Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈!準天頂衛星「みちびき」打ち上げ成功!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!


姫路城工事


 姫路城も漆喰工事の為どんどんその姿が鉄骨に覆われてきました。

あと、天守閣の最上階が残されるだけとなりました。

足掛け五年間天下の名城も暫しお隠れになり、五年後には真っ白なこれぞ「白鷺城」と言える純白な姿を見せてくれる事でしょう。

姫路の城下も火が消えたようになってしまうかもしれません。その兆候が現れつつあります。みんなで知恵を絞って切り抜けねばなりません。

 ところで、「はやぶさ」の感動が冷めやらぬところですが、今晩、八時に準天頂衛星の「みちびき」が打ち上げられます。

実績のある「H2A」ロケットですから間違いはないと思いますが、無事打ち上げに成功することを願っています。

「JAXA」のプロジェクトマネジャーによると、

=以下引用=

準天頂衛星システムは、日本付近で常に天頂方向に1機の衛星が見えるように、複数の衛星を準天頂軌道に配置した衛星システムです。このシステムにより、山間地、ビル陰に影響されず、全国をほぼ100%カバーする高精度の測位サービスの提供を実現します。文部科学省、総務省、経済産業省、国土交通省およびJAXAをはじめとする関連の研究機関で研究開発を行う大変重要な国家プロジェクトです。また、米国のGPSとの協力のもとで成り立っており、さらにはアジア太平洋地域の国々にもサービスを提供できるため、国際的なプロジェクトでもあります。

測位サービスといえば、カーナビやGPS機能を搭載した携帯電話の普及により、衛星を使って測位情報を得る便利さはなくてはならない存在になりました。しかしながら、日本の都市部は高い建物が多く、GPS衛星の可視条件が悪く、測位精度の劣化が度々おこります。都市部での測位精度の劣化は、カーナビで道に迷ったりするという大きなデメリットとなります。これを解消するのが準天頂衛星システムというわけです。

測位情報の利用は、交通管制、測量等の公共的な分野のみならず、カーナビやマンナビ、さらには、犯罪防止や救難、交通事故を未然に防ぐ等、個人生活の安全・安心の向上に寄与するなど、国土情報の基盤として、測量・地図、輸送、交通、農林・漁業、建設、防犯等にいたるまで、幅広い利用が見込まれ、無限の可能性を感じています。

=引用終わり=

 日本列島上空を8の字状に運行し、ほぼ真上から観測するわけですから、最高で約3センチの測位精度をを目指すと言う事です。

日本の衛星打ち上げの技術は世界のトップレベルにあることは間違い在りませんが、こうした高性能技術に関することや原子力発電等の大規模プロジェクトは国家の威信を掛けてしのぎを削っている事を考えると、自国で出来ないとなると相対的に競争相手の邪魔をするのが、競争に勝ち残る手立てとなることを考えれば、「みちびき」の打ち上げに邪魔が入らないとも限らない。

今の日本の体制を考えるとセキュリティーは心許なく思えて仕方がない。

こうしたプロジェクトを成功させることは至難の技だが、失敗させるのは簡単だ。

以前、「H2」ロケットの打ち上げに失敗した時、自民党の部会にJAXAの責任者が来てしきりに謝っていた事があった。

その時に、私は、「純粋に技術的なミスだったのか?それとも外部の邪魔による可能性はないのか」と聞いた事が在った。

「そんなスパイ映画の見すぎ」と言う人もいた。

しかし、そんな暢気な事を言う政治家がいるから安全保障も心許ないのだ。

衛星の打ち上げには少なくとも数百億以上の費用が掛かる。研究段階からの費用を考えれば、数千億いや兆の資金が掛かっているのである。衛星の打ち上げを国家事業にしようと思えば失敗は許されない。

午後8時の打ち上げが無事に済むことを願ってやまない!


戸井田とおる





※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)
スポンサーサイト

教育の原点は何処にでもある

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!


ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ �$AF治家(国会議員)へ

カチッとクリックお願いいたします!



自民党の人事が行われて、大島幹事長が副総裁に昇格。

後任の幹事長には、石原伸晃氏が内定。

総務会長に、小池百合子女史、政調会長は石破茂氏の留任と言う事で決まりと新聞紙上で伝えられている。

野党の人事は、与党民主党の代表選の陰に隠れて、目立たないがしっかりと務めてほしいものだ。

民主党のむちゃくちゃとも言える政策に、ストップを掛ける所は間髪をいれず対応して欲しい。

陳情の「FAX」や「はがき」「メール」等が届いても目も通さないなんて事のない様にお願いしたい。

ところで、読売新聞に9月の国内最高気温(39,9度)を観測した京都府京田辺市の地域気象観測システム(アメダス)に草が巻きついていたのが発覚した。どうも正確と思っていたデータが頼りないと言う事になりそうだ。

離れた観測所に職員が足を運ぶのは難しいとの事だが、もっと知恵を絞る必要があるのではないか?

今は、難しいのかもしれないが、小中学校に気象観測部のようなものはないのだろうか?

観測機器の周辺管理ぐらい小中学生にでも出来るのではないか?

自分たちがしている事が世の中の役割を果たしていると言う緊張感を持たせながら、毎日やらなければならない事を責任を持ってこなす事の大切さを教えるのにもってこいだと思うが出来ないのだろうか?

そうだとしたら、日本人の資質が間違いなく劣化していると思うし、それを教えられない学校はないのと一緒だ。

教育が劣化しているとしか思えない。

毎日続ける事によって、任された人間は考えるのである。

「こんな事が何の役に立つのだろうか?」

「自分ひとりぐらいやらなくても影響ないやろ。」

「兎に角やるだけはやろう。」

色々な事を考えながら、仕事をする。日々の積み重ねの結果がいつか評価される。

そんな時が必ず来るのだ。

その時が長ければ長いほど充実感や喜びの規模が大きくなる。

世代を越えて通じることがある。

観測機に草が巻きついてないか?何か異常はないか確認するぐらい簡単だ。

しかし、それを来る日も来る日も続ける事は結構難しい。

一人で出来なければ、クラスでやる。クラスで出来なければ、学年でやる。

そんな社会貢献を小中学校時代に経験する事は大切な事だと思う。

それこそ教育だ!


戸井田とおる






※水間政憲氏が「徳間書店」から出版した

[渡部昇一先生]もご推薦の

  《朝日新聞が報道した「日韓併合の真実」
      ―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった―》
    をひとりでも多くの日本人に広めよう!



mizumahon

※9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞をします。

 日時 9月14日(火)19:00~21:00

 場所 キャスパホール「山陽百貨店7階」(座席300名)

 会費 ¥900

 題名 「クロッシング」 (収容所国家北朝鮮の家族の実情を描いた話題の映画です。)

《物語=果たされなかった 父と息子の約束》
「 中国との国境に近い北朝鮮のとある寒村で、親子三人で暮らすヨンスは、肺結核にかかった妻の薬を求め、命がけで中国へ渡る。しかし、脱北の罪で追われる身となり、北朝鮮に戻ることができなくなってしまったばかりか、他の脱北者たちとともに韓国に亡命することになる。その間に病状が悪化した妻はとうとうかえらぬ人に。一人残された11歳の息子・ジュニは、父を探しに、あてのない旅に出るのだが…。」

※ お誘い合わせの上ご参加お待ちいたしております



※10月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 日時 10月16日(土)14:00~16:00
 講師 池川 明 氏
 演題 『胎内記憶』
(児童虐待が新聞を賑わす今日、就学前の子供の約4割は胎内記憶があるという目から鱗が落ちるお話です。)
 会費 ¥2,000 (資料代御茶代を含む)


 ※ 11月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。

 日時 11月13日(土)14:00~16:00
 講師 坂東 忠信 氏 (元警視庁通訳捜査官)
 演題 「日本が中国の自治区になる」(民主党の移民計画と沖縄ビジョンは日本の属領化計画と訴える)
 会費 ¥2,000


 ※12月の「丸坊主サロン」は下記のとおり行います。
 
 日時 12月11日(土)14:00~16:00
 講師 赤峰 勝人 氏 
 演題 「循環農法」―にんじんの中に宇宙を見た―
 (自ら編み出した「循環農法」を伝え、食べ物の大切さを提唱する「究極の食育」。)
 会費 ¥2,000(資料代御茶代を含む)

「はやぶさ」イオンエンジンにまつわる良い話!

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

※「カチッ」とクリックを宜しくお願いいたします。

 小惑星探査機「はやぶさ」の60億㌔㍍に及ぶ、過酷な宇宙空間の旅を乗り切り、感動的な地球帰還を果たした日本の技術は、様々な分野に応用が期待されようとしている。イオンエンジンの開発を主導した「NEC」等もHPを覗いてみると「はやぶさ」一色になっている。セラミックを配合したシート状の素材で、「はやぶさ」内部の温度の変化を抑えた。こうした技術が民生用に転換されていくだろう。「通信技術」や「分析技術」、何もない宇宙空間で60億㌔㍍の旅をして無事帰還するという、「位置計測技術」と引っ張りだこだろう。

 一方、海外の味方は、少々違うようだ。お隣の中国は早速に牽制球を投げてきてます。
また、韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号(KSLV―1)」が飛行中に爆発し、昨年8月に続き、第2次となる打ち上げが、失敗に終わった韓国では、諦めることなく、日本に頼って「宇宙強国日本の秘訣(ひけつ)『失敗の成功学』」「日本のドッキング技術は世界最高」と題し、種子島宇宙センターから、外国の人工衛星では初となる韓国の多目的衛星「アリラン3号」が来年に打ち上げられることを報じている。
何処の国も一番を夢見て頑張っているのである。

 最後にイオンエンジンの開発に頑張ってこられた「NEC」の堀内康男氏が次のように述べておられた。実に良い話なので引用させていただきます。

 『実は、「はやぶさ」に搭載したAからDまでのエンジンに秘密の、自分だけの名前を付けていました。Aが自分、Bが妻、CとDに子供の名前を付けていたんです。そうしたら、打ち上げ直後にAの不調が判明して、『お父さんダメね』ってことになってしまった…でも、最後にAとBのクロス運転で帰ってくることができたわけで、きれいにまとまったかな、と思っています』
やっぱり家族は大切なんだと思いました。

戸井田とおる


※産経新聞に取材を受けた記事が配信されております。ご一読下さい。


※7月の「丸坊主サロン」は、休みます。
9月の「丸坊主サロン」映画鑑賞を含めた新趣向でやります。詳しくは体制が整い次第発信します。
※12月の「丸坊主サロン」「循環農法」を広めている大分のお百姓さん「赤峰勝人氏」です。

はやぶさ帰還

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、より感謝致しております!

ブログランキングバナー
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ

※「カチッ」とクリックを宜しくお願いいたします。


 お陰さまで、第七回の丸坊主サロンも土屋たかゆき都議をお迎えし、大盛況に終えることができました。また「小坊主日記」にて詳細をご紹介できるかと思いますのでお楽しみに。

 無人小惑星探査機はやぶさの帰還で久々に明るくて、感動を与えるニュースが日本を駆け巡っております。私は、子どもの頃から天文学が好きで、こうした宇宙の神秘に挑戦するニュースを聞くといくつになっても胸が高鳴ります。「人生は重き荷を背負いて、遠き路を行くが如し。」と言ったのは徳川家康ですが、「はやぶさ」の打ち上げから帰還までの行程をみていると、まるで人間の人生のように思えてなりません。多くの問題にぶつかりながらも、サポートを得て立ち上がり、使命を果たし、最後は成果をカプセルに託して、自らは大気圏に燃え尽き役目を終える。人間もかくありたい。そう思いながら見ておりました。やはり、我々の年代になると自分の人生と重ねてしまうのか、巷の人々のインタビューを聞いても感動しておられる方が多かったように思います。また、トラブルに何度も見舞われ「もう、ダメか!」という危機に瀕しても「こんなこともあろうかと」という言葉が出て、その都度対処して、予定から三年遅れたものの「はやぶさ」を帰還させた、わが国の技術力とJAXAの熱意に心から敬意を表したいと思います。あとは、小惑星イトカワの欠片、いや埃でもいい、カプセルの中に納まっていることを願うばかりです。そのサンプルがもしかすると太陽系の歴史を解き明かしてくれるかもしれないのです。

戸井田とおる


  
 
 

ゆとり教育の一段落

こんにちは、戸井田とおるです!元気です!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!



 「教育は国家百年の大計である。」と古くから言われてきた。現職の時、安倍内閣の下で教育基本法の改正を行った。戦後60年も経ち、遅すぎるくらいであったが、この国の教育に対する方針を大きく転換させたことは間違いない。
 65年前、日本の再興は戦前の全てを否定させられることからのスタートだった、敗戦のショックが大きかった時代、戦前であれば良い物であろうと悪い物であろうと全てを捨て、連合国の占領下で米国主導の民主化政策を実行していった。現在の教育基本法はその流れの中で作られたものである。
 かつて、日本の教育は1890年に発布された「教育に関する勅語」に基づき行われてきた。この教育勅語には、古来、日本人が大切にしてきた道徳観、価値観が書かれている。作られた時代から考えて現代にそぐわない部分もあるが、それはほんの一部で忠孝・節義・誠実といった、時代が変わっても大切にしなければならない美徳がシンプルに書き連ねられている。先日、地元で「教育勅語ってご存じですか?」と題された勉強会があり、日ごろお世話になっている先生が教鞭をとられるということで参加してきました。年配の方が多かったものの、若いお母さんがお子さんを連れて来られている姿を見るとうれしくなってしまった。教育勅語を読んで、解説し、英訳まで朗読するという教育勅語漬けの二時間でしたが、我々の親の世代がしっかりしていたのは、こうした教育方針の下で育ったからなんだなと改めて感じました。
 しかし、残念ながら我々戦後教育を受けて育った世代は、戦前は全て悪と切り捨ててきたのである。改正前の教育基本法の条文を見ても、教育勅語の精神は全く取り入れられていなかった。代わって個人主義、個性尊重など自我を優先させるような文言が散りばめられ、それらを日教組が都合よく解釈し、60年あまり教育を行ってきたのである。家族はバラバラ、公より私を優先し、我慢することもできない人間が増え、楽をすることばかりを教える世の中になったのは、そのことと無関係とは言わせない。
 今回の教科書検定に関するニュースを見て、教育基本法を改正した効果が目に見えて現れてきたと少しホッとしております。しかし、まだまだ戦後60年の溜りに溜まった膿はこんなものではないし、日教組ズブズブの民主党政権がこのまま放っておくはずもない!国政を動かす立場の人間の足を止めるには、一国民の我々が結集して大きなうねりを見せるしかないのです。4月10日を日教組・民主党への足止め第一弾にしようではないですか!

戸井田とおる
 

水間条項と連携しています。

※第5回「丸坊主サロン」の講師は「ジャーナリストの水間政憲氏」です!
  日時 4月17日(土)14:00~16:00
     ※日時が変更となっておりますお気をつけください。
  場所 戸井田事務所2階会議室 (079-281-7700)
     姫路市本町68番地大手前ビル
  会費 2,000円
 *席に限りがありますので、早めのお申し込みをお願いいたします。

鳩山首相南京訪問阻止祭り
 南京訪問阻止祭りにご参加下さい!


楽天政治 LOVE JAPAN


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
このブログを多くの皆さんに知ってもらうためにもクリックをお願いします。

戸井田とおる活動ブログ
小坊主日記もよろしくお願いします。

Appendix

プロフィール

戸井田 とおる

Author:戸井田 とおる
こんにちは!戸井田とおるです。私の日常の出来事や気に留まったことを綴るブログです。一生懸命更新して参りますので、応援よろしくお願いします!!

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。