厳格化を!」と声を上げるべきだ。

 中国の中流以下の人たちのマナーは日本人とは全く違います。日本には「郷に入っては郷に従え。」の文化が残っているが、大陸ではそんな甘いことを言っている連中から食われてしまうのだ。日本人が儲ける事ばかりに目が向いていると賢い中国人に儲けはさらわれ、それこそ「ババ」ばかり引かされる事になる。中国人は日本人の商売の仕方は甘いと思えば、どんどん日本に移り住んでくるだろう。そして、永住権をとって、参政権が認められていたら自分達の住みやすいように動き出す事だろう。

 いずれ中国人の本領が発揮された時に「こんな筈ではなかった。」と言っても、その時にはもう手遅れなのである。

戸井田とおる





※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。

※8月の「丸坊主サロン」の講師は、ジャーナリストの「水間政憲」氏です。

 日時 8月21日(土)14:00~16:00
 会費 ¥2,000
 演題 『日韓の正しい歴史』
 (日韓の資料本を出版されましたので、関連してお話頂きます。)

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。

※12月の「丸坊主サロン」は「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。
スポンサーサイト

養子554人+実子1人。子供手当て申請!

こんにちは、戸井田とおるです! 元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

※「カチッ」とクリックを宜しくお願いいたします。

「ついに出た。」

尼崎市役所に韓国人男性子供手当てが申請された


=以下引用開始=
尼崎市こども家庭支援課の担当者によると、男性は22日昼前に窓口を訪れた。妻の母国・タイにある修道院と孤児院の子どもと養子縁組をしていると説明し、タイ政府が発行したという証明書を持参した。証明書は十数ページに及び、子どもの名前や出生地、生年月日などが1人につき1行ずつ書かれていた。担当者が「養子はどの子ですか」と聞くと「全員です」と答え、男女で計554人と説明したという。

 男性には実子が1人いる。子ども手当は月額1人につき1万3000円(10年度)で、計555人分が認められれば、年間8658万円の手当が支給されるが、厚労省子ども手当管理室は「支給はあり得ない」と言う。
=以上引用終わり=

555人という途方もない人数だから、「支給はあり得ない」なんて言ってられるが、2~3人の養子申請に断れるだろうか?現場の担当者は黙って受け入れてしまうのではないか?ずるずる垂れ流しになる事を考えると政府はきちんとした対応を心からのぞにます。
怖いのは、500人1000人はすぐ対応が出来るが、2人3人は認めざるを得ない。この積み上げは、日本を根底からひっくり返す。

何考えてるんだ民主党!

戸井田とおる










水間条項と連携しています。

※第5回「丸坊主サロン」の講師は「万田酵素の会長松浦新吾郎氏」です!

    「醗酵を研究し尽くした松浦新吾郎氏の言葉に目から鱗の落ちる思いにさせられる」

  日時 5月15日(土)14:00~16:00

  場所 戸井田事務所2階会議室 (079-281-7700)
     姫路市本町68番地大手前ビル
  会費 2,000円
 *席に限りがありますので、早めのお申し込みをお願いいたします。

鳩山首相南京訪問阻止祭り
 南京訪問阻止祭りにご参加下さい!


楽天政治 LOVE JAPAN

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします



TVタックル

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

予告のありました「TVタックル」しっかり見ました。

「外国人地方参政権」についてテレビではまともに取り上げないと思っていましたが、
テレ朝が取り上げるとは、驚きでした。

これも偏に、10.27集会であつめた、法律に基づいた「請願書」の成果だと思います。

11月25日に首相官邸に運び込まれた「外国人地方参政権付与反対の請願書」は正確には、

「11,666通」でした。

受け取りに出た内閣府の職員は、大きな手押し車に載せて官邸内に消えてきました。

改めて大量の請願書の威力を感じております。

振り返ってみると、10月27日以前と以後とでは、大きく変わってきました。
以前は、「外国人地方参政権付与法反対と言っても反応は殆どありませんでした。

今は、外国人地方参政権について、あちこちで聞くようになりました。
事務所に来て、

「外国人参政権なんか、あんなもんやったらあかん!」

とはっきり言われる方が増えてきました。
テレビでは、このままスルーしてしまうのかと
思っていましたが、そうでは無かったですね。

それもテレ朝が、

昭和34年7月13日の調査記事を取り上げていました。

こうしたことが、徐々に多くの国民の目に触れるようになると
以前は、「強制連行、強制連行!」と大きな声で言っていた人が、
口ごもりながら、「一部の強制的に連れてこられた人たち」
という言い方に変わってきました。

7月に水間さんの朝鮮問題の資料集が出版されると「決まった」聞きました。
これからもネットによる連携プレイが機能すると
想像以上のことが出来そうですね。

戸井田とおる




鳩山首相南京訪問阻止祭り
 南京訪問阻止祭りにご参加下さい!


楽天政治 LOVE JAPAN


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

報道は鵜呑みに出来ない。

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!

北海道新聞の「外国人地方参政権付与法」今国会上程見送り報道は、根拠に乏しい報道と言う事が、「博士の独り言」の問い合わせを見ていると分かります。

=引用開始=
北海道新聞への問い合わせ

 表題の記事につき、多くのみなさまから貼り込みをいただきました、有難うございます。北海道新聞に問い合わせましたので、そこから報告したく思います。 (以下、問い合わせ)

筆者: 貴紙(北海道新聞)のWebの方で、「外国人参政権法案の今国会提出見送り」、と題する記事を拝見した。

道新: それについて、何か?

筆者: 「見送り」を報じているのは貴紙だけだ。他のメディアに問い合わせてみたが、記事内容は有り得る話かもしれないが、現下では認識し得ない動きである(要旨)、との回答で共通している。独自のルートで確証を得た事柄か。

道新: 道新が直接取材したわけではない。東京からの情報だ。

筆者: たとえば、東京へ駐在しておられる貴紙の記者の取材であるとか。

道新: 社内の人間の取材ではない。そういう情報が東京にあった、ということで理解してもらえないか。

(以上、問い合わせ)
=引用終わり=

「丸坊主日記」のコメント欄でも見送りの書き込みがありました。つい何気なく「そうか、見送りか。頑張った甲斐があった。」なんて思ってました。

これからは、こうした報道が紛れ込み、巧妙に世論をミスリードして行きかねません。

要注意ですね。

「博士の独り言」にも「人権擁護法」以来、勉強させて頂いております。
電話も戴いたりして、日本を思うお気持ちがヒシと伝わってきました。

水間政憲さんと話しているといつも思うことですが、長期間に亘り、
左翼と暗闘を繰り返して来た人たちは、何か一味違います。
長年の経験によって培われた六感なのでしょうか…。

実に勉強になります。

身近にこうした人達がいて下さる事に本当に感謝しております。

戸井田とおる







*3月13日(土)14時~16時の「丸坊主サロン」で、50年日教組と戦ってきた反日教組の闘士「伊藤玲子女史」が講師です。是非お聞きください。


*水間条項との連携をしています。

※「外国人地方参政権」に対する反対の意志を拡散しよう!

鳩山首相南京訪問阻止祭り
 南京訪問阻止祭りにご参加下さい!


楽天政治 LOVE JAPAN


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

勢いを持続!外国人参政権付与法反対!

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心から感謝致しております。

 ふと、紀伊國屋書店のデイリーランキングを覗いてみると「南京事件の総括」が一位を獲得していました。「鳩山首相南京訪問阻止祭り」は10日からのスタートだったと思いましたが、一日前からトップを獲る勢いに驚くばかりです。このままトップを走り続けて、一人でも多くの人に南京事件とは何だったのかを知っていただきたいと思います。
 それともうひとつ、水間条項にも書かれていましたが、1月24日に小笠原諸島・伊豆七島・大島を選挙区とする東京都議会議員島部選挙区補欠選挙が行われます。民主党は参議院選にむけて勢いをつけるため、早速、小沢幹事長が該当選挙区の首長を呼びつけて、選挙協力を依頼した。選挙は自民党公認候補三宅正彦氏と民主党公認候補の一騎打ちとなるようですが、もし、この選挙で民主党候補が勝つと参議院選に向けて民主党が勢いづくだけでなく、外国人参政権推進派にも勢いを与えることになります。
 というのも、対馬の例を見てもわかるように、他国による合法的な占領がジワジワと進んでおります。その合法的占領の仕上げが外国人参政権であり、島嶼部のような人口の少ない自治体にとってこの問題は他人事ではありません。この選挙で賢明な選択をして、この選挙を外国人参政権反対の意思表示として民主党政権に突き付けることで、推進派の足を止めることになると思います。当該選挙区に親戚、友人、知人がおられましたら、三宅氏を応援していただくようお声がけいただきますようお願い致します。
 自民党の党勢を鑑みると大変不利な戦いとなります、しかし、それをひっくり返し且つ大差をつけて勝つようなことになれば外国人参政権付与法案に「カウンターパンチ」を食らわせる事になると思います。この補欠選挙を日本防衛の戦いと位置づけて、ネットの威力を見せつけてやりましょう!
 この補欠選挙は、都議会議員の選出という意味合いはもちろんですが、外国人参政権付与法に反対投票の意味で三宅氏を応援して欲しいということです!

戸井田とおる


※補欠選挙は1月24日でした、訂正させていただきます。

鳩山首相南京訪問阻止祭り
 南京訪問阻止祭りにご参加下さい!


楽天政治 LOVE JAPAN


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。